社員への手紙 その42

2011年5月31日 19:00
            

 

今週は、平成17年4月1日に書いた、4月度の手紙です。
 
拝啓
今週に入って一気に暖かくなり春を迎えました。桜の花も一斉にほころびはじめましたので、この1,2週間は満開に咲き誇った桜の花が楽しめそうです。冬の間にひっそりと過ごし、時が来るのを待っていた木々が、春を迎えて一斉に活動を始める様子は、入学や入社を期にそれぞれの場所で活躍を始める若人と重ね合わせ、とても生き生きと生気があふれる様子を感じることができます。
 
今年、我が社は3年ぶりに新入社員を迎えます。日向工業高校卒の麻田庄太君です。直野君、片桐君にもやっと後輩ができました。暖かく、そして厳しく指導をしてあげてください。
麻田君には、宮崎県中小企業家同友会の新入社員研修を3日間受けてもらいました。会員自らがつくる研修会ですので、私も会員として一緒に参加してきました。宮崎県内の様々な会社の社長さんの話を聞き、いろいろな会社の社員さんと交流をし、社会人としての考え方やマナーを学ぶものです。会社で働くという事だけでなく、生活をしていくという事、社会の中で人と人との関係を築いていくという事、などなどいろいろな事を学んでくれたと思います。
 
とくにうさぎとカメを例に出したゴローズプロダクツの内田社長の言葉が胸に響きました。『自分みたいな不器用な人間のほうが成功するんだよ。人生は頑張るものの勝ち! 人と同じところを捜して自分を安心させて楽な道を行くよりも自分の不器用さを良くわかって目標(山の上のゴール)だけを見てこつこつと努力をするほうが、結局は自分の望む人生をおくれるんだよ! 夢中になれるものを持っている人が人生の勝利者になれるんだ。半端な気持ちを捨てて仕事に打ち込む事で本当の自分を発見できる。人生は自分が主役のドラマだから、何事も人のせいにせず、すべて自分の責任で前向きに関わっていく事が大事。過去に拘らず、明日を心配せず、人生は毎日、今日がスタートという気持ちでやっていって欲しい。』 一緒に研修に参加し、前向きに研修に参加する新入社員たちをみて、日々気持ちを新たにする事と基本を大事にすることの大切さを再認識しました。麻田君も県内から集まった50人のなかでしっかりとした発表をしていました。
 
4月から若干の異動も行います。組織は常にメンバー入替えを行い、風通しを良くする必要があります。また、いろんな種類の仕事についたり多くの人と接したりすることで、実務上の訓練(OJT)を行い、個人個人の能力向上をすすめる事にもつながります。会社で働くすべての人が組織の中で役割を与えられ、おのおのの能力を十分に発揮する事を期待されています。新しい職種の業務につく方もいます。新しいグループの中の新しい人間関係の中で仕事をする人もいます。それぞれが新しいスタートです。
“人生にムダはない”といいます。その人におきる事には全て必然性がある。つらいこと、大変な事も自分を成長させるために必要な事なのだから、起きるべき時に起きるべき事が起こるといわれています。自分に起きることや毎日出会う人など一つ一つのことを前向きにとらえて大切にして生きていけばより良い将来の展望が開けてくるのではないでしょうか。
忙しい毎日です。健康に十分気をつけて頂きたいと思います。            敬具
 
 毎年、新入社員が入ってくると、とても新鮮な気持ちになります。 大きく成長をしてほしいと願いつつ、一所懸命教育をしています。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/665

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所