愛読している月刊誌

2010年9月15日 06:30
            

 

水曜日は、本の紹介です。
次世代リーダー育成塾“こころざし”の9月の課題図書は、お休みです。とっても残念です。この課題図書は、忙しくても苦しくても、継続をして欲しいですね。自分が選ぶ本だけではなくて、人から与えられた本を読むというのは、とっても刺激になります。普段はたぶん読むことの無いであろう本を読んで、その所感をまとめる作業はとっても勉強になるだけに、今月は何かものたりない気分です。
 
今週は、毎月愛読している月刊誌を紹介します。致知、日経トップリーダー、戦略経営者、盛和塾機関紙等がありますが、その中で一番気に入っているのは、致知です。人間学を学ぶ月刊誌というタイトルが付いている雑誌です。本屋には置いていません。毎月とっても読み応えのある記事が掲載されています。様々な人生を歩んできた先輩諸氏の生き様がにじみ出る内容です。対談形式の記事の中での見識をもった方々の深めあいや気付き合い、あるいはインタビューに答えてのお話しは、一言一言が胸に迫ってきます。経営者の方に致知の愛読者も多く、この雑誌の事で話が盛り上がる事もしばしばです。
 
10月号は、「一生青春、一生修養」というテーマでした。その中に「経営者よ、野生のエネルギーを取り戻せ」という対談があります。今の経営者に欠けているもの、これからの経営者に求められる生き方についてのメッセージが記載されていますので、一部紹介します。『リーダーには人を感動させる力、人の心を奮い立たせて目標まで率いて行く統率力が必要なんです。そういう力は、リーダーが熱情を持って夢を語り、自分達の仕事の意味や価値や素晴らしさ、すごさを語ることろからしか出てきません。感動というのは、「感即動」、感じる事は即ち動く事。感じさせる事が動かすことなんです。だから感性が鈍い人間が人の上に立つ事は許されないんです。』 まさに1年9ヶ月という間に時代を動かす傑物を生み出した松下村塾の吉田松陰みたいな人物の事でしょうか。
 
リーダーに必要な10カ条というものも書かれています。あまり長くなるといけませんので、ここでは詳細は省きます。改めてリーダーとなるために学ぶべき事の多さを痛感します。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/129

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

2010年9月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所