中村文昭さんの事、その2

2010年10月 2日 07:00
            

 

 中村さんの講演を聴いた事の無い人は、何がそんなに人を惹きつけるの? と不思議に思うかもしれません。受け止め方は人それぞれですが、私には、中村さんのお話が全て自分の体験談に基づいている事、その場の情景が思い浮かぶようにお話しいただくことで、その体験によって中村さん自身が変わっていく様子を自分も一緒に体験し、変わっていける気がする事が、大きな魅力です。お話される事は、とってもシンプルな事ですが、それを実行するためには、素直さと強い意志が必要です。毎回聞くたびに納得しつつ、反省する事がしばしばです。中村さんのお話の中に出てくる“4つの行動哲学”を、ご紹介します。詳しい内容は、ぜひ、中村さんの著書やCDを聴いてください。また、一つ一つにまつわるエピソードを聴いてください。“納得”してください。目からうろこが、ぼろっと、落ちる事請け合いです。
   返事は、0.2秒
   頼まれごとは試されごと
   できない理由を言わない
   今できる事を探して動け
 
 何だそんな事か、と思うか、すごい事を聴いた、と思うか、あなた次第ですが、これを実行する事で、自分が変わり、自分に対する周りの見方が変わり、もしかすると人生が変わるかもしれません。
 私もまだまだできていませんが、“頼まれごとは試されごと”を意識していると、様々な事を依頼され、色々な人とのつながりができてきます。出逢いを通じて、無限に自分の世界を広げられているような気がします。
 
 そして、もうひとつ、大事な考え方が、“何のために”をいつも考えながら行動をするという事です。“何のために”を考えていると、考えや行動のぶれが少なくなってきます。また、より自分の行きたい方向やなりたい自分にまっすぐ向かっていける様な気がします。
 
 これまで、初めて中村さんの講演CDを聴いて以来、ほぼ毎日、CDを聴き続けています。しかし、いつもそこから刺激を受け、そしていまだに気づかされる事もあります。
 
そして、いろんな方々との出会いへとつながっていきました。
その話は、また今度、                    つづく・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/165

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所