稲盛塾長の言葉

2010年11月15日 06:30
            

 

 学校時代の先輩に誘われて、“盛和塾”という会に入っています。京セラを一代で世界的な企業に育て上げた、稲盛和夫氏の主宰する経営者の会です。会では稲盛塾長が原理原則の大切さを繰り返し、お話しされます。京セラには、アメーバーという経営手法と京セラフィロソフィーという経営哲学がありますが、その中でエッセンスともいえるものが、経営の原点12ヶ条です。
 
以下に紹介します。
1.      事業の目的、意義を明確にする
2.      具体的な目標をたてる
3.      強烈な願望を心に抱く
4.      誰にも負けない努力をする
5.      売上を最大限に、経費は最小限に
6.      値決めは経営
7.      経営は強い意志できます
8.      燃える闘魂
9.      勇気をもって事に当たる
10.常に創造的な仕事を行う
11.思いやりの心で誠実に
12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて、素直な心で経営する
 
稲盛塾長自身が、会社を経営していく中で、様々な事を考え、学び続け、いつも成長し続けたのだと思いますが、その時々を全力で進んできて、振り返ってみると、上記のような考え方を持つに至ったのだと思います。 
しかし、その中で変わらない事は、いつも、“こうありたい”というものを、強く持ち続け、素直に学び、努力を続けたことだと思います。そういう意味で、経営12ヶ条の中で、もっとも大事なものが、“強い願望を持つ”ということだと思います。
 
稲盛さんがおっしゃっている、“人生の成功法則”というものがあります。
 
  人生の成功 = 考え方×熱意×能力
 
人は、能力を磨くことには、比較的一生懸命になりますが、しかし、人を動かし、諦めずに努力を続けるのは、熱意です。どうしても、自分のやりたい事がある。諦められない熱い思いを持っている。だからこそ、逆風だろうが、大きな壁が現れようが、夢に向かって歩みを止めないのだと思います。しかし、考え方の方向性が違っていれば、社会から認められません。また、多くの方の賛同や協力を得られません。
 
人によって、人生における“成功”に対する考え方は違うと思います。しかし、幸せになる“成幸”は、全ての人にとっての人生の目的だと思います。そして、それは、仕事を通じて、多くの方に必要とされる人になってこそ得られるものではないかな、と思っています。
熱い思いをもって、全てのことに取り組んでいきたいといつも考えています。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/256

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年11月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所