コーチング

2011年4月18日 07:30
            

 

 先週から、新入社員教育をおこなっています。 そのなかで、地元日向を拠点に活動をしている古賀さんに半日間コーチングを行ってもらいました。
 
 3時間があっという間の素晴らしい研修でした。
 
 
たくさんの気付きをもらいました。
 
 やる気とストレスの関係
  やる気を風船に例えるとわかりやすい。
  膨らませた風船(やる気)に外圧(ストレス)を欠けると、
圧力が逃げる・しぼむ・割れる
  風船を膨らませるためには、気圧を下げるか、温めると良い。
   気圧を下げる事は、相手に話をさせる、話を聴く。
   温める事は、相手を認めること、褒める事。
 
 “聴く”ためには、どういうリアクションをすればいいか?
   うなづく、あいづち、リピート、否定しない、受け入れる。
 “認める”ということ。
   人は、違う価値観、考え方を持っているということが前提。
   人の心は、作用・反作用で動く。 
 
 コミュニケーションのポイントの講義を聴いた後に、未来トークというグループワークを行いました。 1人が自分の描く未来像の1年後の姿になりきって語ります。そして、4人がチームになって、未来の姿を引き出す質問をします。 
   やあ久しぶり、ところで今何やってるの?
   どうやって、そうなったの?
   なんで、そうしたかったの?
 
語り部は、夢がすでに手に入っている事を想像して、口から出まかせを話します。
(ただし、頭の中に描けない事は言葉として出てきません。)
インタビューアは、すべての事を否定せずに語り手を載せてしゃべらせてあげます。
未来の自分、夢や目標を語り合ってもらいました。
 
 コーチングによって、その人の持っている可能性に気付かせる技術はすごい!と思いました。 コミュニケーション力を付けていくことの大切さをあらためて感じます。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/571

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年4月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所