4月1日におこなった創立記念行事と入社式について、報告をします。
 
 4月1日は、弊社の42回目の創立記念日でした。 そして、第43期の入社式でした。
ことしは、3月11日に、東北関東大震災が起こり、日本全体でも経済的にかなり厳しい状況が予想されたり、エネルギー問題に端を発して、経済構造自体の見直し、価値観の転換を図らなくてはいけない状況にあったりするなかでの、入社式でした。
 しかも、我が社の大卒定期採用のスタートです。
 
 5年後、10年後から見たときに、我が社にとっても大きな転換期だったと言える年になるだろうと思います。
 
 入社式でのご挨拶で、かなり厳しい事を言いました。 会社は42年が経過していますが、これから50年100年継続するためには、さらに大きく変化・成長をしていかなくてはいけません。 そのためには、意識の改革が必要です。
 
 いわゆるセルフイメージを高めていかなくてはいけません。 どうせ、我が社はこうだから・・・。 無理です、そんな力ありませんから・・・。 
 これらは、すべて自分達で作ったセルフイメージや見えない壁の前で立ち止まっているだけです。 思いこみ、勘違いの中で生きています。 自分で作った心理的リミットを外す作業をしていかなくてはいけないと思います。
 
そのために、違った価値観を持った多くの人を社員として迎えました。
 
 会社を承継してから10年が経過しました。 そして、次の10年で会社の幹部を育成したいと思っています。 この10年間で会社も大きく変わりました。 これまでの10年間は、社員の皆さんに多くの事を要求をしてきました。 会社として組織として当然守るべき事、基本的な事は何かということを、繰り返し語りかけてきました。
 
 しかし、これからは、自分で気付く社員さんが生まれてこなくてはいけないと思っています。 これからの10年で、社員さんの中から、我が社のかじ取りをする経営陣をたくさん輩出していきたいと思っています。 時間はあまり、残されていません。 10年間はあっという間です。 人がどんどん育つ社風にしていきましょう。  
 
 創立記念行事では、入社式での辞令交付のあとに、大嶋啓介さんの講演DVDを視聴して、レクリエーションを行いました。 
 その後に親和会で、バーベキューを行いました。 11;30にレクリエーションが終わってから、準備も含めて、12:00までに終わらせるようにしました。
 
 はじめは、”バーベキューといえば、アルコールがないとね。”、” アルコールを出すと、万が一乗って帰ったときに会社の責任になるぞ。”、” アルコールがでないと楽しくないし。” という意見があって、親和会の行事はやらない、という結論でした。 
 
 しかし、やる前から“できない理由”を考えることが癖になる事はいけないと思い、もう一度やることを前提に考えなおすようにお願いをしました。 バーベキューは、弁当のかわりと考えて、みんなで食事を共にする事に意味がある。
 みんなで準備をして、みんなで片づけをする。 1時間で終わらせる。 という条件で再度考えてもらいました。
 結局は親和会の皆さんの協力のおかげで、みんなで楽しくバーベキューをする事ができました。
 
 これは、社員さんの一言から、実現した事です。 社員さんの小学低学年のお子さんが、“バーベキューをする会社は元気なんだって” といったという話を聞いていました。
 「社員をバーベキューに行かせよう」という本の存在も知っていましたので、これを読んで、これは、良い機会だから、我が社もやろう!と考えたわけです。
 
 この本の内容は、またの機会に書きますが、経営にとって非常に参考になる内容です。 会社を“こうしたい”という思いを、どう実現していくか、とても勉強になりました そして、リーダーが熱い思いをもって、仕組をつくり、かじ取りをする事の大切さを同時に学び、共感しました。
 
 そして、我が社の創立記念行事と入社式が終わり、また新しい一歩が始まりました。
以上です。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/542

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年4月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所