こころざし

2010年10月11日 07:00
            

 

  先週の土曜日(10月2日)まで、ものづくりシンポジウムが日向・延岡で行われていました。 
 全国で一橋大学の関先生の提唱する私塾を開催している“ものづくり若手経営者”が一堂に集まって、交流をしました。とっても元気な方ばかりでした。そして、事業に対して並々ならぬ熱意を感じました。
 
 北海道、岩手、山形、新潟、富山、茨城、東京、島根、岡山、熊本、から、この宮崎の地まで、ものづくりシンポジウムに参加するために、足を運んでくれました。9月30日に日向で行われたサミットでは、それぞれの地域が抱える問題点を出し合い、共通の課題としてとらえて、その解決策をブレインストーミング方式で出し合いました。8グループに分かれてそれぞれの課題について討議をしました。どのグループも活発な議論が交わされていました。
 
 その後、懇親会、2次会、3次会、・・・と、翌日にシンポジウムが行われるにもかかわらず、交流を深めました。今回が6回目ということもあり、全国の方々がとても強いつながりをもっている事を感じました。お互いの事を良く知りあっている様子でした。まさに関先生のおっしゃる全人格的な付き合いをしていることに驚きました。 
 
最後の締めに桝元の辛麺を食べていた時の事です。先に食べ終わっていた熊本の3人組が挨拶をしてホテルに帰ろうとすると、墨田から参加していた経営者が、「どうして、帰るのよ! せっかく先生もいるのに、交流しないともったいないよ!」と、残って話をするように、と誘いました。それでは、と残った熊本組。関先生と話をするうちに、なんと、関先生が数十年前に、熊本の製造業を元気にしようと一緒に動いていたのが、その熊本組の経営者のお父さんだった、という事がわかりました。関先生も懐かしそうに、あなたのお父さんはいい人だったよ。あなたの会社も九州一の板金屋さんだったね。がんばってね。と繰り返し、思い出を語っていました。
 
各地のものづくり経営者が、情報を交換し合い、刺激をしあって、お互いの会社にもどり、各地で元気に経営をする会員を増やしている関塾のあり方は、とても素晴らしく、全国の中小企業経営者を勇気づけるように思いました。
 
 経済環境や産業構造が大きく変わろうとしている時代ですから、先が見えず、迷ったり悩んだりしている経営者が多いと思いますが、大きな“こころざし”をもって、全国の仲間とともに未来を切り拓く、“つながり”を作っていきたいと思っています。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/183

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所