リクルートチームの結成

2010年12月10日 06:30
            

 

 12月4日に、今年のリクルートチームの結成キックオフミーティングを行いました。
今年は、営業・設計・製造から、各2人ずつ選出しました。
 
 我が社の5年後を見据えての人事戦略です。 5年後の年齢構成と組織図を作ってみました。この5年間の間に、定年退職者が増加します。 毎年、何人の新入社員を入れて行けばバランスが取れるのか、数字の上でははっきりしています。 しかし、人の成長や技能の伝承は、時間のかかるものです。 ここ5年間に採用と育成をしっかり行っておかなくては会社の基盤も揺らいでしまいます。 業績と人件費の兼ね合いが難しいところではありますが、思いきった人への先行投資が必要です。
 
 なぜ、新入社員なのか?といわれる事があります。 中途社員の方が、即戦力としていいのでは?という考え方もあります。 たしかに、中途入社の方は、様々な経験もしていて、必要な知識もある程度持っています。 しかし、それにこだわるあまり、自分を変えたり新しい事に挑戦する気持ちが不足して、我が社の社風を作っていく際に邪魔になる場合が多くあります。 特に年齢を重ねると自分の枠から踏み出すことを厭う気持ちが強くなるようです。
 一方、新卒者を入れた場合は、しっかりした教育訓練が必要となります。 会社にきちんとした社風や教育訓練システムがあり、社会人として育つ仕組みができていればいいですが、そうでなければ、どうしても安きに流れてしまいます。 放っておいて育つわけではありません。 
 
 昨年から始めたチームでの新卒者採用活動ですが、いい学生さんを採用するという目的の他に、社員さんの意識の向上につなげ、会社全体で新卒を迎える、ということも目的にしています。 我が社の採用戦略を全員に説明し、どういうプロセスで採用活動をしているかという事も折にふれ話をしています。
 リクルートチームは若手で構成をしています。 リクルートのメンバーは、学生さんに向けて、我が社の業務内容や社風についてはもちろんの事、理念や経営戦略、強みなどについても話をしなければならず、自社の事を客観的に見ると共に、会社を代表して発信するという役目を果たさなければいけません。
 
 リクルート活動を通じて、若手社員が成長すると共に、会社の変革をリードするくらいの意識改革につながればと期待しています。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/308

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2010年12月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所