先週に引き続き、月刊誌「致知」から、引用です。
 
 致知の巻頭の言葉は、論語普及会学監の伊與田覚氏、ウシオ電機会長の牛尾治朗氏、アサヒビール名誉顧問の中條高徳氏がリレーで書いています。
3月号は牛尾治朗さんの順番でした。以下に転記します。
 
『 2011年は、世界中で変革が始まる年になるでしょう。
 日本にも、この変革の荒波は容赦なく押し寄せてくる事でしょう。
しかし、私はこの厳しい時期を、明るい未来への過渡期と捉えるべきだと考えます。
 
 これから訪れる未知の状況下でも、日本の強みをうまく活かす事ができれば、
激流を乗り越えて道を開く事が出来るでしょう。
現段階で明白なのは、グローバリゼーションとIT化がますます加速してゆくことで、
 これにうまく対応していかなければなりません。
  最近の日本人は、海外にも行きたがらず、活力や意欲に乏しい人が目立ちます。
  内向きの意識のままでは働く機会も得られなくなるのです。
  ダーウィンは、変化に即応するものだけが生き残ると説きましたが、
 状況に応じて自分を再構築できるような柔軟性が求められるのです。
 
  個人も組織も、これから変革を進めて行くうえで様々な選択を迫られることに
 なるでしょう。
  道を誤らないために、何を基準に選ぶべきか。
ピーター・ドラッカーが示唆に富んだ、優先順位選択の原則を示しています。
 第一に、過去ではなく未来を選ぶ。
 第二に、Problem(問題)ではなく、Opportunity(機会)に焦点をあわせる。
 第三に、横並びではなく独自性を持つ。
 第四に、無難で容易なものではなく、
      変革をもたらすものを選ぶ。
 
  イノベーションの戦略の第一歩は、古いもの、死につつある物、陳腐化したものを
 計画的かつ体系的に捨てることである。
 
  二十世紀に二つの対戦を乗り越え、後半で世界の主役に躍り出た日本の底力は、
 まだ十分に発揮されているとは言えません。
  過去の成功に案座することなく、昨日をすてて明日に生きる覚悟を持って
 道を切り拓いていかなければなりません。  』
 
 牛尾さんのおっしゃる事は、今の日本にとって、とても大切な考え方だと思います。
日本は外圧でしか変われない、と言われますが、外圧を受けた時に、
その状況を逆に利用して、自分の中に取り込んでしまう柔軟性を
日本人は持っています。
 いまこそ、坂の上の雲をしっかり見つめながら、自らが変わっていくべき時だと
思います。
以上です。
            

 

 エジプトで、現地の人が良く食べるのは、豆のスープです。 そして、意外においしいのが、アエイシー(チャパティ)というパンです。休みの日に、近くのパン売り場に並ぶとおいしいパンが買えます。それをあぶって蜂蜜を付けて食べると、とってもおいしく食べられます。
 
 また、とても印象に残っているのが、チャイです。 小さめのコップに紅茶のような色のお茶が入っていて、沢山の砂糖が入っています。 どこに行ってもまず一杯、と勧められます。 夏はとても暑い国だから、甘いものをしっかり取るのかもしれません。 
 
 町中にも、チョコレート菓子や、白いケーキのような地元のお菓子が置いてあります。 特にラマダン期間中には、砂糖の消費量が増えると聞いた事があります。
 
 ラマダンというのは、断食の期間の事です。 といっても、24時間完全な断食ではありません。 日が昇ってから沈むまでの間に、食事をしない、というだけです。それじゃ断食じゃないじゃん!と思うのは、私だけではないと思います。 断食の期間は、食糧の消費量が増えるというのも、おかしな話です。
 
日が沈んでから一斉に道にくりだし、お腹を食糧で満たし、また夜が明けるまでに一日分の食事をする、だから昼間は仕事にならない。ラマダン期間中は、朝から午後2時までしか働かない、というのもこういう理由だと思います。
 体にもよくないんじゃないかな?と要らない心配をしてしまいます。
 
 しかし、敬虔な信者にとっては、一年に一回自分の日頃の行いを振り返り、食べ物の有難さを感じるための催事なのだと思うが、時代も変わり、食糧が豊富に手に入り現代では、宗教本来の意義も薄らいでいるのかもしれません。ラマダン期間中は、食べ物や飲み物はもちろん口にしてはいけないし、煙草も、唾を飲み込む、Hな話や、女性に目を向ける事さえ許されないと聞きます。
 
 ワーカーのなかでも、真面目な信者のかたは、とてもいい職人さんで、溶接も一流、勤務態度も一流でしたから、イスラム教にはとてもいい印象を持っています。ハジ(巡礼月)の期間など、裕福な方が貧乏な人々に施し物をしたりしますし、バックシーシも本来は良い行いなのではないかと思います。
 
 イスラム教では、一日5回も礼拝をします。顔や手足を洗い、身を清めて、モスクの中で、お祈りをします。毎朝の5時から町中に鳴り響くスピーカでのアザーンの唱句は耳に残ります。アッラーフアクバル(アッラーは偉大だ)、アッラーフアクバル、アシュハド・アンラー・イラーハ・イラッラー・・・
 
 しかし、日本ではイスラム原理主義のイメージ定着していて、印象が悪すぎます。
とっても友好的で、対日感情も良く、仲良くしたい国です。
本日は以上です。

本気の合宿

2011年2月26日 07:01
            

 

 先日、九州わくわく塾主催の「本気の合宿」に参加してきました。
 
 西田文郎先生と大嶋啓介さん、増田真一さんのセミナーが行われました。 いずれも気付きの多い内容で、なるほど、そうなのか~、うん・うん、そうだよねぇ・・・!
 
 学ぶことがとても多く、時間をかけてしっかり消化していかなくては、と思いました。 その報告をすこし・・・。
 
まず、西田先生から。
 ・人間の脳は、すべての問いかけに答える。
   裏目が出た時こそ、肯定的な問いかけを!
(脳への問いかけには、想い、言葉、動作、表情がある。)
 ・天命を知ることが大事
   行かせて頂いている事に気付く、心の目を持つ事が大事である。
 ・天運に逆らわず、天運を感じていきよ!
 ・すべての現象は天運!すべての苦は、天の試されもの!考えるな!感じろ!
 ・「したい事」を考えるのではなく、「しなければいけない事」を考えろ!
 ・すべてに感謝する心を作れ。
 
続いて、増田真一さん
 ・夢に日付を入れよう!
 ・コミュニケーションの基本は、笑顔で、うなずく、
   なるほど~、わかります、すごいですね。
 ・人は欠けているところが気になる。良いところの方が多いのに気付かない。
   欠けているところは個性、それ以外の部分は才能。
 ・石の上にも3年、でも本当に我慢したのは、石の方。
 
そして、大嶋啓介さん
 ・人との出逢いで、視座が変わる、気付きが変わる。
 ・自分が死んだ後の事を語るのが、こころざし。
   300年後を創造(想像)したい。
 ・大人の生きる姿勢が大事、天から見られている感覚、意識。
 ・人の心に残るような生き方をしたいと思わないか。
 ・たった一人の本気が、全体を変える力となる。
 ・相手を輝かせるのは、相手を変えることではなく、自分が変わる事。
 
 
 自分のやりたい事、やるべき事をしっかり描き、それに向かって歩みを続けたいと、改めて考え直した、合宿でした。
 主催した、エクサイトの山口夫妻に改めて感謝します。 ありがとうございました。
以上です。

マネージメントゲーム報告

2011年2月25日 08:00
            

 

 昨日は、社員教育の一環で、マネージメントゲームという研修に参加をしました。 管理職と営業職の社員、合計8名での参加です。
 
 アンケートの結果をみると、みんなイヤイヤの参加だったようです。 事前に研修の趣旨と、目的をしっかり説明したつもりでも、今後の自分にプラスになるという受け止め方ではなく、社長からの指示だから仕方がない、という受け止め方のようです。
 
 会社の全体の事をみる視点への理解ができ、戦略的な思考が身につくし、社内に数字で話ができる話ができる社風が作れるから、管理職・営業職全員で受けて欲しいと言ったものの、業務が忙しいから、家庭の事情で、・・・など、足並みがそろいません。
 
 物事は、重要で緊急な事、緊急ではないが重要な事(充実)、重要ではないが緊急な事(要求)、重要でも緊急ではない事(発散)の4つに分類されると言われています。 この中で、緊急ではないが重要な事をつい後回しにしてしまいます。目の前の重要ではないが緊急な事に振り回されて、疲れ果て、重要でも緊急でもないことで、気分を発散させ、重要な事への気持ちと時間を使えなくなってしまう。悪循環に陥ってしまいます。
 
 特に管理職にとって、多様で高い視点・視座を持つことの重要性をわかっていれば、物事の優先順位も変わってくると思います。
 
 マネージメントゲームは、とっても良くできたゲームです。
 資本主義経済での企業の役割は、投資・回収を行いつつ、社会資本を増やしていく事ですが、そのことを理解しながら、他社との差別化を行って、利益につなげていくゲームです。
 
 それにしても、若者はゲームに強い。
経済の仕組は理解していなくても、他者と如何に差別化を行い、勝ち抜いていくかということについてのセンスをテレビゲームなどで磨いているのかも。
 
マネージメントゲームを宮崎県北の経営者仲間とやりたいと思っています。自分とこの経営と重なり合って、楽しい激論が交わされそうです。
本日は以上です。
            

 

 先日、中小企業家同友会の企業連絡推進協議会というものが行われ、出席してきました。
 各地の同友会の“仕事づくり”を担当している役員さんが集まって、意見交換をしました。
 
 連携実践事例に学ぶとして、大阪の中央電機計器製作所と福岡のFASTの活動事例の報告がありました。
 
 また、引き続き、中小企業振興条例推進活動のお話が中同協の政策局長からありました。
 
 協議会に参加して、一番感じたのは、企業活動も地域活性化も、仕事づくりも人づくりも、すべて関連しているということでした。 とくに、現在は、系列は崩れ、地域間競争も激しくなっていますので、なおのこと、横のつながりという事が非常に重要になってきているかと思います。
 
 中同協は、仕事づくりと地域連携の取り組みの姿勢と新たな視点を以下のように提示しています。
 
   地域とともに歩む姿勢を座標軸とした経営のあり方を探求している。地域の繁栄なくして自社の存続はありえないという認識を深めている。
 
   自社の利益追求でなく、農商工連携や6次産業化のように、地域資源をつなぎ合わせ、地域産業を複合化することで、付加価値の高い仕事づくりと魅力ある地域づくりの実現を目指す。
 
   狭い地域の差別化にこだわるよりも、事業の参加者・協力者を近隣地域(さらには全県)にひろげ、地域全体を巻き込むことで、新しい市場(マーケット)を作り、地域ブランド化を目指している。「地域を一つのユニット」と考え、利益は個別の店ではなく、地域全体で出す仕組み創り(久繁哲之介『地域再生の罠』ちくま新書)が大切。
 
   生産者の想いが消費者・ユーザーに直接伝えられる仕組みをつくるなど「顔の見える」関係づくり、信頼関係づくりを重視している。しかも、思いの一方通行でなく、共感してもらえる発信能力を高め、生産者と消費者の交流の場づくり、さらには、消費者が生産や商品開発に参加する機会を設け、楽しめる仕事づくりを目指している。
 
   地域で生活の歴史と文化を掘り起こして、文化を市場に提案し、文化で仕事を作る。その文化を「待ち望んでいる人がいる」という確信のもとに、地域で消費者を発見し、顧客としている。
 
   「地域づくりは人づくり」の考え方で、地域に学び合いの場を設けて公開し、地域資源は生活文化への理解を深め、人材の流出を防ぎ、地域との関わりの強い人材を育成しえいる。
 
   若い人が誇りを持って働ける職場づくりを目指したり、高齢者に働く場を提供するなど、地域の老若男女が希望を持って働き生活できる場と機会とつくっている。
  
本日は以上です。

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年2月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所