我が社の事業分野

2010年10月15日 06:30
            

 

 弊社の事業分野は、食品工場用の設備・機械、宮崎の農畜産物の加工機械、等、産業用の自動化機械、省力化機械を作っています。地元宮崎では、第1次産業、特に畜産加工が盛んです。弊社の所在地、日向にも製糖会社、ハム・ソーセージの加工工場、ブロイラーの加工工場があります。すこし南に行くと牛豚の食肉センターや農産加工工場、ジュース工場があります。弊社は、これらの企業の機械づくりや設備工事を行っています。設計から、製造、据え付けまで、一貫して行っています。
 この分野で全国的にお客様をもっているエンジニアリングメーカーさんとの取引もあり、全国で自社の作った機械をもって、据え付け工事に向います。いつでも、全国どこへでも、出かけて行きます。
 
 食品工場向けの設備工事の分野は、自動車や半導体分野と比べると変動が小さいと言えるかもしれませんが、それでもやはり設備投資に変動はつきものです。消費動向の停滞が続くと、業界の設備投資も一斉に控えられます。弊社はお客様の数は多い方かとは思いますが、不思議と設備投資のタイミングは、余り変わらず、忙しいときに限って仕事の依頼が殺到します。
この業界は、長期の休みに大型工事を計画する事が多くあります。工場を長期に止められるのは、この時期しかないからです。お盆や正月に仕事があるか、ないかは、景気の良しあしのバロメーターを言えるかもしれません。
 
 最近宮崎でもよくいわれていることですが、食品加工分野をもっと強くしていかなくてはいけません。素材にはとってもいいものがありますが、それを加工し、付加価値を加える事が出来ずに、県外に出荷している例が多いと聞きます。私達は、そこを変えて行きたいと思っています。これまで、地元の食品加工の分野で機械製造・設備工事を行ってきましたので、この経験を活かし、宮崎の農商工連携、産学官連携の中心的な役割を果たしていきたいと考えています。そのためには、図面に書かれたものを言われたとおりに作るだけではなく、お客様と一緒に考え、お客様に有益な提案ができる会社になっていかなくてはいけません。 
様々なお客様・業界、様々な現場を経験しているからこそできる、お客様の予想を上回る仕事できるように提案力を高めて行きたいと考えています。
 
 今年度は、提案営業力と企画設計力の向上に力をいれて、目標の設定や教育訓練、採用活動を行っていきます。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/190

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所