社員への手紙 その24

2011年2月22日 07:00
            

 

今回は、平成15年9月1日に書いた9月度の手紙です。
 
拝啓
今年は冷夏で雨の多い夏でしたが、ここのところ遅れてきた夏のようです。残暑が続くようですが、夏ばてなどないよう体調には十分お気を付けください。
 
今年もまた、8月30日(土)に皆さんと共に夏祭りを開催することができました。ご協力ありがとうございました。夏祭りも3回目を迎え、みんなで作る年1回のイベントとしても定着してきました。
今年は盆工事を60人体制で行ったため8月中は非常に忙しく、当初の予定から延期しての開催でした。準備期間としては、たったの1週間しかありませんでしたが、協力し合い、素晴らしい夏祭りを開催することができました。
過去2年間の経験があったということも有り、準備に協力頂いた方々からは、いろいろな意見を出して頂きながら、すすんでそれぞれの役割を果たしてくれました。
皆さんの本気での取り組みが大きな力となるということを改めて感じます。ありがとうございました。
 
ご家族の皆さんも多数ご参加頂き、ありがとうございました。夏休みの最後の土曜日を共に楽しく過ごすことができました。今後ともご苦労をおかけすることもあるかと思いますが、ご支援頂きたく、お願い申し上げます。
 
我が社は、創業以来お客様の工場の安定した操業を支えるために、突発のメンテナンスや長期休暇中の設備工事を主体に仕事を行ってまいりました。そのため、ご家族への負担も大きかったかと思います。
しかし、そのおかげでお客様からかわいがって頂き、この厳しい時期に継続して仕事も頂くことが出来ています。また、どういう仕事もいとわず取り組んできたおかげで技術力も養われてきました。
いまどの業界も厳しくなり、24時間365日のサービスが当たり前になってきましたが、いつでも、どこでも、協力できる体制が実際組めている企業は少ないと思います。様々な形でお客様のご要望に応えていかなくてはいけません。
 
「企業は、環境適応業である」といわれます。会社の事業にも事業環境にもサイクルがあり、いい時もあれば悪いときもあります。環境の変化に即していくことが大事です。悪いときに、それに対する努力をした企業が新しい変化に対応した体質に変化することができるはずです。
 
10月1日をもって、日向中島鉄工所とユウ・エス・シーを合併し、新しい体制で来期に臨みます。事務作業が効率化されると共に、合併することで全社一丸となって難局に取り組む体制をつくりたいと考えています。皆様のご理解とご協力をお願い致します。
敬具
 
 我が社は、機械を作るだけでなく、設置や設備工事も行っていますので、一年を通して、休日の日にも仕事が入ります。 いかに、うまく調整をしながら、休みをつくり、会社全体の行事を作るかに頭を悩ませます。 いま、夏まつりも中止していますが、また出来るようになるといいな。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/460

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年2月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所