松下幸之助さんの言葉

2010年12月 6日 06:30
            

 

松下幸之助さんは、言わずと知れた、一代で松下電器、パナソニックを世界的な企業に育て上げた、名経営者です。戦後多くの日本企業が世界で活躍をしましたが、経営も極めると哲学的な考えに至り、人間の本質の部分への理解が深くなるのだなと感じました。以下は、松下幸之助さんの言葉です。
 
『 素直な心とは、単に人に逆らわず従順であるということではありません。何物にもとらわれず、物事の真実と、何が正しいかを見極めて、これに従う心です。素直な心になりましょう。素直な心はあなたを強く正しく聡明に致します。
 素直に物が見える人は過ちが少ない。経営者はせめて素直の初段にならないといけませんな。
 
 もしも自分に知恵が無ければ、先輩に聞くとか、もしくは同業の競争相手にも聴く。
 殺音に心がみだれる、これがいかんですね。もちろん、雑音も聞かないといかんですよ。雑音を全部遮断してしまうとそれは独断になる。ただ雑音にとらわれないようにする。
 自然体やな。自然体の経営。頑固になるのはいけません。“鳴かざればそれもまたよしホトトギス”これや。
 
 私は知識もないし、力もないし、喧嘩をしたら負ける弱い男です。それが今日こうしてあるのは、自分の才覚もないとは言いませんが、それよりも、他人の意見から、いいというものを素直に取り入れた事です。
 また私は、非常に平易に物を見る、難しく物を見ないように、自分でいつも心がけているんです。
 
 とらわれた心を持ってはいかん。名誉にとらわれたり、世間の評判にとらわれたりしない。そういうものにとらわれないで、“笑わば笑え、自分は正しい道をゆくんだ”という強さがなかったらいけませんな。 』
 
 先日、北九州の経営者の方をお会いして、お話を伺う機会がありました。こう言われていました。「 経営者の仕事は、売上を作ることではない。売上が上がる仕組みを作ることだ、そのためには、動きまわって、様々なネットワークを作ることだ。経営者に大切なもの、それは、体力だ、いつも圧倒的な迫力を出せるような体力を持っていなくては、勝てない。」と。
 
 経営も、シンプルなものかもしれません。 体力と人間力で差が出るようです。
基礎体力を持ち、エネルギーのほとばしりが感じられるようなバイタリティーを発揮していれば、おのずと経営もうまくいくのかもしれない。テクニックやノウハウの前に、体力! そして、“強い思い”と“あきらめない気持ち”を持っていたいと思います。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/300

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年12月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所