中村文昭さんの事

2010年9月25日 04:52
            

 

 ブログでの中村文昭さんの紹介が遅れました。
実は、“勝手に師匠”と呼んでいる、陰ながら心の支えにさせてもらっている人です。平成20年10月27日の同友会の経営フォーラムでの中村文昭さん講演の準備期間から、ほぼ毎日、中村さんの講演CDを聴いています。これまでCDを聴いた回数は、500回は超えているかもしれません。中村さんの講演に出てくるエピソードは、本人の代わりに話ができるくらい聞いています。
初めて車の中で聞いた時は、涙が止まりませんでした。こんなに、精一杯生きている人がいるんだ、自分もつらい思いをしていると思っていたけど、自分の経験なんて大したことはない、と思わせてくれる内容でした。
その当時、父の容体がすぐれず、会社と病院を行き来している時期でした。いろいろな問題があり、不安や悩みを抱える毎日でした。車で移動をしながら、いつも中村さんのCDに勇気づけられていました。中村さんの口調に合わせて無心で声に出していると、不思議と元気がでました。私にとってはどんな音楽よりもいい調べでした。
 
中村さんの講演を都城で聴いてから、すぐに県北のみんなにも聴いてほしいと思うようになりました。すぐ、中村さんの秘書の案浦さんに電話をして、スケジュールの空いている日を抑えました。そして、延岡で一番大きな会場を抑えました。人が集まるかどうか、うまくいくかどうか、なんて関係ありませんでした。翌平成21年7月3日に延岡の総合文化センターを抑える事ができました。それから、準備が始まりました。“ぜひ、県北の方々に中村さんの講演会を聞いてほしい”という思いに賛同している方と一緒に、講演会を作っていきたいと思っていたところ、中小企業家同友会のメンバーが一緒にやろうと言ってくれました。講演会に向けて、みんなで動き、みんなで準備をし、口コミで輪を広げて行きました。でも一つだけみんなで約束をしていたことがありました。お付き合いで買ってもらう事だけはやめよう、本当に聞いてほしい人に、講演会を聴きたいと思って絶対足を運んでくれる人だけにチケットを販売していこう、ということでした。
 
ところが、1か月前になっても、まだ、300枚しか売れていませんでした。正直なところ、あせりもありましたが、わかってくれる人は必ずいると信じて動いていました。それから快進撃が始まります。600人、1000人と日を追うごとにチケットが売れて行き、1週間前には、会場定員近くの1300人まで、売れていました。立ち見がでると、来て頂いた方に迷惑をかけるから、もう止めようといっても泊りませんでした。どうして欲しいという人がいるから、もう約束をしてしまったから、といって、売れ続けました。当日の歩留まりを考えて、1500枚のチケットを印刷していましたが、1500枚を売り切ってしまいました。当日は、雨でしたが、それでも1350人を超え、立ち見の方が出てしまい、多くの方々にご迷惑をおかけしてしまいました。
 
 当日は、中村さんに会場の熱気が伝わり、120分の講演予定を30分近くもオーバーしてしまいました。ここでも皆さんにご迷惑をおかけしましたが、ほぼ全員の方が最後まで聞いて頂き、万雷の拍手を頂きました。1人の思いから始まった事が、こんなに多くの方に伝わっていくという貴重な体験をさせて頂いた中村さんの講演会でした。
 
中村さんとの出逢いによって、この後にまた様々な出逢いが始まりました。多くの方々へとつながっていきました。その話は、また今度、   つづく・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/151

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

2010年9月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所