高専向け合同会社説明会

2011年3月11日 06:30
            

 

 先週は、九州工業大学で行われた高専生むけの会社合同説明会に参加をしてきました。 
 
九州地区の67社の企業が集まり、各ブースで学生さんに向けてプレゼンテーションを行いました。 約450人の学生さんがそれぞれ、目当ての企業のブースを訪れ、プレゼンテーションを聞きます。 我が社のブースには、36名の方が立ち寄ってくれました。 工学系の学生さんばかりだという事もあるのか、製造業である私たちの話も、とても熱心に聞いてくれました。 また、設計から据え付けまで一貫してのもの作りに興味を頂いているようでした。
 
 その翌日には、福岡で単独の会社説明会と2回の一次選考会を行いました。 会社説明会では、会社の歴史、ビジョン、強み、戦略の話をしました。 40分という短い時間のなかで、全てをお話しするのはとても難しく、毎回悩みながらお話をしています。 リクルーターの皆さんの受け答えにも親しみがわくのか、会社説明会のアンケートには、もっと詳しく聴きたかったという声がたくさんあがっていました。 最近の学生さんは、多い人で30社も受けるので、その中から我が社を選んで頂くためには、しっかりしたビジョンを語って、自分が将来を託せる会社だと思ってもらえるかどうかが大事なポイントです。 
 
 学生さんの質問で最も多いのが、御社の社風や人間関係を教えてください、というものです。 目に見えないものですので、言葉で表すのはとても難しいですが、とても大事な質問だと思います。 少しずつですが、会社として常識とされる事がしっかり行われる会社になってきていると思います。 しっかりした規律を前提に、お互いが信頼関係で結ばれて、自慢しあえる会社になっていきたいと思います。 また、そういう風に学生さんにも話をしています。
 
 会社説明会や選考会には、学生さんができる限りリラックスして、普段の自分を出せるようにしたいと考えて、すこし普通の会社説明会や選考とは違った内容にしています。 まずは、準備体操から、始めます。5分前になったら、私が前に出てアイスブレイクを行います。大体、てっぺん大嶋さんネタのTTP(徹底的にパクル)をやっています。
 
 それから、会社説明会では、準備したパワーポイントの資料を見てもらい、気持ちを集中させてもらいます。 そして、会社の歴史や理念の話をします。
 
 選考会では、グループワーク中心です。 質問に答えたり、試験をしたりする、結果を求める選考会ではなく、どう考えて、どう行動したかというプロセスを見るようにしています。
 ものづくりが好きで、しっかりとした自分の考え方を持ち、周囲の人々との協力を進んでやる謙虚さと素直さをもった学生さんと出逢える事を楽しみにしています。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/496

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年3月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所