冬の遊びといえば、スキーですね。
 
 入社当時は、山口県宇部市から、広島までスキーをしに行っていました。 多い時にはひと冬に13回くらい言っていましたから、ほぼ毎週末に近いペースだったと思います。
 
土曜日に仕事を終えた後、そのまま出発して、夜中にスキー場につきます。 少し仮眠をした後、朝から夕方まで滑って、夜運転をして帰ってきます。 天候が荒れたり、道が混雑したりした場合には、到着が朝方になる事もありましたが、元気に出勤をしていました。 仕事も遊びも精一杯、どちらも充実していた時期かもしれません。 休みが少なかっただけに、貴重な休みを精一杯楽しんでいたのかもしれません。
 
 スキー場は、芸北国際、サイオト、ホワイトバレー、恐羅漢、などでした。 チェーンを付けて、中国自動車道をスキー場に向けて走りました。
 当時は、スノーボードは無い時代でしたので、ボーゲンからパラレルまで、段階をおって練習をしていきました。
 
 恐怖をこらえて、如何に前のめりに斜面に突っ込むかが楽しくて、できるだけ高い急斜面の場所まで登っていました。 技術はついていっていないので、斜面の途中でこぶに足を取られて、頭から雪に突っ込んだりする事も楽しく感じていました。
 
 それから、スキー場は女性と行っても楽しいところです。 スキーウエアーに身を包むと別人のようです。 ゲレンデでは、なぜかみんなが輝いて見えます。 今思うと、寒い・危ない・不自由、なところに、何で好き好んで行ったんだろうか? と思います。
 
 福島正伸さんが、よくおっしゃっています。 趣味はすべて、うまくいかないから面白いんだ。 釣りもゴルフも、わざわざ金をはらって、苦労をしている。 これがすべて思った通り、計算通りにいったら、だれもやらない。
 
 スキー場に通ったおかげで、雪道の運転への恐怖心は無くなりました。
 
つづく・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/398

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年1月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所