本日から、10月2日まで、大きな行事が続きます。今日は、日向市で、ものづくりシンポジウムひむかイン宮崎の若手経営者塾サミットが行われます。明日は、ものづくりシンポジウムの講演会及びパネルディスカッションが延岡で行われます。
一橋大学の関先生が全国の若手ものづくり経営者に火をつけて回って、全国に“私塾”が生まれました。高度成長から続いたものづくりを中心にした日本の経済発展モデルが、終わりを続けているとの危機感から、各地でものづくり経営者が塾に集まり、学び合っています。
その全国の私塾が、一年に一回集まり、交流を深め、志を高め合っています。今回のサミット・シンポジウムで第6回目になりますが、宮崎県日向市と延岡市で開催されることになりました。全国から集まった仲間たちと、どうすればものづくりの力で日本の未来を切り拓いていけるのか?ということについて討議を行います。
 
 今回のシンポジウムのテーマは、「こころざしを共有し、人財をつないで、ものづくりの未来を創る」です。日本の中小企業、約3000社の現場を歩いてきた関先生の、現状を踏まえてものづくりの未来を考える示唆に富んだご講演の後に、8つのグループに分かれて、地域の抱える課題について討議をします。地元日向で、コーチングやファシリテーションによる個人や会社の課題解決を指導している古賀さんにファシリテーションを行って頂きます。全国の方々との交流がより深まり、連携が始まる事を期待しています。
 
 翌日は、延岡でシンポジウムを行います。「新しい価値の創造」という演題で関先生にご講演いただいた後に、「これからの産業振興について」というテーマで日立・墨田・島根・宮崎からの代表4名がパネルディスカッションを行います。事前準備なしのパネルディスカッションが関先生のコーディネーションでどういう展開になるのか、非常に楽しみです。
 
そして、1日・2日は、みやざきテクノフェアが延岡で行われます。宮崎のものづくり企業やIT企業が一堂に会して、展示PRを行います。混迷の時代ですので、変化に対応できるように挑戦をして失敗するリスクよりも、失敗することを考えてこれまでの延長線上から動かないリスクの方がはるかに大きいと思います。
 多くの方々との出会いにより、大きな学びを得られる週末にしようと考えています。                  以上
 
            

 

 8月度の課題図書は、福島正伸氏がお書きになった「キミが働く理由」です。        
福島正伸氏は、アントレプレナーセンターの社長さんです。働く意味や働きがいについて考えさせられるような本を多数書いています。
 この本の目次をいくつか紹介します。
 
3章 やると決めて前向きに物事を考えるようにしたら、まわりの人の中傷や批判がアドバイスにしか聞こえなくなってしまったのです。やめないのですから、私に何を言おうがアドバイスでしかないのです。
4章 やると決めたら、どうしたら実現できるか、だけを考えればいいのです。それ以外の事を考えても、無意味です。
6章 自分の人生は自分でつくって、自分がどう考えるか、でどんなときにも幸せになれるし、どんな事も可能になる。そういう考え方を、「自立型の姿勢」と呼んでいます。
9章 仕事というのは、そこにどういう意味があるのか、何のためにやっているかという事を忘れると、すごくつまらなくなってしまうのです。
10章 何のために働くのか。何のために生きているのか。それを思い出す習慣をつける。それが大切です。
12章 大事な事は、自分に原因を探すという事です。人のせいにするのは簡単ですが、人のせいにしていると、改善できない事が増えて行くのです。
13章 あきらめる事は、自分にしかできません。自分があきらめた瞬間が終わりです。あきらめない限り、人生には成功しかないのです。
14章 まず「相手のために何ができるか」から考えて行く。そうすると、相手との関係がとてもよくなります。そうやって信頼関係が生まれるのです。
23章 働くという事は、自分の存在証明だと私は思います。それは、他人との関係の中でできてくると思うのです。
25章 人を変えようとするよりも、そばで輝いて生きる方がいいのです。
 
 私は、我が社を、経済環境がどうなろうとも、お客様から無くてはならない会社だといわれ、存続し続ける様な会社にしていきたいと考えています。
 
そのためには、当たり前のことを、当たり前でないくらいに徹底してできる会社になる事だと思っています。目に見えない意識や心構え、価値観や社風というものは、長い期間をかけて作り上げていくもので、そう簡単に作れるものではありません。簡単にまねできるものでもありません。だからこそ、他との決定的な差別化につながると考えています。
以上

社員への手紙 その2

2010年9月28日 07:21
            

 

 第2回目の「社員への手紙」です。平成13年12月28日に書いています。
 
『年末のあわただしい時期、忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。本年もあと何日かを残すのみとなり、2002年という新しい年を迎えようとしています。
 今年も、昨年同様、年末・年始のこの時期に現場・出張工事が入り、出勤をお願いしています。
家族の方々を含め、ご苦労をかけますが、是非、無事故無災害で乗り切って欲しいと思います。
 
新しい年を迎えるにあたり、もう一度、社員の皆様にお話したいことがあります。
我が社も総勢60人という大きな所帯になりました、企業としても営業・設計・製造・総務と形は整ってきていますが、本当に60人が一緒に同じ場所で働くメリットが出せているか良く考えなくてはいけないと思います。この60人が協力し合い、知恵を出し合い、会社として組織としてみんなの力を結集すれば本当に大きな力になると思います。しかし、みんなが危機感を持たず、会社に寄りかかっているようだと逆に人数の多いことが負担になってきます。ラグビーにOne for All, All for One という言葉があります。ひとりひとりがしっかり力をだし、全体のために動くことで本当のチームの力が発揮できると思います。
 
そのためには、我が社を風通しの良い会社にしていく必要があると思います。本当に風通しの良い会社とは、どういう会社か? それぞれの思うところを、それぞれの立場で素直に述べることができ、その主張を会社全体のバランスの中で、お互いの立場をこえて着地点を見つけ出せる人間関係の出来ている会社だと思います。ひとりひとり考え方や立場が違うのですべてを理解し共感することは、できないかもしれません。しかしお互いが一度自分の壁を破ってストレートに自分の考えを表に出すことが大事だとおもいます。お互いが本音で話し合い、正面からぶつかるとき、とても大きなエネルギーが必要となります。でもそこからお互いの成長が生まれるのではないでしょうか。そしてやはり、上司と部下の結びつきは非常に大切です。お互いが信頼関係をもって話をできるようになっていかなくてはいけません。報告・連絡・相談(ホウレンソウ)をしっかり行うことで、お互いの信頼関係も生まれます。
すべてのコミュニケーションの基本は、返事と挨拶から始まります。お客様に対しても、上司・部下・同僚に対してもしっかりとした返事と挨拶が出来るようにしたいものです。今期の基本方針である「基本行動を徹底させる(挨拶・笑顔・礼儀・清掃)」をもう一度考えましょう。』
 
 やはり基本が大事です。基本を繰り返し、身につけることで、事がスムーズに流れ、応用もできるようになっていきます。この時の手紙で、人間関係の基本、ビジネスの基本、を大事にするように訴えました。原理原則を無視し、これに反したところでは、成功は無いように思います。先日、原理原則を徹底して守っている会社に出逢いました。コンセプトを明確に描き、自社の強みを強く意識し、自社ができる事・やるべき事をぶれずに顧客に提供していました。徹底して顧客の声を吸い上げる仕組みなど、まねをしたい事の多い会社でした。
以上
 

あたらしい豊かさ

2010年9月27日 06:33
            

 

 この世を生きて行くうえで大切にしている事、仕事をするうえで大切にしている事、人それぞれだと思いますが、今この価値観も大きく変わっています。日本が高度成長をして、物質的な豊かさを求めていた時代には、家族のために一生懸命働いて、家を建てて、車を買って、家電製品を買って、ときどき旅行に行って、みんなと同じものを持ち、同じ暮らしをする、という事に幸せを感じていたように思います。大量に生産し、大量に消費し、大量に廃棄する、という事が豊かさの証と考えられていました。しかし今、地球の資源に限界が来ているといわれます。地下資源、水資源、食料、エネルギー、CO2排出、など様々な問題が明らかになって、このまま今の生活や産業を続ければ、10年と持たないという人もいます。継続可能な社会を作るために私達は何を考え、どう行動するべきなのか、今考えなくては手遅れになる可能性があります。
 
 今、宮崎県は県の総合計画を策定しています。その中で、「未来を築く新しい『新しいゆたかさ』への挑戦」という基本目標の「新しいゆたかさ」とは、ということについて議論をしています。
 新しい豊かさの形とは、どういうものか? 幸せとは、どういう状態をいうのか? 改めて、考えてみる必要がありそうです。ブータンという国は、GNHという指標を作りました。①精神面の幸福、②人々の健康、③教育、④文化の多様性、⑤地域の活力、⑥環境の多様性と活力、⑦時間の使い方とバランス、⑧生活水準・所得、⑨良き統治、についてバランス良く考えています。
 経済至上主義では、持続可能な社会が作れないという事だけは明らかです。それでは、どういう社会、どういう産業構造を作っていけばいいのか、7代先の事を考えて行動するというインディアンの考え方を参考にし、根本から仕組みを作りかえて行く必要がありそうです。
 
 私達ものづくりを担ってきた製造業も、これからの産業のあり方について、改めて大局的に考える必要があります。働くということの目的は、“お金を稼ぐ”、という事だけではありません。仕事を通じて、人生に大切な事を学び、社会とつながり、より充実した人生を送るために欠かせないものです。一方で持続可能な社会に転換していくために、いま動かなくては、手遅れになりそうな気がします。
以上
 
            

 

 小学校時代の一番の思い出は、大けがをして救急車に乗った経験です。おかげさまで、体は丈夫に産んでもらいましたので、病気はほとんどしませんでしたが、小学校では、かなり危ない遊びもしていて、怪我も多かったように思います。
 
 小学校への通学は、集団登校でしたが、整然と並んでの登校ではありませんでした。遊びながらの登下校でした。あるとき、一つの石を、手を使わずに蹴りながら学校まで運んでいくという遊びをしていました。しかも冬でしたのでポケットに手を突っ込んで、石を蹴っていました。当時小学校3年生で、まだランドセルがすこし重荷に感じられていたと思います。
 蹴り進んで行く中で、側溝の手前まで来ました。側溝に落としてしまうと手を使ってあげてはいけないルールですので、側溝を飛び越そうと勢いをつけて、思いっきり石を蹴りました。ところが、蹴った石は自分が蹴ってきた石ではなくて、土に埋まって上の方だけ出ている石でした。当然石は動かず、足はそこでとまり、反動で頭の方が大きく前に傾きました。それに加えて3年生には、ランドセルは重く、頭の方が加速をつけて地面へと向かいました。
 
 目の前には、側溝のエッジのきいた内側コーナーが迫ってきました。腕の力では支えられず頭がコンクリートに激突をしました。頭が大きく切れて顔じゅう血だらけになりました。
そこからの事はあまり覚えていません。通学途中で周りは何が起こったかわからず、パニックになっていたと思います。ちょうどそこへ、担任の先生が通りかかり、救急車を呼んでくれました。母親は救急車のサイレンの音と聞いて、また何か事故が起こってるな、と思っていたそうです。このまったくの自損事故で、頭を12針縫う大けがをしました。それから、病院に長期入院をする事になりました。退院時には、足が萎えてうまく歩けなかったくらいです。
 クラスの友達が見舞いに来てくれたり、手紙や千羽鶴を送ってくれたり、本当によくしてもらって、とってもうれしく、友達のありがたさを感じたのを覚えています。
 
 また、ある時は、団地の公園のまわりを自転車で周回競争していて、溝に突っ込み、自転車のブレーキが太ももに突き刺さった事もありました。また、夜が明ける前から自転車で細島のチップ置き場に行き、チップの山からバク天で飛び降りる遊びをしたりしましたが、 大けがをしながらも、懲りずにまた、面白い遊びを考えては、日が暮れるまで遊ぶ毎日でした。
今振り返ると、与えられる遊び道具の何もなかった時代に、自分達で遊びを考え、体をつかっての遊びが多かったように思います。
 おかげで、非常に健康で、病気をしない、頑丈な体に育ちました。
 
 今日はここまで、                   続く・・・

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

2010年9月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所