おはようございます。今日は千葉の出張先からです。
 
月1回、第1営業日に構内パトロールを行っています。おもに、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の状態を見て回ります。5Sは安全や災害防止にもつながります。また、品質向上にもつながります。製造業の基本中の“き”です。改めて、自社の状況を見て、改善点を発見する作業を行っています。
 
5Sは、日々の取り組みが一番大事ですが、慣れてくるとそれが当たり前になって、疑問を持たなくなります。いつも新鮮な目で見る事ができる、改善すべき点に気づく事ができるには、普段の努力が必要です。意識を高めておく必要があります。山田製作所の皆さんは、全社一丸となって、それに取り組んでいます。
 
 我が社も以前から3Sに取り組んできました。 大分にあるプリンターの組み立て工場をもつ3Sの進んだ企業を全社員で見学した事もありました。 ホンダロックにいらっしゃった方のご指導も頂きながら、3Sの基本を教えて頂くとともに、金をかけて抜本的なレイアウト変更も行いました。取り組む以前の写真も残していますので、かなり改善はされてきていることもわかりますが、全社的な5S運動にはなっていません。
 
 会社全体の取り組みには、やらされ感があるようです。5Sは仕事以外の余計な事、ISOや改善、安全活動等もできればやりたくない。通常の業務だけでも忙しいのに、これらの事は、忙しさを増すだけで、業務のプラスにはなっていない、と思っているのかもしれません。これらの事が、仕事の質を向上させるために如何に大事なことか、ということを納得できていないからかもしれません。
 
 来週末には、また山田製作所さんの工場見学をお願いしています。4名が朝礼から参加させて頂きます。百聞は一見に如かず、山田製作所さんでは、3Sの本当の意味と大切さを理解した、全社一丸となった活動を見る事ができます。他力本願である事はすこし気が引けますが、まずは、3Sのあるべき姿というものをわかってほしい。我が社のありたい姿を理解して欲しいと思い、山田製作所さんを多くの方に見てもらっています。将来は、自主的な活動として、我が社に定着してくれるように、自らが動かなくてはいけない変わっていかないと、自戒もしつつ・・・。
 
 先日、我が社の産業医の先生に大変厳しい指摘を頂きました。あなたの会社の今の整理整頓の状況で、本当にお客様が納得して仕事を頼もうと思う? 整理整頓が行き届いているとはお世辞にも言えない、と。 
その時には、産業医の先生も現場を一緒にパトロールをし、我が社のことを親身になって考え、あえて厳しいお話を私も含め全社員にむけてして頂きました。溶接の時の防毒マスクの着用について、酸洗いの時の防毒マスク、ゴーグル、ゴム手袋の着用について、等です。  
素直に受け止めて、改善に結び付けて行きたいと思います。
 以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/250

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年11月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所