社員への手紙 その12

2010年11月30日 06:00
            

 

今回は、平成14年10月1日に書いた10月分の手紙です。
 
拝啓
 秋晴れで、空気が澄み、なにをするにもいい季節になりました。
 おいしいものをたべて、運動をして、健康な体を作っていきましょう。
 
 さて、我が社は、9月が年度末です。10月から、新しい期が始まりました。昭和44年の創業ですから、今期が第35期になります。創業以来、地元のお客様と一緒に業績を伸ばして来る一方、県外のメーカーやエンジニアリング会社との取引も広げてきました。不良債権や景気の落ち込みなどによる危機も乗り越え、ここまで続けてこられたことは、会社を支えている一人ひとりの努力の賜物だと思っています。しかし、日本の産業構造のあり方自体が見直され、業種によっては、かなりの企業が淘汰されようとしている今、もう一度、我が社はどういう点で社会の役に立っているのか、考えてみる必要があると思います。
 我が社の強みはどこで、どこを評価してくれて、お客様が選んでくれるのか?
 それを追求して、その強みを実現できたところが、生き残っていくのではないでしょうか?
 
 門川に、サンシールさのというスーパーがあります。そのすぐ前にマルショクができました。“さの”さんにとってチェーン店の目の前への出店は大変な脅威だったと思います。しかし、実際は、“さの”さんのお客様はマルショクには流れませんでした。
 なぜか? 行ってみて感じたことがありました。“さの”さんには、特徴のある珍しい商品がいろんなところに置いてありました。当店のこだわり商品ですと書いた細かい説明書きがたくさん張ってありました。商品の展示の仕方がいたるところで工夫してありました。通路を歩きながらいろんなところに目を奪われました。つまり、チェーン店の画一的な展示と一緒ではなく、いろんなところで差別化をし、違いを出していました。
 これは、各担当が毎日考え、いろんな工夫をし、細かく改善をしていかなくては続けられません。ただ商品を陳列する、値段を表示するということから、ひとつ上の工夫を積み重ねているのだと思います。社員一人ひとりの意識と能力のレベルが高いのではないでしょうか。
 
我が社の強みは何でしょうか? 我が社の“売り”(圧倒的に強いところ)をみんなで一緒になって作っていく必要があります。我が社の強みのひとつに、メーカーとの付き合いの中で続けてきた長年の経験と工夫の積み重ねによる段取りのよさと現場作業のスピードにあります。営業・設計・工場管理・製造が一体となって、我が社の強みを極めていきましょう。
 
 本年度もまた新たな目標を掲げて一年間みんなで頑張っていきましょう。
 この厳しい時代にも、しっかりと業績をあげて働きやすい会社作りを進めていくためにも、
全員の知恵と汗を出して、力をあわせていきましょう。
敬具
 
 自分の強みは意外と自分ではわからないものです。 他人からの意見がとっても参考になる時があります。どうして、我が社を選んでくれているのか? 我が社の気付いていない良さとはどこにあるのだろうか? 逆に改めるべき点には、何があるのだろうか? 改めて認識できれば、それが経営戦略・営業戦略にもつながります。そのために、顧客満足度調査表を作りました。回収率を上げる事が当面の目標です。
以上

経営トップセミナー

2010年11月29日 07:00
            

 

 11月27日(土)は、中小企業大学校で行われた経営トップセミナーに参加してきました。9:20~17:00まで、終日の講義でした。3名の方のお話がありました。
 
1) 不況に勝ちぬく経営者の姿勢と中小企業の未来
     一橋大学大学院 教授 関満博先生
 
2) 中小企業の強みを活かす戦略作り  
     株式会社ヤマグチ 代表 山口勉 氏
 
3) 社員のやる気を引き出す「未来流」経営
     未来工業株式会社 相談役 山田昭男氏 
 
 関先生は、いつものように、地域の現状を豊富な事例を交えながら、具体的にお話しいただくと共に、これからの日本に対して憂い、中小企業の経営者に対して、熱くエールを送って頂きました。
 
 
 関先生の言葉の中からいくつか書きとめました。
 
・ これからの中小企業、地域産業の課題は3つ
   対中国関係、産学連携(日本は大きく遅れている)、人材育成(後継者問題)
 
・ 台湾系企業になぜ日本系企業が勝てないのか?
   決定権のある人間が日本に駐在していないから、決断が遅れる。
   腰が引けてては、ダメ。踏み込め。
 
・ 日本は、恐怖、劣等感、優越感が入り交ざって、中国への冷静な評価ができていない。
   中国のビジネスは、標準化してきている。
   中国との関係を考える事は非常に大事。
 
・ 国内の仕事は確実に縮んでいる。先代の作った資産を使って、これからの分野へ向かえ。
   今は大きなチャンスの時だ。挑戦的に生きろ。
 
・ 素材とサービスが結び付くところに、日本の課題と可能性がある。
   心から、相手の立場に立って物を考えられる日本は、
    サービスで世界をリードできる。
 
 
 資料として、関先生の著書「地域産業の『現場』を行く‐第3週 『辺境』に向かい、『豊かさ』を求める」も配布されました。
 
 その中に感動的な文章がありますので、ここで紹介します。
 
・ 日本の「中山間地域」の「現場」を訪れると、都会の人々の沈んだ表情とは対照  的に、新たな可能性に向かって取り組んでいる事に意外な思いを抱かせてくれた。
 
・ずっと底を打ち続けてきたことに対する「諦め」を超えて、新たな「確かさ」がにじみ出始めているではないかとさえ思える。条件不利の逆境が、人々に立ち向かう「力」を与えているのかもしれない。
 
・ この数年、私の旅は次第に日本の「中山間地域」や、中国の「辺境」の「現場」に向かうものになっていった。そして、そこには20世紀後半の日本の発展モデルを超える新たな「価値」の創造が行われているように見えた。
 先の若い友人が指摘しているように、そこに暮らす人々は、「もうそれを手にしているのに、気付いていない」のかもしれない。
 
・ そこで暮らす人々には、ある共通する「輝き」が見て取れる。いずれも「新たな時代」に対する「希望」が横たわっているという事なのであろう。これからも、そのような「輝き」に接する事により、新たな課題に立ち向かっていくための「勇気」を得られる事を願う。
 
・ 私達はそれぞれの「辺境」に出逢い、そこに新たな「豊かさ」を求めて踏み込んで行くことが求められている。そして、そのような人々の取り組みが、来るべき未来を切り拓いていくことはいうまでもない。
 
 
私達自身の手で、未来を切り拓いていくために、今自分にできることを実行していきたいと思います。
以上
            

 

 大学時代の思い出は何と言っても、少林寺拳法部での活動につきます。入学時に入部してから卒業するまで、4年間みっちり活動をしました。普通は3年生で卒業ですが、後輩に煙たがられながら、4年生になっても部活に通っていました。それは、同級生の上月と一緒に、3段まで取ろうという目標があったからでした。
 
 入部してから4月の間は、お客様として、やさしく教えてもらっていましたが、5月に入ると、すぐに体力作りが始まります。受験でなまった体を一気に動ける体にするのだから、たまりません。
練習はランニングから始まります。大江体育館から立田山までのアスファルトの道路や砂利道をはだしで走りました。おまけに、順番で大きな声を出しながらです。左左左右、左左左右、歩調歩調歩調と~れ、・・・、立田山までつくと、水源地の急な坂のダッシュやアヒル歩き、手押し車、一般的な筋肉トレーニング等々、本当にこれって、少林寺拳法に必要なの?と思いながらも、ひたすら体を動かしていました。
後から先輩方にも得意不得意があったことがわかりましたが、下の人間にはわかるはずもなく、まんべんなくみっちり鍛えられました。
 
 少林寺拳法は、もともとは戦後、荒廃した日本の将来を憂えた”宗道臣”という方が、”人づくり”を目的に創始したもので、柔法、剛法、整法、などの技法と共に、禅の考え方など、道徳的な考え方も教えるいわゆる修行のためのものですが、大学の少林寺拳法部は体育会系という事もあり、かなり硬派な鍛え方をしていました。というよりも今考えると非科学的で?根性主義的?な面もありました。
 
 春と夏に泊りがけで合宿練習をしていましたが、かなり追いつめられて先輩方についていくのがやっとでした。早朝練習で走り込み、へとへとになって食べ物を受け付けない体にお茶でご飯を流し込んだり、筋肉痛で階段の上り下りも苦労するような足を引きずりながら、長距離走についていったり、とにかく理屈抜きに体をいじめていました。その中で、先輩のいったことばが耳に残っています。 自分が”もうだめだ”、と思ってからが勝負だ、それからどれだけ頑張れるかが、自分の自信に変わる。
特に合宿の最終日に行われる千本突き、千本蹴りは、いつ終わるかわからないくらい永遠と続く気がして、ただがむしゃらに体を動かしていました。この時、どんなに苦しい事も頑張っていればいつかは終わりが来る。そして、終わった瞬間に、その苦しさは一気に充実感に変わる、という事を学びました。
 
 部活動を通じて、いろいろな事を学びました。
 次回も部活動の話題です。つづく・・・。        以上

中小企業大学校

2010年11月27日 06:30
            

 

 今日は、中小企業大学校人吉校に来ています。経営者トップセミナーに参加するためです。中小企業大学校は、非常に質の高いセミナーを提供しています。講師陣の先生方も素晴らしい方々です。通常ではこんなに安い料金で参加できるなんてありえません。自前で研修を企画できる大企業と違い、時間や資金、スタッフが十分とはいえない中小企業の強い味方です。
 
昨日入り、大学校の宿舎に泊めて頂きました。すばらしい環境です。部屋はとても簡素でテレビも浴槽もありませんが、温泉大浴場や談話室があり、ただ泊るためには十分です。図書室には企業経営に関連する図書やビデオも備えています。町中から少し離れているのもいいところです。 純粋に学ぶための環境となっています。
 
雇用能力開発機構や職業能力開発センターの事業を国が行う必要があるのか?という議論があります。民間にやらせればいいじゃないかという意見です。一極集中している都会では、成り立つ議論かもしれませんが、地方では事情が違います。非常に効率の悪い環境の中で経営を成り立たせるのは容易ではなく、民間に任せていては、人材育成も進みません。中小企業大学校は、中小企業の経営者の学びの場であり、交流の場として重要な役割を果たしていると思います。
国全体で一つの方針や標準で物事を進めようとするところに無理が生じます。地域の事情や特性に合わせた施策が検討されるべきだと思います。
道州制が議論されたり、中小企業振興条例が制定されたりしている動きには、こういう背景があるのだと思います。
 
中小企業大学校のような施設を活かさない手はありません。昔の日本のように、すこし、生活の質を落としてでも、教育に金を使っていくべきだと思います。そういった事を進めるのか、政治の役目ではないのかなと思っています。
延岡の鉄工団地の皆さんは、毎年バスを出してこのセミナーに大勢で参加されるそうです。さすがですね。おそるべし、延岡鉄工団地協同組合。
 
本日は、一橋大学の関先生の講義も行われます。楽しみです。
     以上

人材育成会議について

2010年11月26日 06:30
            

 

 月に1回、職業能力開発協会の方にリードして頂きながら、人材育成会議を行っています。
我が社で求める人材とはどういう人材なのか? 現在の能力や成果をどう評価すればいいのか? 1人1人の成長を促すためには、どういう教育・訓練をしていけばいいのか? という事を話し合う事を目的に始めました。しかし、話し合う中で、会社の中で色々な事を取り組んでいるが、すべての事が中途半端で徹底されていない、やらされ感をもっているため、浸透していかない。現在やっている事の優先順位を考えると共に、根本的な問題を明確にする必要がある、という意見が出されました。
 
 今は、“我が社の一番の問題点は何?” ということについて、話をしているところです。先日は、この会議が終わった後に、懇親会を行いました。アルコールを入れると、会議では出てこないような本音の意見が出てきます。わいわいがやがや、日頃から胸の奥にしまっている事が出てきます。こういう意見が会議の中で出てくるような風土を作れていない事が一番の問題点かもしれません。会議の中でしっかり議論を尽くし、みんなで決めて、決めた事は例外なく全員で実行していく、という事が出来ていません。総論賛成・各論反対、だから動かない。しっかり議論をかみ合わせる事が大事なことです。コミュニケーションにつきます。
 
 いずれにしても、人材の育成が我が社の共通の最大の課題だ、という思いをみんなが持つ事が一番かなと考えています。みんなが自己の成長をめざし、互いの成長を応援し、人が育つ会社になる事が、会社を成長させる原動力になる事は間違いありせん。仕事を通じて、一生学び・挑戦し続ける人生が、充実していて幸せな人生だと実感し、みんなの共通認識になれば、強い会社になると思っています。
 
 今日は、長崎のパサージュ琴海でお客様のコンペです。天気も良さそうです。顔晴ります!!!
以上

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年11月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所