何を好んで、男子校に行ったの?といわれる事があります。女の子がいた方が楽しいでしょ、という意味だとおもいますが、実は何も考えずに選びました。確かに思春期に男ばかりで過ごしているとかなり感覚が偏ってしまう事があるかもしれません。
私は、中学・高校は男子校、大学は工学部へ、そして、プラントエンジニアリング業界に進みましたから、男ばかりの畑を進んでいます。日向学院時代、寮監・寮長といわれる人は、神父様ですから、生涯独身です。先生方もほとんど男性ばかりです。(寮の調理師の方は、女性でしたね) 
 
男ばかりの生活が考え方や感性に、どう影響を与えたのか、わかりませんが、不思議と結束が強くなるようです。女性とは、緊張してまともに話しができません、という時期が長くありました。(^^)
 
男ばかりなので、とっても自由な雰囲気でした。寮に入っている頃は、面白そうな事を見つけては、一緒にやっていました。放課後も部活とは別に色々なスポーツをやっていました。
 
私は、キリスト教徒ではありませんが、ミサにはよく行っていました。讃美歌を歌うのもなぜか好きでした。その当時覚えた歌は今でも歌えます。 何語かはわかりませんが・・・。 聖書を読んだり、神父様のお話を聞く事も好きでした。今、哲学や宗教に興味があるのもその当時の影響があるのかもしれません。
 
 部活動は、卓球部でした。母が卓球を得意としていて、日向市の体育館でよく卓球をしていた事もあって、いくらか形になっているという事がその理由でした。元来あまり器用な方ではないことと、試合になると力を出せなかった事もあり、あまり試合での活躍はできませんでした。でもクラブ活動自体はとても楽しんでやっていました。走る事や体を鍛える事は好きでしたから。寮の1回には、卓球台が置いてあり、休み時間になると卓球をしていた事も思い出です。
 
 中学校の卒業式の時には、宮崎から日向まで自転車で帰りました。当時放置自転車の競売があり、数百円で買いました。その自転車をこいで、3~4時間かけてかえった記憶があります。中学生の自分にとっては大変な冒険をしたつもりでした。その後も、いろいろな物を見たり聞いたり、様々な経験をしたいという気持ちは強く持っていました。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/223

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年10月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所