宮崎県中小企業家同友会が年1回開催する「みやざき中小企業経営フォーラム」が、10月22日に、日向市のベルフォート日向で開催されます。
 毎年、この時期に行われていますが、今年は、県北支部設営担当です。初めて日向市で行われます。4つの分科会と基調講演、そして、交流会が行われます。参加者約400名です。宮崎県下の中小企業経営者が日向市に集まります。また、今回は、基調講演の報告者が北海道からいらっしゃる事もあり、北海道の経営者の方も5名参加されます。分科会報告者の1人が大分の経営者の方で、県北地区のすぐお隣という事もあり、大分の経営者の方も、多数参加されます。
 
 基調講演と各分科会の報告者とも非常に豪華な顔ぶれです。
 基調講演では、中小企業経営者同士がつながり、その活動範囲をひろげ、大学や行政からの協力を頂き、地域の仕事を創り出してこられた、北海道の連携組織のお話を聴きます。阪神・淡路大震災の時には、神戸で連携組織が生まれ、北海道拓殖銀行の破綻等、経済環境の悪化を受け、北海道で連携組織が生まれました。現在の厳しい経営環境が良くなる事を期待するのではなく、今の環境を受け入れて、自らが動き、知恵と創意工夫によって、仕事を創り出す事が大事なのかもしれません。
 
 また、第一分科会では、岩手・㈱八木沢商店・河野社長の「暮らしが成り立ち、企業が息づく地域へ」というテーマ、第2分科会では、富山・㈱モリタ・森田社長の「企業づくりは“人”づくり」というテーマ、第3分科会では、東京・㈱アメディア・望月社長の「社員の心のエネルギーが会社のエネルギー」というテーマ、第4分科会では、大分・ロイヤルクリーナー・宮迫社長の「どん底から再生し、そして事業継承!」というテーマ、で報告があります。どれも参加したくなるテーマで、一つに選ぶのが難しいと思います。
 
 参加費も6,000円という、信じられないくらい安い金額です。もし、研修機関でこれだけの内容のものに参加したら、最低3万円はかかるのではないかと思うくらいです。
 
 せっかく県北日向で行われるいい機会ですので、多くの地元経営者に参加して頂きたいと思います。最近の日本人は内にこもる傾向があるといわれます。すこし自信をなくしかけているのかもしれません。こういう時期だからこそ、異業種の方々と交流をし、自分の考え方を柔軟にし、現在の閉塞感を自らの力で突破する元気さを生み出す事が大事だと思います。全国からお出でになる報告者の方々と交流し、自らが変わり、会社が変わる力にして頂ければ幸せです。来週金曜日、10月22日、ベルフォート日向で会いましょう!!お申し込みはお早めに。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/187

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所