“こころざし”平成21年9月分課題レポートは、ガラパゴス化する日本の製造業・産業構造を破壊するアジア企業の脅威/宮崎 智彦 著でした。 その時に提出した私のレポートを以下に掲載します。
 
1.ガラパゴス化するとはどういうこと?
 
人件費の高騰、固定費の増加、損益分岐点の上昇、が起こると、おのずと付加価値向上の必要性が出てきて、コモディティー分野の製品を国内で作っていては、競争に勝てなくなっていくのは自明のことだ。
機能も品質もそこそこでいい、価格が安いことに一番の価値観があるという人々をお客さんと考えた場合に、日本の工場で作っていては、経常収支を合わせることは無理だと思う。日本の優秀な労働力を使って戦うべきフィールドはどこなのか?ターゲット顧客は誰なのか?をしっかり考えるべきだと思う。
所得の向上、個人的趣向の変化、個別に対応するべきマーケットの広がり、本物志向、少品種多量生産ではなく多品種少量生産の世界、日本が顧客とすべき人・対象とすべきマーケットは、そういう人・分野ではないか?
 
もうひとつ、日本はファブレス企業ばかりになっていいのか?どういう分野なら、日本が世界に存在価値を示せるのか?世界から求められる日本の貢献とはなにか?他国に対して、差別化できるのは、どういう分野なのか?やはり、高度な技術の世界“ものづくり”だと思う。
藤本隆宏著「日本のもの造り哲学」の中で、日本の企業が持っている組織能力に強みがあるという話があった。をいかに生かすか?クローズド・インテグラル型を目指す。独自の要素技術と多能工化によって、複雑なすり合わせ製品を作る能力は大事にしたい。 独自の進化を遂げないところに、差別化はない。コモディティー分野で戦う必要はない、と思う。
 ただし、売れるものをつくる。購買力あるところへ行って、売る。ということを忘れて、作ることだけに専念しては意味がない。そのことへの指摘は、大事だと思う。
 
2.付加価値をどうつけるか 
 
 新興国のものづくりとどう差別化を図っていくのか?一つは、新しい技術を生み出さなくてはいけない分野での開発。環境・循環型社会分野、新エネルギー分野は今後発展していく分野だと思う。こういう分野で、新しいものづくりを行う場合には、日本が培ってきた高度な技術が必要となると思われる。
 
二つ目に、企画・開発・設計等のエンジニアリング業務の効率化の分野、試作の短縮化などがもの作りを変えていく。 最後に、ロボット産業。先日、ロボット産業はどういう方向に向かうのかについて、ロボット技術を教育産業で展開している会社の方と話す機会があった。ロボットが全く新しい産業になるということではなく、ロボット産業が持つ認識・制御技術を使って、既存の産業の新しいニーズを掘り起こし、創造していく中で発展していくだろうということだった。
 
3.新しい価値観の創造 
 
 私たちは何のために働いているのか?という根源的な問いに立ち返らなくてはいけない。真の意味の豊かさとは?日本人は、働くことを通して、人生の意味を考えられる稀有な人種ではないだろうか? 今、私達は、資本を増やすことがいいことだ、拡大することがいいことだ、という価値観からの転換期にいるのではないだろうか。
 
元経産省審議官の大塚さんがおっしゃっているように、成長の限界に達する時期は、そう遠くはない未来のことで、その時には、都市と地方、各産業の地位の逆転が起こるかも知れない。しかし、それでも私たちが何らかの価値創造をしなくてはいけないという事実は、変わらないはず、そして、世界の中で日本人が、それを作りだせる一番近いところにいるのではないか?と思う。
 しかしそのためには、日本人がどんどん海外に飛び出し、グローバルな視野と日本人の良さを認識する目をもつ必要があると思う。
 
 キーワードは、グローカルだと思います。 グローバルな視野をもって、地域に密着した活動で存在感を出していきたいと思っています。
以上

社員への手紙 その21

2011年1月25日 06:30
            

 

今回は、平成15年5月30日に書いた6月度の手紙です。
 
毎日雨が降り続き、ちょっとした晴れ間もとても気持ちよく感じます。台風一過、大量の雨と風を伴った台風でしたが、湿気を一緒に運んで行き、しばしの間でもカラッと晴れて欲しいものです。
 
4月と5月は当社にとって大変厳しい月でした。今期に入って以来、芳しくなかった業績がこの2ヶ月で更に落ち込んでいます。この時期、どの産業もどの地域も厳しいという話を聞きます。全世界的な様々な不安要因が影響しているのかもしれません。
しかし、その中で全ての会社が、何とかしようと努力をしています。そして、我が社も含め生き残ってきた会社は、なにかその理由をもっているはずです。我が社もお客様への緊急の要求に対応するなど、様々な要望に応えていくことで、必要とされ、仕事を続けてくることが出来ました。また、幸いにして経済が伸びている時代には設備投資も盛んに行われ、一生懸命応えていくことで成長してきました。しかし、経済が収縮し、設備投資が控えられ、すべての企業にまわるだけの十分な仕事量がなくなってきた現在、企業に求められるものも非常に厳しくなってきています。
 
こういう時期にこそ、一致団結して、全員が危機感をもって、乗り切っていかなくてはいけません。会社を強くしみんなの生活を守っていくためには、全員が助け合い協力しあい、時にはみんなで辛抱をしていかなくてはいけません。逆に考えると、変化した厳しい環境に対応し生き残っていくための仕組みと体力を作るチャンスかも知れません。
 
お客様も大変厳しい競争の中を生きています。特に食品製造会社は、安心・安全な食品や食材を製造し、消費者に届けることを強く求められ、会社のすべての業務内容と設備がそれに対応できるように変わりつつあります。我が社がそれにどう貢献できるのかを考えていかなくてはいけません。
 
環境の問題、景気の問題、設備の問題、メンバーの問題、お客様(?)の問題、まわりに問題の原因を探し、そのせいにしていたらきりがありません。そうではなく、本当に良い物を求めるお客様に応える品物・サービスを作れる体制になっているのか? 技術向上に努めているのか? その目的のために力を合わせる思いを持っているのか? を自らに問い掛けることが大事だと思います。 委員会で決められたことを一つひとつ守っていくこともそのことにつながっていきます。体が目覚め、すぐ体が動き出すように朝の体操をしっかりやろう、会社の中をきれいにし、吸わない人に迷惑をかけないようにタバコは決められた場所で吸おうなど、どれも小さいけれども、非常に基本的で大事なことです。
 
物作りを仕事としている私たちは、基本的なことを徹底して行うことから始め、より高いレベルを目指していかなくてはいけません。本物を求め、ムダをなくし、より高い品質のものを作っていくために全員で努力をしていきましょう。
 
以下は、賞与支給に当たり、明細書に同封した文章です。
 
 毎月、その時々に私の考えていること、皆さんにお伝えしたいことを文章にして、給料明細と一緒にお配りしています。今回は、今年度の夏季賞与の支給にあたり、一言付け加えさせて頂きたいと思います。
 昨日6月25日(水)に就業時間中の貴重な時間を使って、我が社の現在の経営状態を説明し我が社の会計年度末である9月までの3ヶ月間にやるべきことの確認と協力のお願いをしました。
 
 信用力や技術力とも高いものをもっている我が社ですが、売上げ規模と従業員数にふさわしいだけの組織的な運営や管理が出来ていません。我が社はかなりの潜在力を持っていますから、全社で一丸となってやるべきことを当たり前にやっていけば、きちんとした利益を生み出せるはずです。個人的な都合やわがままにこだわって本当に大事なことを忘れること無く、我が社の社員全員が会社の競争力を伸ばすことに努力し、一人ひとりの技術力を向上させ、利益を出し、毎日の仕事にやりがいを感じられるようにしていきたいものです。
 
 今期、今までのところ残念ながら非常に悪い業績です。夏季賞与も1ヶ月の給与の5割しか出すことが出来ません。良いときには、みんなで喜びを分かち合いましょう。しかし悪いときにはみんなで我慢をしていくしかありません。厳しい時期ですが、みんなで協力し、乗り切っていきましょう。もし、各種ローンを組んでいるために、支払いが出来ない方がいらっしゃったら、ご相談ください。今回の特別な事情を考慮し、9月末までの返済をお約束いただいて、会社からの貸し出しを行います。
 
 一人ひとりの努力を全体の成果に結びつけるために、我が社がもっともっとレベルを上げていけるように、ともに頑張っていきましょう。
 
 
敬具
 

明日をひらく言葉(1)

2011年1月24日 06:30
            

 

 致知出版が出している、日めくりカレンダーに 「明日をひらく言葉」があります。
これまで、致知に掲載をされた方々の言葉を31日に割り当ててあるものです。
 
 その文章の1日から10日までを掲載します。
 
1.どんな仕事であろうと、自分を作り上げるために仕事をする。仏教詩人 坂村真民
 
2.本物は続く、続けると本物になる。 教育者 東井義雄
 
3.美しい心を持ち、夢を抱き、懸命に誰にも負けない努力をする人に、
   神は「知恵の蔵」から、一筋の光明を授けてくれる。 京セラ会長 稲盛和夫
 
4.最大のサービスとは、君の人格を上げることだ。 イエローハット相談役 鍵山秀三郎
 
5.人間の力は、全部出し切らないと増えない。
   出し切らずに溜めたら逆に減ってしまう。   元伏見工業高校 山口良治
 
6.辛い時や壁が立ちはだかった時は、神社にいく。
   イライラする時は、感謝の気持ちを忘れているんですよね。 ペリエ社長 和田裕美
 
7.禍を試練と受け止めて、前進せよ。今からでも遅くはない。しいのみ学園 曻地三郎
 
8.仕事を天職だと決意してから、仕事が楽しくなった。 ウシオ電機 牛尾治朗
 
9.一流の男の背景には必ず母親からの影響がある。 巣鴨学園 堀内政三
 
10.不調な時でも違った収穫がある。 プロゴルファー 宮里藍
 
先日、宮崎大学で学生に向けて話をした時に、こういいました。 元気や本気は日頃から出しておかないといけない。 いざという時だけ出そうと思っても、難しい。 日頃から本気で取り組んでいるから、“ここぞ”の時にも普段通り力が出せる。 出し惜しみをするな!
 と言って、“本気のじゃんけん”をしました。 日頃から力を出し切ることを心がけています。 これって、電池の放電・充電に似ていませんか?
以上
            

 

 冬の遊びといえば、スキーですね。
 
 入社当時は、山口県宇部市から、広島までスキーをしに行っていました。 多い時にはひと冬に13回くらい言っていましたから、ほぼ毎週末に近いペースだったと思います。
 
土曜日に仕事を終えた後、そのまま出発して、夜中にスキー場につきます。 少し仮眠をした後、朝から夕方まで滑って、夜運転をして帰ってきます。 天候が荒れたり、道が混雑したりした場合には、到着が朝方になる事もありましたが、元気に出勤をしていました。 仕事も遊びも精一杯、どちらも充実していた時期かもしれません。 休みが少なかっただけに、貴重な休みを精一杯楽しんでいたのかもしれません。
 
 スキー場は、芸北国際、サイオト、ホワイトバレー、恐羅漢、などでした。 チェーンを付けて、中国自動車道をスキー場に向けて走りました。
 当時は、スノーボードは無い時代でしたので、ボーゲンからパラレルまで、段階をおって練習をしていきました。
 
 恐怖をこらえて、如何に前のめりに斜面に突っ込むかが楽しくて、できるだけ高い急斜面の場所まで登っていました。 技術はついていっていないので、斜面の途中でこぶに足を取られて、頭から雪に突っ込んだりする事も楽しく感じていました。
 
 それから、スキー場は女性と行っても楽しいところです。 スキーウエアーに身を包むと別人のようです。 ゲレンデでは、なぜかみんなが輝いて見えます。 今思うと、寒い・危ない・不自由、なところに、何で好き好んで行ったんだろうか? と思います。
 
 福島正伸さんが、よくおっしゃっています。 趣味はすべて、うまくいかないから面白いんだ。 釣りもゴルフも、わざわざ金をはらって、苦労をしている。 これがすべて思った通り、計算通りにいったら、だれもやらない。
 
 スキー場に通ったおかげで、雪道の運転への恐怖心は無くなりました。
 
つづく・・・

IPE視察

2011年1月22日 07:00
            

 

 昨日は、宮崎県中小企業家同友会の新春経営者交流会が行われました。
 
日本で一番大切にしたい会社に取り上げられた日本理化学工業、大山会長のお話を聴くせっかくの機会でしたが、ドタキャンをしてしまいました。 言い訳になりますが、実は出張前の最後の稼働日だったので、片づけないといけない仕事がたまっていて、追われていました。
 
 来週からは、アトランタで行われる展示会にお客様と一緒に行くために、1週間不在にします。 アトランタで行われる展示会は、International Poultry Expo. といって、世界の養鶏や食鳥処理のメーカが機械を展示するものです。
 
 ヨーロッパとアメリカで行われていて、世界のメーカーやユーザーが集まるので、業界情報や技術動向を知るためには、とてもいい機会です。 
 
 その展示会に弊社のお客様は毎年参加されていますが、今年は、一緒に行く事にしました。 我が社の客先はヨーロッパのメーカーと提携しているので、手配や会場での待遇など、非常にスムーズに行きます。
 また、お客様と一緒に回ることで、単独で回るよりもより深く、幅広く情報に接する事ができます。
 
 今年は、営業社員一人を帯同させることにしました。
 日頃は、非常に限られた範囲でしか活動をしていないため、思考も限定的になります。 ときには、世界から日本を見たり、まったく違った価値観を持った人と話をしてみたりする事で、より広い範囲に考えが及んだり、自分を客観的に見つめたりする事もできると思います。
 
 我が社の社員も様々な機会をとらえて、社外の方々との交流や新しことを経験する機会を作っていきたいと考えています。
以上

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年1月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所