昨日は、清武町で行われた“東日本震災復興チャリティイベント”に参加をしてきました。
 
てんつくマンの講演と、東日本震災の復興支援活動の報告会がありました。 てんつくマンの自分に正直な生き方と行動力と熱い思いに改めて感動しました。
 
 講演も非常にパワフルで、来場者の心に届く言葉を沢山発信していました。 私もプロジェクター操作役でスタッフの一員で参加でき、とても楽しかったです。
 
 てんつくマンは、今度の大震災も現場に行く事が一番学べる、心を育てるチャンスだから、ぜひ行って、何かを感じ、何ができるのかを考えて欲しいと、言っていました。
 どんな日本を子供たちに残すのか? 子供たちに諦めない姿を見せよう!と語りかけました。
 
 心に残った言葉を書きとめました。
 
・ 自分に具体的な問いかけをし、具体的な行動をしよう。
・ 道がなかったら作ればいい。新しい常識を作ればいい。
・ 今日という日は、残りの人生の最初の日。
・ 絶対無理という言葉に惑わされる必要はない。
・ できるかどうかではなく、やりたいかやりたくないか。
・ 絶対あきらめない、と腹を括ることで、未来は開ける。
・ 自分に誇りを持った時、必ず花が咲く。
・ 全ての出来事は良い出来事、
  全ての出逢いは良き出逢い。
・ 未来を作っているのは、今の気持ち、
  前を向く気持ちが大切。
・ 苦しい時は、心が育つチャンス。
・ 人生は団体戦。助け合い・支え合い・一緒に幸せになろう。
・ 人は、ありがとうと言われる事がうれしい。
誰かの力になれる事が、自分の喜びになる。
・ 言葉はすごい力を持っている。
   肯定的な言葉は未来を変えれる。
 だからこそできる事は? 良い意味で・・・
・ よくある事・よくある事。修行・修行。
・ 一億二千万人の三歩で日本を元気に!
・ NOを語るより、YESで行動し、YESを広めよう。
 
また、多くの方との出逢いがありました。 色々な場で一緒に活動をして、宮崎を盛り上げていきたいと思います。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/618

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所