"致知"5月号記事から

2011年4月25日 06:30
            

 

 月刊誌“致知”の5月号の記事からご紹介します。 
 
“絶えざる挑戦者 松下幸之助に学んだ事”というテーマの記事で、パナソニック客員大西宏氏とPHP研究所客員谷口全平氏の対談です。
 
松下幸之助さんが残された言葉は、どれもなるほどなあ、と考えさせられるものばかりです。 お二人の対談の中にでてくる松下幸之助氏の言葉を列記します。
 
 「従いつつ導く」 人の話に耳を傾ける。
 「これをやろうと思うけれども、君どう思う?」 主体を相手に移す
 「素直の初段になれ」 毎日1回反省して一万回自分を磨き続ける事。
 「自力が十で、他力が九十」 他人さまの力、天の力、縁の力を引き寄せる。
 「できないからできる」 衆知を集めたら知恵は無限。
 「矛盾する事を同時に成し遂げなければ、大きな成功はない」
 「絶体絶命になれば、生きる道がある」
 「商売は真剣勝負だ。もしうまくいっていないなら、やり方が悪いか、熱心さが足りないからだと思わないといけない。必ずうまく行くようになっているのが商売だ」
 「自分に与えられた天分を生かし切る事」
「運がいいと思いなさい。そう思ったらどんどん運が開けてくる」
 「生成発展に資する。それが人間の大業である」
 
不況克服の心得十カ条
 
第一条               「不況またよし」と考える
第二条                原点に返って、志を堅持する
第三条                再点検して、自らの力を正くつかむ
第四条                不退転の覚悟で取り組む
第五条                旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る
第六条                時には一服して待つ
第七条                人材育成に力を注ぐ
第八条                責任は我にあり、の自覚を
第九条                打てば響く組織作りを進める
第十条                日頃からなすべきをなしておく
 
 松下幸之助さんは、非常に神経質で心配性で、体も弱く、若い時に兄弟のほとんどが肺結核でなくなっているし、自分も喀血しているほど。
 しかし、一代で日本を代表する企業を作り上げる事ができたのは、多くの方の知恵を集める事ができたからなのでしょう。 そして、そのための、熱い思いと信念をもっていたからだと思います。 経営に必要な3要素は、ビジョン、ミッション、パッションだと言われます。 さて、自分はどうなのか? 
熱い思いと信念を意識して生きていきたいと思っています。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/594

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年4月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所