社員への手紙 その15

2010年12月21日 07:00
            

 

今回は、平成14年12月26日に書いた1月分の手紙です。
 
拝啓
 今年も残りあとわずかとなりました。 非常に厳しい環境の中、本年も年末のぎりぎりまで忙しく過ごすことができそうです。 また年末年始にかけて一部の方には工事のため現場での年越しをお願いしなくては行けません。 ご家族の方にもご苦労をおかけしています。 ご理解とご協力を本当にありがとうございます。
 
 最近、致知という雑誌の中で、稲盛和夫・山口良治・衣笠祥雄・山下泰裕の四名のパネルディスカッションを読みました。 皆さん厳しくつらい競技生活のなかでも明るく前向きに考えて努力しスポーツを通じて学んでこられた体験を話していました。 その中で、印象に残った話を紹介します。
 伏見高校ラグビー部の監督をしていた山口良治さんの話です。
 
「全国大会出場2回目で優勝という例はありません。それは、生徒達がきちっとやってくれたおかげですが、やはり指導者がビジョンを持ち、みんなで目標を共有し、栄えある姿を思い描くということはすごく大事なことです。初めて優勝したとき、伏見校にはでっかい選手ばかりがいたのではありません。体の小さい選手もたくさんいましたが、共通して言えることはやはり人間性です。約束を守る、なんでもないことでもキッチリするといったような自己責任を徹底してたどってきたから、それぞれが十五分の一の責任を全うし合える、お互いを信頼できるチームが生まれたのです。」
 
 いつも皆さんに、自分になにができるかを考えて、それぞれの立場で自分の能力を十分発揮できるように努力してくださいとお話しています。 ひとりひとりが真剣に自分をみつめて自分の可能性を信じ、充実した人生を送るために前向きな努力を続けていただきたいなと思っています。
 同じ問いかけをいつも自分にしています。 自分は何をすべきなのか? 何ができていて何ができていないのか? 会社の進むべき道を描くこと、働く環境作り、新しいお客さんの開拓、自社の強みを集中してのばすこと、色々やるべきことはあるがどれもすぐには答えが出ないことばかりで苦しい思いをしています。 しかし、自分は自分のできることを地道に一つ一つやっていくしかないと思い直します。 前を見て先に進むしかないなと考えます。
 時々“社長もっと肩の力を抜いたら”とか“もっとおおらかになったほうがいいよ”といわれることがあります。 そうなのかもしれません。 一方で不器用な自分にはこういうやり方しかできないのかな、とも思います。 そして、最近はこう考えるようにしています。 自分にはできないことが多いけど、できることを一生懸命やっていればあとは周りでみんながサポートしてくれる。 みんなと一緒に目標を達成していけば良いのだ。と
 
 今年一年全員の力で乗り切ってきました。また来年も全員でがんばっていきたいと思います。宜しくお願い致します。 良いお年をお迎え下さい。
敬具
 社長の仕事って何? いまでもこの問いかけは頭の中にあります。 会社の中で、社長は1人しかいない、だから社長がやるべき仕事を自分がやらなかったら、誰もできない。 仕組みや仕掛けづくり、将来の売上づくり、等は目には見えないので、つい後回しにする。 しかし、緊急ではなくても重要な事にこつこつと力を注ぐ事が、会社の体力を強くすることだと思っています。 だれにも理解されない仕事だからこそ、自分がやらなくてはいけない。 社長が孤独だと言われる理由だと思います。
以上

すごい川南復興会議

2010年12月20日 07:30
            

 

 昨日は、川南の方々との“すごい川南復興会議”というワークショップに参加をしました。
 
発明起業塾のメーリングリストの情報を見たことから開催を知り、参加を決めました。 福岡の方が、川南の方と一緒に川南の復興に向けての話し合いをしようとしている、何か自分にもできる事があるはず、地元宮崎の人間として参加したい、と思っての事でした。
 
 参加してみて、まずは、ワークショップの運営に対して自分が何も手伝えていない事が残念でした。 何か手伝えることがあるはずだ、まず体を動かして、手助けになろうと思って参加したはずなのに、自分が何をしたらいいのか、見つからず、ただおろおろしているばかりでした。 頭の中でぐるぐる思いが巡り、うまく適応できていない自分がいました。 指示を受けて動ければ、楽だったかと思います。 しかし、自分から役割を見つけ動きださなくてはいけなかったのに、それができていませんでした。
 
 そういう自分でしたが、川南の方々の考えている事を身近に感じられた事はとっても良かったと思います。 これまで、間接的に、声援を送ったり、義援金を集めたりという事はしてきましたが、直接川南の方々の声を聴く事はできていませんでした。 川南の現状とそこに住む方々の思いを直接聞く機会ができた事は、良かったと思います。
 同じ宮崎に、同じ時代に住む者として、思いを共有できるように、今後ともつながっていければ、と考えています。
 
 また、ファシリテーションの技法(長い自己紹介・ワールドカフェ・タイムライン・円卓会議・未来プレゼン)で、今現在起きている事にきちんと向き合い、未来に点を打つ、というプロセスで、川南の未来について話し合う場に参加できた事も楽しい体験でした。
 
 それにしても、クロちゃんの行動力はどこから生まれているのだろう? 彼女・彼らの、行動力と地域への熱い思いに大きな刺激を受けた週末でした。
以上
            

 

春や夏の長期の休みになると、少林寺拳法の合宿を行っていました。 学内合宿とともに、多度津にある少林寺拳法の総本山にも毎回欠かさず行っていました。総本山では、武道専門学校の先生方に直接技の指導をしてもう事ができました。見事な体捌きと力の使い方で、簡単に投げ飛ばされてしまう事が、驚きでもあり、その技能の習得が大きな目標でもありました。
 
当時は、山崎先生と新井先生、川島先生から直接指導をしてもらうだけで大きな喜びでした。 先生方が学生の前で解説をしながら、技を直接かけて行きます。 “急所のこのあたりをこの角度でこういう風に当て身をすると、落ちるんだよ! ほらね!” “力を使わなくても、相手の関節をこうせめて、こういう体捌きで、・・・”と言いながら、軽く投げ飛ばす様が、とてもかっこよく映っていました。
 
 学生時代の休みが、学内合宿や本山合宿だけで終わるのではなく、なにか大学時代の思い出を作りたいと、部活の友達と二人で自転車旅行に出かけることにしました。
 
 北海道の札幌から、東京日本橋まで日本の北側を縦走しようという計画です。もちろん学生の旅行ですから、基本的には野宿です。 寝袋を積んで走り、駅の軒先を借りて寝泊りをしていました。 夏休みの時期は多くの学生が旅行をしていましたが、そのほとんどはバイクだった気がします。 すれ違うたびにピースサインで合図を送り、がんばれよ!とエールを送り合うのがマナーでした。 また、駅に寝泊まりする人も多く、不思議と連帯感が生まれてきます。
 
 旅行のスケジュールは少し緩めで、半日走っては、残りの時間で宿泊地周辺を観光するというものでした。
函館の夜景、中尊寺金色堂や松島、仙台のわんこそばなど、要所要所の印象が強く残っています。
 
 それ以降も、旅行先では必ず周辺をぶらぶらしています。 地図もなくあてもなく歩き回り、新しい事に出逢う事が好きです。 自分を振り返ってみると、どれだけ好奇心が旺盛なんだ、と思います。 
以上
            

 

 先週の12月11日(土)に東京で、ドリームプランプレゼンテーションが行われました。
決勝の8名の方のプレゼンテーションを聴きました。
 
すばらしい会場設営、運営進行、プレゼンターと支援者とコメンテーターとスタッフ、の一体感が、会場を感動の空気に包みこみました。 プレゼンテーションまでの準備にどれだけの力と思いを注ぎ込んだのか? それが、プレゼンの場や賞の発表の場に現れていました。
 
夢を実現できるかできないかではなく、やるかやらないか。
 
自分の人生観と重ね合わせ、諦めない理由を語り、多くの支援者の共感を集める10分間のプレゼンテーションは、皆さん自分の夢に迷いがないからなのか、どれ方のプレゼンも、とっても感動的でした。
 
その大人たちのプレゼンテーションにもまして、花巻の高校生のプレゼンテーションの素晴らしかった事、とっても頼もしく感じました。 と同時に、私達も大きな夢や目標に向かって進む姿を、しっかり後ろ姿として見せて行かなくてはいけないな、と思いました。
 
 社会貢献を行っている団体のプレゼンテーションもありました。 社会が抱える数々の問題に対して、ただ嘆くのではなく、諦めるのでもなく、自ら行動を起こし、変えて行こうと活動をする方々のお話は、感動を覚えました。
 
楽しいひと時を過ごしながら、“自分の天命は?”、“自分は毎日命を燃やしている?”、と考えていました。 自分も、自分だからできる事、自分が気づいてほおっておけないと感じた事に対して、行動を起こしていきたいと思います。
 
会場では、中村文昭さんと“語り部セミナー”で一緒になった、栃木の中西さん、東京の山村さん、長野の山岸さんと再会し、旧交を温めました。 なにか強い思いを持って生きようとして、動き始めている方々との交流は、とっても楽しく、勇気がもらえる瞬間です。
以上

たかが朝礼、されど朝礼

2010年12月17日 07:50
            

 

 我が社の朝は、7:55分の肩モミから始まり、ラジオ体操、職長朝礼、ツールボックスミーティング、と続きます。 しかし、ラジオ体操でのしっかりとした体の曲げ伸ばし、朝礼での返事と声だし、が良くできていません。 もう一度、見直したいと思っています。
 
 たかが朝礼、されど朝礼。
  倫理法人会でも朝礼を大切にしています。 
朝礼で有名になっている会社もたくさんあります。
 
 たとえば、朝礼で有名な居酒屋“てっぺん”では、朝礼を公開しています。その朝礼の目的として挙げられているのが、以下の3つです。
 
 ・てっぺんで働く事の意味と価値を深め、本気を引き出す。
 ・元気を爆発させ、スーパーハイテンションにする。
 ・最高の結果を生むために必要な、最高の状態を作る。
 
そのために、朝礼の中で下記の事を行っているようです。
 ・伝える力を鍛える、スピーチ訓練。
 ・長所を伸ばす、ナンバー1宣言。
 ・日本一の挨拶と返事を鍛える、あいさつ訓練・ハイ訓練。
 ・最後の締めの一言、一本締めと握手。
  
 毎日のスタートから意識と元気を高いレベルまで持っていく朝礼を行っている事で、毎日の充実感・達成感も違うだろうと思います。
 
 我が社ももっと朝礼を大切にするべきではないか?と、先日の月次会議で問題的をしました。 部門毎に、朝礼の必要性・目的から、改めて話し合うことにしました。
 
まず、返事と挨拶を自分から行うための習慣をつける。
 朝から声を出し、自分から気持ちを前向きに作っていく。
 自分の言葉で話し、自分の気持ちや考えを伝えることで、積極性を身につける。 
 自分の仕事の内容を前もって把握し、段取りよく仕事ができるようにする。
 お互いの仕事の内容も理解し、協力し合って仕事ができるようにする。
 
 職場のほとんどの問題は、人間関係やコミュニケーション不足から起こっています。一緒に働く人や組織に対して、不平や不満を持っている事も多々あります。 だからこそ、お互いの考えを言い合える場とお互いの意識を、作っていく必要があります。
 
たかが朝礼、されど朝礼。
 
 さて、我が社の朝礼がどうなるのか、楽しみです。
以上

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年12月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所