今日は、熊本で中小企業家同友会の九州沖縄ブロックの支部長交流会が行われました。
 
しかし、同友会は非常によく学ぶ会です。 今日も13時から18時までたっぷり学びました。 こんなに、真剣に学び合う会もとても珍しいと思います。 そして、その学び方も特徴があります。 必ず報告と討論がセットになっています。
 今回みたいに各県から志部長クラスが集まると、グループ討論も非常に活発に行われます。 さすが日頃から真剣に学び合っているだけに、様々な意見が飛び交い、気付かされる事の多い討論となります。
 
まず、慶応義塾大学経済学部教授・植田浩史先生の「中小企業をとりまく情勢をどうつかむのか」というお話を受けて、14のグループに分かれて討議を行います。
今の情勢を踏まえて、どのような企業づくりに取り組むか、その企業づくりを行うための例会づくりや会員増強にどう取り組むか、というテーマで討論を行いました。
 
 企業経営と同友会活動は車の両輪といっていますが、双方で行っている事を通じて気付き合い・深め合う事ができます。 
 
 情報が氾濫し、価値観が多様化する中で、企業経営者が思いやビジョンを語り、社内に浸透をさせることが、変化に対応し、お客様に選ばれる企業づくりにつながる。 トップダウンでしか動く事ができず、情報感度の低い企業は変化への対応も遅れ、淘汰されていく。
 また、今の情報化社会では、情報を持っている自体では優位性を持つことにつながらない。 情報を分析し、整理し、活用することが非常に大事であり、そのためには、経営者と社員、社員さん同士がコミュニケーションを常にはかり、互いに信頼しあえる人間関係を作る必要がある。 という意見がでました。
 
 各県の取り組みの事例や仕組つくりも非常に参考になりました。
  自ら変化をする。 参加者を限定しない会議での本音の話し合い。 スタンプラリー。 
パソコンのトップページ自体を変える。 紙芝居によるプレゼン。 名刺サイズの申込書。 A4の紹介シート。 他団体とのコラボ例会。 
 
 参加者皆さんが、いかに思いを伝えるかということに、工夫をしているという事が良くわかりました。
 
 今日の学びをヒントに、自社の経営と同友会活動に活かしていきたいと思います。
本日は以上です。
 
            

 

 苫米地英人さんの「コンフォートゾーンの作り方」を紹介します。
 
 最近、苫米地英人さんの考え方にふれ、啓発されています。 もともと、平本あきおさんのピークパフォーマンスコーチから入って、山崎拓さんのテープを聞きはじめて、そのなかで苫米地さんを知りました。 苫米地さんは脳機能学者でマルチな才能をお持ちの方ですが、私たちの脳の仕組みをわかりやすく解説をしてくれています。 これまで無意識のうちに信じ込んでいた多くの事が、考え方や意識の仕方次第では変えられると、気付かされました。
 
 RAS、スコトーマ、ゲシュタルト、ホメオスタシス、セルフ・エスティーム、エフィカシーなど、耳慣れない言葉が多く出てきますが、それらの概念を一つ一つ理解していくと、自分の持っていた物の見方や価値観が変わってくるように感じます。
 
 情動記憶があなたとつくる。
 人は過去に生きている。
 現状を超えたゴール設定、最初にゴールがある。
 Have to ではなく、 Want to を
 建設的同期は、自分自身が価値をおいている対象に向かう「○○したい」という意志によって生まれる
 イエス・アイム・グッド
  高いセルフ・エスティーム(自分のポジションに対する高い自己評価・自尊心)
と高いエフィカシー(自分の能力に対する高い自己評価)
 未来しかコントロールできない。
 
 私たちが与えられた能力を最大限に発揮し、生きがいのある人生を送るためには、とても重要な考え方だと思います。
 
 ところで、本書の中で、幸福とは何かについて、記述があります。 幸福は人生のあらゆる側面にバランスがとれたゴールでもたらされる。 以下の4つのレベル分けは、ギリシャの哲学者の定義だそうです。
 
  ・基礎的な(本能を満たすための)幸福
  ・競争からもたらされる幸福
  ・奉仕する事で得られる幸福
  ・至福の境地(正義・真実・愛)
以上です。 

社員への手紙 その41

2011年5月24日 09:00
            

 

平成17年3月1日に書いた、3月度の手紙です。
 
拝啓
立春は過ぎましたが、まだ寒い日と暖かい日が交互にやってくる気候が続いています。インフルエンザもまだ勢いが衰えていないようです。気候の変わり目ですが、風邪など召されないように健康に十分留意してください。
会社は組織で動きます。多くの人がひとつの目的のもとに何かを行うときには、チームで役割を分担して、連携して動くことが必要です。連携して動くためにはルールや規律を守る事が大変重要です。野球やサッカーをみてもわかるように、いくらすばらしい能力を持った人がいても、その人一人だけの力では勝てません。みんながルールをよく理解し、それぞれの役割を認識し、いかにチームとして洗練された動きができるかで、勝ち負けが決まります。一人一人がどれだけ全体と調和のとれた動きができるかを意識して動く事が大事です。
 
時には、管理者は厳しい注文もつけなくてはいけません。個人的には違う意見をもっていても全体の利益を考えて動かなくてはいけないこともあります。誰しも他人に対して厳しいことを言いたくはありません。しかし、「大善は非情に似たり。小善は大悪に似たり」という言葉があります。部下に目標を課し規律を持って鍛える厳しさが、部下を伸ばす良い上司であり、長い目で見たときに、本人のため会社のためであるはずです。みんなの利益を考えて、会社の将来を考えて、大局的な立場からあえて厳しいことを言ってもらうのが管理職の仕事の一つです。工場長や職長には、時には嫌われ役にもなってもらい申し訳なく思っています。
 
最近では子供を厳しくしかることができない親が増えているといいます。子供のために本当に良いことはどういうことかを考えなくては叱る事はできないと思います。親が子供を甘やかすあまり、子供は自分では何もできないようになってしまい、成長するに及んで人生を誤ってしまうということがあります。それとは逆に、厳しい親に育てられた子供は、自分を鍛錬することを学び、長い人生において自分の望む事をなしえることがあります。前者を小善、後者を大善といいます。先輩方や管理職の方々には、今後とも子供に対する親心と同じ気持ちをもって皆さんに接してもらいたいと思います。
 
子育てに関して1冊の本を紹介します。齋藤孝さんの「心をきたえる。痛快!言い訳禁止塾」です。その本の中でこういうことを書いています。「心とはクセの塊です。ひとりひとりの日々の細かい習慣がその人独特のクセをつくる。そしてクセが固まって心をつくり、その心が中心になって、その人の人間全体が形作られている。人間の心というのは、もって生まれたものではなくて、自分で作れる。クセ(習慣)をうまく使えばいくらでも強くなれる。」 約束事を決めてそれを継続して実行していく事が子供達の自身につながり強い心をつくります。
子供向けの本ですが、とてもわかりやすく大人にとっても勉強になります。参考にしてください。                                      敬具
以上です。
            

 

先週末は、チャリティー講演会に参加しました。
福岡で原田隆史さんと香葉村真由美先生の講演会があるという事を知り、諫早で新しい事業の打合せを行うのに合わせて、福岡に立ち寄り講演会に参加しました。
 
福岡大学で、香葉村真由美先生と原田隆史先生の講演家、弓削田健介さんのコンサートが行われました。 それぞれとっても素晴らしいお話で、心に残るお話でした。
 
 たまたま()、昨日の致知のメールマガジンに香葉村先生のお話が掲載されていましたので、全文を転載したいと思います。
 
 香葉村真由美(福岡市小学校教諭)
  『致知』2011年5月号「致知随想」 ※肩書きは『致知』掲載当時のものです
…………………………………………………………………………………………………
 私が小学校教師になって初めて受け持ったサヤカ。
 彼女はクラスのリーダー的存在で、卒業後も年に何度か会っていました。
 
 ある日、二十三歳のサヤカは、久々に私に会いに来てくれました。
 
 しかし、驚いたことにとても瘠せていて、
手首にはリストカットの痕があるのです。
 
 聞いてみると、彼女の周りで辛い出来事が相次ぎ、
  それを自分の責任と思って苦しんでいる様子でした。
「なんてことをしたの」
 
 私の一言にサヤカは一瞬ハッとした表情を浮かべました。
 きっと痛いほど自分で理由が分かっていたのでしょう。
 そのサヤカに私は言葉を続けました。
 
「サヤカ、命は一つしかないんだよ。
 大切な一つなんだよ。頑張るんだよ。頑張らなきゃ」
 
「分かっているよ、先生。私、分かっている。頑張るよ」
 
 そして別れ際、私はもう一度、言いました。
「サヤカ、頑張るんだよ」
 
 数か月後、私の元に悲しい報せが届きました。
 
 サヤカが大量の薬を服用して自らの命を絶ったというのです。
 サヤカが最後に会った大人が私だったと聞いた時は
 頭をハンマーで殴られたようでした。
 
 彼女はきっと、自分を受け入れてもらいたくて
 私に会いに来たに違いありません。
 
 「よく頑張ってきたね」と、
 ただただ黙って抱きしめてほしかったはずです。
 にもかかわらず、私は
 「頑張ろう」「命は一つしかない」という
 教科書どおりの言葉を使っていたのです。
 
 サヤカの死以来、
 
 「自分は何を子供たちに話してきたのだろう」
 「一人の子供が救えなくて、多くの子が救えるわけがない」
 と自分を責めて責め続けました。
 教師としてだけでなく人間として自信を失いかけていました。
 
 
 どん底の私を救ってくれたのが
 『107+1~天国はつくるもの~』(てんつくマン監督)
 という一本の映画でした。
 
 描かれていたのは夢を追い求めて力強く生きる人たちの姿。
 私は途中で涙が止まらなくなりました。
 
 「もう一度夢を追いかけて生きてみたい」
 という思いが湧き上がってきたのです。
 
 映画の舞台となった小豆島には、
 てんつくマンを中心に人々がともに学び合う場が
 実際にあると知った私は、休みをとって約二週間、
 そこで生活しました。
 
 雄大な自然と仲間の笑顔に包まれながら
 一緒に夢を語り合う中で心が癒やされ、
 人間の素晴らしさは肩書など目に見えるものでなく、
 その人の人間力だと気づかされるようになりました。
 
 私が六年三組の担任になったのは
 小豆島から帰って間もなくのことです。
 
 私はそれまで誰にも話さなかった
 サヤカのことを初めてクラスのみんなに話し、
 
 「先生は二度と子供たちに
  サヤカのような思いをさせたくない」
 
 と訴えました。そして、何があっても
 目の前の子供たちを信じ続けよう、愛し抜こう、
 卒業式では三十二人全員をこの教室から
 笑顔で卒業させようと堅く誓ったのです。
 
 この年、受け持った一人にシュウがいます。
 
 シュウは一年生から四年生まで辛いいじめに遭い、
 五年生になると急に攻撃的になりました。
 クラスメイトを叩く、殴る、暴言を浴びせかける……。
 その行為は次第にエスカレートしていきました。
 
 六年生になったシュウのイライラが募り始めたのは五月、
 体育会の練習が始まった頃からでした。
 リレーで抜かれるだけで怒って砂を投げたりするのです。
 
 みんなは「シュウを何とかしてください」と訴えます。
 私も何度も話したり、怒ったり、褒めたり、
 考えられる限りのあらゆる手を尽くしましたが駄目でした。
 
 逆に蹴られ、唾や砂をかけて反抗されるばかりでした。
 
 自宅に帰り、洋服の砂を払い落としながら、
 それまで抑えていた涙が溢れました。
 悔しくて、情けなくて大声で泣いた日のことをいまも覚えています。
 
 その次の日、シュウは学校を休んでいました。
 私はみんなに「ごめんなさい」と謝りました。
 
 「先生はシュウもこの教室から
  卒業させてあげたかったけど、
  先生一人ではどうすることもできない。
  
  でも、先生は諦めきれない。
  
  人を信じること、人を好きになることを、
  どうかみんなでシュウに教えてあげてほしい。
  そのかわり先生はみんなを全力で守るから……」
 
 私のその声にみんなは
 
 「先生やろう。シュウがいたから
  こんないいクラスになったと言えるように、一緒に頑張ろうよ」
 と答えてくれました。
 
 子供たちは大きく変わりました。
 皆がシュウの行動を受け入れてくれるようになったのです。
 叩かれてもジッと我慢し、叩こうとするシュウに
 
 「怒っているんだね。でも人を叩いたらいかん」
 
 と毅然と言い放つ子も出てきました。
 その姿を見て私も命を懸けて
 シュウにぶつかることを決意したのです。
 
 ある時、シュウは私に、なぜ自分が
 こんな態度をするようになったか分かるか、
 と質問してきたことがあります。
 
「分からない。何があったの」
 
 沈黙の後、彼は言いました。
 
「俺は、俺は、ただ友達が欲しかっただけなんだ!」
 
 そう言うと爪で床を引っ掻き大声で泣き始めたのです。
 私はそんなシュウが愛おしくて、
 いつまでもジッと抱きしめていました。
 
 シュウが笑顔を見せ、みんなに心を開くようになったのは、
 それからです。
 
 私はどんな子にも素晴らしい可能性があることを
 知っています。教師に大切なのは、
 可能性をどこまで信じ切れるかです。
 信じ切っていれば子供たちは絶対に裏切ることはないのです。
 
 それはサヤカが命を懸けて教えてくれたことでした。
 だから私は亡くなったサヤカの分まで
 人生を生きようと思っています。
 
香葉村先生の魂のこもった講演を聞き、“自分は命と向き合っているのか?” 自問自答しました。 自分の生き方を改めて考えさせられる講演でした。
以上です。
 

自分史(その32)

2011年5月22日 06:30
            

 

 ベトナムのプラント建設でもたくさんの事を学ばせてもらいました。
 
 特に印象的だったのは、プロジェクトマネージャーの重要さでした。 一人のプロジェクトマネージャーの存在でプロジェクト全体がこんなに変わるのかと思うくらいでした。 建設期間ももちろんですが、試運転期間中はさまざまな事が起こります。 これでもかというくらい問題が発生し、一つ一つ解決をしていかなくてはいけません。 判断力と行動力が問われます。 問題の本質を正確にとらえ、的確に指示を出せるかどうか、でプロジェクトの命運が決まります。 
 
 小さな問題もその時に解決していかなくては、問題はつもり、そして膨らんで行きます。
 
 試運転期間に入り、機械の調整のために24時間体制で動いていた時の話です。 ある時、まだ日も昇らない朝方に無線機で交信をしていたところ、宿舎で寝ているはずのプロマネが突然交信に入ってきて、もっと状況を正確に教えろ! と指示を出されびっくりした事がありました。 体は休めてもまさに24時間体制でプロジェクトの事を考えているんだなあと思いました。
 
 このプロマネに学んだ事はもうひとつあります。
 機械の調整をする際に、初めから設定値の調整だけをするのではなく、機械の能力いっぱいに大きく振らせておいて、設定値に持ってくるというやり方をしていた事です。 はじめは、おっかなびっくり、すこしずつ設定を上げていくという運転をしがちですが、それよりも上限と下限を把握しておいてから、真中を狙うという方がいかに早く収束させられるかと学びました。
 
 現場では毎日起こる一つ一つがとても勉強になりました。 そして、その時に共に働いたプロジェクトメンバーからも多くの事を学ばせて頂きました。 私にとって、とても貴重な経験をさせて頂きました。
今日はこれまでです。

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所