社員への手紙 その23

2011年2月 8日 07:00
            

 

今回は、平成15年7月31日に書いた8月度の手紙です。
 
拝啓
梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。冷夏という予想もありますが、夏は夏らしく暑い季節にならないと経済にも悪い影響があるようです
 
今月は、経済学者(ピータードラッカー)の言葉を贈ります。
 
『 自らの成果をあげる存在にできるのは、自らだけである。他の人ではない。したがって、まず果たすべき責任は、自らの最高のものを引き出すことである。それが、自分のためである。人は、みずからが持つものでしか仕事ができない。
 しかも人に信頼され、協力を得るには、自らが最高の成果を上げていくしかない。ばかな上司、ばかな役員、役に立たない部下についてこぼしても、最高の成果は上がらない。障害になっていること、変えるべきことを体系的に知るために、仕事のうえで互いに依存関係にある人たちと話をするのも、自らの仕事であり、責任である。
 
 成功の鍵は、責任である。自らの責任をもたせることである。あらゆることがそこから始まる。大事なことは地位ではなく責任である。責任ある存在になるということは、真剣に仕事に取り組むということであり、成長の必要性を認識すると言うことである。
 成長するということは、能力を習得するだけでなく、人間として大きくなることである。責任に重点をおくことによって、より大きな自分を見られるようになる。うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。一度身に付けてしまえば失うことのない何かである。目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。 』
 
今私達がするべきことは、自分が何をするべきかを考え、実行していくことです。会社が変わり始めた流れを止めてはいけません。皆さんと一緒に、退路を断って、全力で取り組んで行こうと思っています。来期に向けて組織や役割までも見直していきます。
 
いつもお話をしていますが、時代は変わってきています。 非常に変化が激しく、競争も厳しい時代です。 トップダウンで細かく指示をしなければ動かないのではなく、全員がそれぞれの立場に応じた責任と権限をもって、判断して、動いていくことが大事です。 現場のリーダーがしっかりとリーダーシップを発揮し、みんながそれに協力していく体制を作っていきましょう。
 
誇りと自信を持って、プロ意識を高めていきましょう。技能の追求はもちろんのこと、段取り、作業の手際についての改善を重ねていくこと等、仕事への本気の取り組みが、働き甲斐や達成感を作り出すことにもつながっていくはずです。
 
新しい2人の事務員さんも一緒に働き始めました。宜しくお願い致します。
敬具
 
 改めて、ドラッカーの言葉は、真実を的確に言い当てているなあと思います。 全ての事に対して、自らの責任のもとに取り組むことが、自分を成長させ、自らの誇りと自信を生み出すもととなるという考え方、まさにその通りだと思います。改めて、肝に銘じておきたいと思いました。
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/432

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年2月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所