インターンシップの受け入れ

2010年10月22日 06:30
            

 

 10月19日から今日まで、インターンシップの学生さんが弊社で職場体験をしています。
4日という非常に短い時間ですが、働くということは、どういうことなのか? 職業人になるためには、どういう心構えで学んでおけばいいのかを考える4日間にして頂きたいと思います。初日に、夢や目標を持つことの大切さや、人生観や職業観について、仕事にのぞむ態度やプロとアマの違い、などについて話をしました。貴重な就業体験ですから、その体験を通じて、将来の夢や目標が具体的に描けて、1年半後に就職するときに向けて、学生生活がもっと充実するきっかけになればと思います。
 
 昔、モラトリアムという言葉がはやりました。青春時代に“なぜ、何のために生きているのか”、という事を考え、思い悩むために、自分の進む道を決められない、という事もあったと思いますが、今、職業観を持てない学生さんが増えているのかもしれません。人のために、世の中のために、役に立つ事が働きがいや生きがいにつながるという感覚が持てないのかもしれません。
  
 工業会の活動を通じて、産業教育に関わっています。教えて先輩の講師、インターンシップや会社見学、そして会社説明会等、産業界の立場から、関わっていきたいと思っています。
 夢や将来像を描き、人に語り、それに向けて具体的な努力をすることの大切さが、今学校で語られているのだろうか?と心配になる事があります。現実社会の厳しさやお金を稼ぐためのノウハウ・テクニックの話など、身の回りのこと、現実的でこまごまとした事ばかりを身につけて、もっと大局的な話や本質的な話、あるいは未来の話に関しては、話されていないのはないかと思います。
 
 だれしも未来の事はわかりません。しかし、大人が勇気をもって“ありたい姿”“あるべき姿”を語る事が大事だと思います。大切にしたい考え方や思いを次の世代に、語っていきたいと思います。
 
 昨日は、みやざき中小企業経営フォーラムの前夜祭を弊社で行いました。宮崎の牛・豚・鶏など、地域の食材や自慢料理を用意し、おもてなしを行いました。基調講演や各分科会の報告者との交流も進み、和やかな中にも本番への期待感と意気込みの伝わってくる前夜祭でした。各分科会の紹介を座長と報告者が行い、今更ながら、どの分科会にも参加したいという気持ちになり、フォーラムの成功をこころから楽しみにして、ワクワクにした夜でした。
 全国には、すばらしい経営者の方がたくさんいる、その方々と出逢い、学ぶ事との喜びを感じて、フォーラムに参加したいと思います。
以上
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/204

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所