連携による地域活性化

2010年10月 6日 05:00
            

 

10月度の課題図書は、筑紫哲也著の「若き友人たちへ」です。情報や情緒に流されることなく自分の頭で考える事の大切さを教えてくれる本です。この本をどう受け止めて、何を感じるのか、来春の内定者3名からのレポートの提出を楽しみにしています。 
 
 昨日まで、中小企業家同友会の企業連携推進連絡会が大阪で、行われていました。一日目に二つの事例発表が行われ、二日目は、2件の視察・見学が行われました。
 
 事例発表の1例目は、北海道産学官研究会(HoPE)の渡辺代表と「北海道の産学官連携機能を生かし、北海道経済活性化をめざす―経済大臣賞受賞HoPEの奇跡に学ぶ」と題してのお話でした。また2例目は、㈱石橋社長の「社会の必要にこたえる事業展開から見えてきた地域連携による仕事づくり、雇用づくり」のお話しでした。
 
 産学官連携というと、大学の敷居が高いうえに、中小企業には人の配置や報告書類の面で負担がかかり、事業化までにも時間がかかるというイメージがあります。しかし、HoPEでは、あくまでも産が主体で、異業種間連携に大学の知恵をうまく取り込み、事業化を行うための、ネットワーク組織を作っています。中小企業が産学官の垣根を越えて、人と人とのつながりを活かし、自社のビジネスを広げ、個々の企業力を上げて行くための仕組を作っています。これから地域で仕事を作っていくうえで、とても有効な組織だと思いました。
 
 ㈱石橋さんは、まさに地域の抱えている課題に取り組み、環境から福祉に至るまで、様々な仕事づくりをしている事例発表でした。川上から川下までの物の流れやバランスを考えたビジネスモデルやスキームの考え方は、これからの地域を巻き込んで様々な仕事を生み出す可能性を感じさせるものでした。
 
 二日目の午前は、㈱藤原電子工業の見学、午後は、「八尾市の中小企業行政と活き活きまちづくりに学ぶ」と題して、八尾市の地域通貨や「八尾活き活き会議」に関してのお話と、八尾市の経済環境部、担当者の方からお話を伺いました。
 
 八尾市でも、ご多分に漏れず、新しくできた駅前の大手スーパーの周りはにぎわっているものの、古くからの商店街はシャッター通りになっていました。しかし、「八尾活き活き会議」を中心にして、様々な取り組みを行い、提言と実践を続けています。
 八尾市では、平成13年に中小企業地域経済振興基本条例を制定しており、官民一体となった地域経済活性のために大きな役割を果たしていると感じました。
 二日間の視察、とっても充実したものでした。今後のネットワーク作りや行政との連携を考える際に活かしていきたいと思います。          以上

社員への手紙 その4

2010年10月 5日 06:30
            

 

 平成14年2月1日の手紙です。
拝啓
 新年が明けて、はや1ヶ月がたちました。月日のたつのは本当に早いものです。
 最近特に加速がついて時が過ぎるように感じるのは、年をとってきたせいでしょうか。
 
我が社のお客様の、事務所のトイレに下記のような張り紙がしてありました。
本気ですれば大抵のことはできる。
本気ですれば何でもおもしろい。
本気でしていると誰かが助けてくれる。
自分が幸福になるために、そして人を幸福にするために
 本気で働いている人は、みんな幸せでみんなえらい。
 
 人それぞれ得意不得意はありますが、もともとの能力に大きな差があったはずはありません。
 人の可能性を抑えているのは、その人が自分で作った無意識の壁だと思います。器用不器用の差も多少はあるかも知れませんが、それよりも大きいのはその人がどこまで本気で考え真剣に取り組んでいるかどうかの差でしょう。信念をもって継続した人が長い間には結局自分の能力を伸ばしていくのだと思います。
 
 ウサギとカメの話があります。どうして足ののろいカメがうさぎに勝てたのか?
 ウサギは、カメより早く走りながらも、いつも後ろを振り返りカメのことばかり気にしていた。そして、カメと自分を比較して一休みしても追いつかれないから大丈夫だと油断してしまった。一方カメは、ウサギのことは全く考えずに、自分の目標である丘の上の木にむかってただひたすら歩みを進めた。だから勝てたのだ。  ・・・ という話です。
 
 ひとりひとりが、自分で自分のことを決め付けてしまわずに、壁を作ってしまわずに、少しずつでも自分の可能性を広げていければ、こんなすばらしいことはないと思います。性格も年齢も関係ありません。自分にやる気があるかどうかだけです。「青春」という詩には、次のように書いてあります。
「歳を重ねただけで人は老いない。理想を失ったときにはじめて老いる。」
 
今年が皆さんとともに大きく飛躍し変革する年でありますように!       敬具
 
 社員への手紙は、自省も込めて書いています。当時、自分の本気さが欠けていると思っていたのかもしれません。日々少しずつでも成長を感じられるようにしたいと思っています。 停滞をしない様に! 現状に甘んじてしまわない様に!!          以上
            

 

 前回は、新しい豊かさということについて書きました。
 人生や仕事に対する価値観について、考えて頂きたいからです。
 
 昨日は、熊本で行われた「ドリームプラン・プレゼンテーション」という大会に参加してきました。
ひとり10分間という時間制限の中で行われるプレゼンテーションは、単に事業に関する「説明」ではなく、その価値と魅力を体験してもらい、観客の誰もが発表者を応援したくなってしまうような、夢を実現に導くためのプレゼンテーションです。そして、自らもその事業を、どんなにつらくても苦しくてもあきらめない理由を明確にしていくことを目的としています。
 
 今、この混迷の時代だからこそ、未来や夢を描き、それを人に語り、実現に向けて努力をすることが、大切だと思います。このドリームプラン・プレゼンテーションは、全ての人が夢を語れる社会を作りたいと、始められ、夢をもって夢をかなえる人を育てようという人が集まっています。夢を自分自身で乗り越えられる人材を育て、それに共感し支援をする人々が集まっています。
 
 夢の事業プランの発表を通して、多くの人からの共感を得、自分の足りないものや支援を集めることにより、夢をかなえるきっかけとするものです。ただの事業計画発表会のようなものではなく、以下のような条件を満たしている必要があります。
 
   社会的貢献度が高い事業である事。②独自の価値・魅力がある事。③事業として発展性がある事。④実現のため準備ができている事。⑤発表者の人生観とリンクしている事。⑥人々をワクワクさせる事。
 
 今の経済環境よりもっと厳しい時代はいくらでもあったと思います。戦後の混乱期と比べると現在は、比較にならないくらい恵まれています。では当時と今は何が違うのか、人々が未来への希望を描けなくなっているのではないでしょうか。夢を語らなくなっているのではないでしょうか。その事を誰かのせいや環境のせいにしても、仕方ありません。自分達の意志で、まず動きだし、変わっていくしかありません。
 
 宮崎での開催に向けて、動きだしたいと思います。
 
 ところで、金曜日まで、ものづくりシンポジウムが日向・延岡で行われていました。 全国で一橋大学の関先生の提唱する私塾を開催している“ものづくり若手経営者”が一堂に集まって、交流をしました。とっても元気な方ばかりでした。そして、事業に対して並々ならぬ熱意を感じました。
以上
            

 

 小学校時代は、ソフトボールをやっていました。地区にスポーツ少年団があり、近所の子供好きのおじさんが指導をしてくれていました。ユニフォームを作って、大会などにも出場をしていました。当時は、スポーツといえばプロ野球が一番の人気でしたので、憧れてプレーをしていたんだと思います。長嶋、王選手の時代で、花形の長嶋選手よりも、なぜか王選手の方が好きで、王選手のまねをしては、左で素振りをしていました。
 
 家にテレビがきたのがいつかは覚えていませんが、小学校1年生の時(1968年)に、友達のうちにカラーテレビが入り、リボンの騎士をカラーで見て感動した覚えがあります。このころから、TVアニメがはやってアニメの始まる時間になると、遊びをやめて家に帰るというパターンになりました。海のトリトンやバビル2世、妖怪人間ベム、マッハGOGOGO、ガッチャマン、巨人の星、明日のジョー、タイガーマスク、マジンガーZ、仮面ライダー、デビルマン、等々、挙げればきりがないほど、沢山のアニメに夢中になり、その主題歌を覚えて謳っていました。
 このころの漫画は、バラエティに富んでいて、いろいろな世界に入り込み創造力をたくましくしてくれていたと思います。
 
 当時はテレビで、ローラーゲームを放送していて、ローラースケートでも遊んでいました。近くの駐車場で、ローラーホッケーと称して、棒でパックを運んでいくゲームをしていました。ターンなどもうまくなかったと思いますが、かなりのスピートでぶつかったりこけたり、当時は、こんな危険な遊びも好んでやっていました。スポーツは見るよりも自分でやってみなようになったのも、この当時の体験からだと思います。
 
 家の周りの空き地や駐車場や、海・川・竹林の中等、あらゆる場所が、遊び場になりました。小学校の遊びの話をすると、ネタは尽きません。
 
 この続きは、また今度・・・

中村文昭さんの事、その2

2010年10月 2日 07:00
            

 

 中村さんの講演を聴いた事の無い人は、何がそんなに人を惹きつけるの? と不思議に思うかもしれません。受け止め方は人それぞれですが、私には、中村さんのお話が全て自分の体験談に基づいている事、その場の情景が思い浮かぶようにお話しいただくことで、その体験によって中村さん自身が変わっていく様子を自分も一緒に体験し、変わっていける気がする事が、大きな魅力です。お話される事は、とってもシンプルな事ですが、それを実行するためには、素直さと強い意志が必要です。毎回聞くたびに納得しつつ、反省する事がしばしばです。中村さんのお話の中に出てくる“4つの行動哲学”を、ご紹介します。詳しい内容は、ぜひ、中村さんの著書やCDを聴いてください。また、一つ一つにまつわるエピソードを聴いてください。“納得”してください。目からうろこが、ぼろっと、落ちる事請け合いです。
   返事は、0.2秒
   頼まれごとは試されごと
   できない理由を言わない
   今できる事を探して動け
 
 何だそんな事か、と思うか、すごい事を聴いた、と思うか、あなた次第ですが、これを実行する事で、自分が変わり、自分に対する周りの見方が変わり、もしかすると人生が変わるかもしれません。
 私もまだまだできていませんが、“頼まれごとは試されごと”を意識していると、様々な事を依頼され、色々な人とのつながりができてきます。出逢いを通じて、無限に自分の世界を広げられているような気がします。
 
 そして、もうひとつ、大事な考え方が、“何のために”をいつも考えながら行動をするという事です。“何のために”を考えていると、考えや行動のぶれが少なくなってきます。また、より自分の行きたい方向やなりたい自分にまっすぐ向かっていける様な気がします。
 
 これまで、初めて中村さんの講演CDを聴いて以来、ほぼ毎日、CDを聴き続けています。しかし、いつもそこから刺激を受け、そしていまだに気づかされる事もあります。
 
そして、いろんな方々との出会いへとつながっていきました。
その話は、また今度、                    つづく・・・

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所