社員への手紙 その18

2011年1月11日 06:30
            
今回は、平成15年3月31日に書いた4月度の手紙です。
 
拝啓
 桜の花も満開になり、何をするにもいい季節となりました。 今年は新入社員を迎えませんが、みんなが新しく仕事を始めたときのような新鮮な気持ちになっていろんなことに挑戦したり、変革すべきことに前向きに取り組んでいきたいものです。
 
人は、環境が変わらないと、マンネリ化してしまいます。
また、他人に対しても、自分に対しても固定観念で捉えやすくなります。
自分で作り出した限界から自由になりましょう。
人生はいつでもうまくいくとは限りません。失敗することもたくさんあります。でも、それは必要なことだと思います。失敗の中に次の大きな成功への鍵が隠されています。失敗は、その鍵を見つけるために、一つの過程でしかありません。失敗を恐れて何もしないことよりは、何かをやってみて失敗することのほうが、残るものがたくさんあるはずです。
 
自分が絶対正しいと考えていると、自由な発想が出来なくなります。
すべてのことには、必ず表・裏、正・反の両面があります。
 
 成功体験を持っている人ほど、環境が変わったときにそれに対応することができないといわれます。自分に絶対の自信をもち、自分の正しさのみを主張するようになってくることは逆に危険です。謙虚さとは、相手の言うことを素直に聞くこと、素直に聞くとは自説にこだわらず客観的・科学的な態度になることです。柔軟な発想を持ち、協力し合い、新しいことを生み出すために、謙虚さをもつことが大事だと思います。
 
自分のことだけではなく、自分以外の人の立場や都合も理解すること。 周りの人と一緒に仕事をしている、協力し合わないと何事も達成できない、ということを本当に理解していることが大事です。 雄弁である必要はありません。口下手であることを恥じることもありません。しかし、最低限自分に対し仕事を依頼した人への報告、仕事を一緒にやってもらう人への連絡、自分より一日の長があるひとや似た経験をした人への相談、を忘れないようにしましょう。自分を活かすためにも他人を認め、協力し合うことが大事です。
 
 昭和44年(西暦1969年)4月に創業してから、本年15年の4月1日(創立記念日)で35年目に入ります。また、本年度の下半期が始まります。 日曜であろうと夜間であろうと対応し、大変な努力と誠実な態度とお互いを思いやるチームワークで築いてきた35年です。もう一度、新たな気持ちになり、お客様に仕事をいただけることに感謝していい仕事をしていきましょう。みんなが必死になって取り組み、何処にも負けないすばらしい仕事をしていきましょう。
環境が変わり、体調も崩しやすい時期です。健康管理には十分に留意してください。
敬具
 
 いろいろな方のお話を聞く事が好きで、柔軟な考え方をもっていると思っている自分ですが、結構“こうあるべき”という自説から、抜け出せないときがあります。 人は様々な考え方や価値観を持っていますので、それを受け入れながら、一緒になって新しいものを生み出す関係が作れるといいなあと思います。
以上
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/372

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年1月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所