昨日の日経新聞の記事に「震災復興にドラッカーの知恵を活かせ」という文章が載っているのを読み、感銘を受けましたので、転記します。

 

記者からの質問にドラッカー研究所のリック・ワルツマン所長が答えたものです。

 

――なぜ今、日本市場を重視するのですか。

 「日本は大地震と津波、そして原子力発電所の事故という前代未聞の惨劇に見舞われた。どこへ向かうべきか、どう社会を再構築すべきか、日本はいま熟考の時期にある。ドラッカーが常に大切にしていたのは『健全な社会』の構築だ。そのために効果的で責任を果たす組織が必要だと説いた。また『一人ひとりが公の善のために具体的に行動することが世の中を変える』と世界中に伝えてきた。今、センターを作るなら、日本をおいて他に適した国は考えられない」

 

「まさに時機が到来したといえる。ドラッカーは6年前に亡くなったが、日本にはドラッカーを学ぶ社会的なニーズがある。ドラッカーブームで著作や関連本が読まれているのはうれしい状況だ。日本側に興味があるならば、我々は彼が提唱してきた価値を提供する用意がある。大事なのは我々が日本の人々の役に立てるかどうかだ。答えがイエスなら、実行する好機だといえる」

 

――ドラッカー氏が健在だったら、日本の政府や東京電力/async/async.do/ae=P_LK_ILCORP;bg=0002021;dv=pc;sv=NXのマネジメントをどう評価したでしょうか。

 「(政府や東電に)批判があるのは承知している。だが、ドラッカーがもしこの場にいたら『どんな学びが得られるかを真剣に考えるべきだ』と言うだろう。批判ではなく事態を改善していくことが大事だ。そして(事態が悪いなかでも)良い事例に目を向けただろう」

 「政府は別として市民レベルや民間企業では素晴らしい対応が見られた。ドラッカー研の理事である飯島延浩・山崎製パン/async/async.do/ae=P_LK_ILCORP;bg=0000227;dv=pc;sv=NX社長と話をしたが、同社の震災対応には目を見張るものがある。物流網を駆使し、被災地に大量の物資を迅速に提供した。マネジメントが機能した好例といえる」

 ――日本人の“強み”とは何ですか。

 「1959年に初来日した時、ドラッカーが心に深く刻んだことがある。それは日本人の精神力の強さだ。敗戦後の悲惨な状況にもかかわらず、日本人は 『自分が社会に貢献する』という意欲にあふれていた。そのことにドラッカーは感動し、こう予言した。日本は立ち上がり世界有数の経済大国になる、と」

 「日本の金融制度や経済政策を研究した結果としてドラッカーがそう確信したのではない。市井の人々の態度こそが根拠だった。1990年代の『失われた10年』についていえば、ドラッカーは日本人がかつての精神を取り戻すべきだと考えていた。今回の恐ろしい災害は、日本人が精神の力を再発見する好機だ。悲惨な状況から何らかの良い結果を生みだすことが必要だ」

 

 ――「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)は読みましたか。

 「正直に言って、ドラッカーは『もしドラ』を気に入ったに違いない。もしドラは1つのイノベーションだ。マネジメントという言葉を聞いたことがない読者に、道具としてのマネジメントの考え方を提供した」

 「野球のマネジャーがテーマなのもいい。ドラッカーはテレビを持たないことで知られていたが、野球が大好きで、ワールドシリーズの1週間だけはテレビをレンタルして野球をみていたんですよ」

 

特に、“日本の強み”というところが、印象深かった。 それだけに、政治の混乱が腹立たしい。

以上です。

社員への手紙 その45

2011年6月21日 08:00
            

 今週は、平成17年6月30日に書いた、7月度の手紙です。

 

拝啓

毎日暑い日が続きます。連日30℃を超す猛暑です。梅雨であることを忘れてしまうほど、雨が降りません。厚さ対策をしっかり行ってください。適度な休憩や十分な水分補給を心がけて、各自が自身の健康管理をしてください。

ところで、6月は労働災害が2件発生しました。特に腰痛に関しては、我が社に潜む問題として懸念しています。仕事柄重量物を扱う事が多い事、また高齢化が進んでいる事など、腰痛が発症しやすい労働環境にあります。今後特に注意する必要があります。仕事を行う際の作業手順の考慮も大事ですが、日頃から体の手入れを行い、みずからが体調管理を行うことも大事です。各自、腰痛予防に取り組んでください。

 

今、旧延岡職業訓練校で2日間にわたり、職長教育が行われています。当社からも3名が受講しています。これまでにも多くの職長・班長が受講してきた講習です。職場の管理者として、現場のリーダーとして果たすべき役割、具体的な改善の進め方などを、わかり易く、テキストにそって教えてくれます。 

特に、作業手順の定め方と作業方法の改善方法については演習も交えながら進めますので、具体的に学べます。こういう研修・講習に参加する際に大事な事は勉強した事をその場だけで終わらせず、自社にあわせ毎日の業務に何らかの形で生かしていくことです。

我が社は事情が違うとか、そこまでできる体制ができてないとか、言う人がいますが、その人は想像力が不足しています。異質のものを取り込み、継続的に改善をしていかなくては会社の発展はありません。類推して考え、自社にあわせたやり方を見つけ出す事が大事です。この研修でならう管理者としての必要な態度・能力、課題解決の方法などは、製造現場だけでなくあらゆる職種で使えます。良い部分を取り入れていく事が必要です。

 

問題の無い会社はありません。大事な事は、問題をはっきり認識し、みんなが当事者意識をもって、自部門の課題として正面から向き合い、取り組んでいく事です。今年に入り、新しい仲間も増えて、営業・製造共に良いチームワークができ、まとまりが出てきました。さらにコミュニケーションを良くして、各種会議で自部門の課題と改善策を徹底して話し合ってもらいたいと思います。会社の業績を良くする為には、“売上を最大に、経費を最小に”するしかありません。そのためにそれぞれの会議で、日常の業務をどう進めていけばよいのかを考え、実行していくことです。日々改善していくべき問題点、チャレンジしていくべき課題について話し合い、計画をして、改善につなげていく事です。PDCA(計画・実行・検証・改善)のサイクルの実行です。

 

そして、会社をこうしたい、自分たちはこうなりたい、という建設的な議論をしていきましょう。自部門や自分が何をするべきかを考え、前向きな提案をしていきましょう。野球にしても、サッカーにしても強いチームは、負けた理由を、そのときの条件の悪さや仲間のせいにはせず、個人個人の役割とチームとしての連携がどうだったかということについてを謙虚に受け止めます。

前をみて、一歩一歩進んでいきましょう!

今月も無事故、無災害で、ご安全に!!

敬具  

夢をかなえる方法

2011年6月20日 07:00
            

  昨日は、増田真一さんのセミナーに参加をしてきました。

 

増田さん、さすがです。 増田さんワールドに引き込まれ、あっという間の4時間でした。

 とってもよく人間の心理をつかんでいて、“なるほど~”、“なっとく!”の連続です。

セミナーのなかで、増田さんがお話しされたことを、メモっておきましたので、紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

答えは1人1人の中になる。

最高の質問があれば、最高の答えが出てくる。

 

一人で夢をかなえた人はいない。 ラ・ポール(信頼関係)を築く事が大事。

ポジションチェンジ、立場を入れ替えて、相手の立場で物を考えてみよう。

 

夢をかなえるためには、強みを磨く事が大事。 お金ではなく、物々交換

 

コーチングとは、馬車を目的地につれていくこと。

 どのルートで、誰と、どのくらいの時間をかけて、を具体的に描く手伝いをすること。

 

汚れていないところをピカピカにする事は、心を磨くことにつながる。 

 素直になると、人のアドバイスが全部心の中に入る。 

 

個性(欠点)を発見したら、才能が見えてくる。

 欠点がある。だからこそ、素敵なことって何ですか?

 

求めれば、与えられる。

 

過去ではなく、未来志向で考える。 過去よりも未来の情報をふやす。

 何で?の問いには、過去の事ばかり出てくる。 思考が停止する。

 未来志向の質問をしよう! ・原因は何? ・何が邪魔している?

  ・どうしたらいいと思う? ・そうするためには ・何が必要? ・いつからやる?

 

ありありと描いた夢は、実現する。

魔法の杖を持っていたら、どんな人生を送りたいですか?

  イメージする事が魔法の杖。

 

マスターが教えてくれた3つの言葉

 なるほど、わかります。すごいですね。

  

人生は、発した言葉と聞いた言葉で作られる。

  言葉は、言っている自分が一番聞いている。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 10月に宮崎で、増田さんの“みやざき・きづき塾”を開催する予定です。 宮崎でもたくさんのメンターが育ち、お互いの夢を応援し合う仲間が増えるように、という思いを込めて。

以上です。

自分史(その36)

2011年6月19日 08:30
            

 

 私の宇部興産での最後の仕事は、インドネシアのセメントプラントの据付・試運転です。
 インドネシアのセメントプラントに、当時世界最大級の原料ミルが据え付けられました。 その原料セクションの担当として、インドネシア・カリマンタン島に行くことになりました。
 
 実は、その時会社を辞める意向を上司に伝えていました。 父から、鉄工所の仕事を手伝って欲しいと言われ、宮崎に帰る意志を固めていました。 しかし、このインドネシアのプラントがコミッショニングに差し掛かり、人が足りず、これまでの実績を買われて(?)、現地赴任の要請があり、半年間行くことになりました。 これまで、会社にいろいろとお世話になってきましたので、最後のご奉公(??)のつもりで、最後の仕事として現地に出張しました。
 
 セメントプラントが建設されるのは、これから発展をしていこうという途上国の、しかもインフラ整備から行わなくてはいけないかなりの田舎で行われる事がほとんどです。 住む場所を作るところから始まります。
 
 インドネシアのプラントは、カリマンタン島のジャングルの中に建設されました。 飛行機でジャカルタに入り、それからバリクパパンに入ります。 車で6時間走り、やっと現れるのが、建設現場とキャンプ、そして、その人たちのためにできた即席の小さな町。
 
山から石灰石を切り出し、破砕し、原料を調合し、焼成し、粉にし、袋詰めにし、港から出荷するところまで完結したプラントの建設です。 ジャングルを切り拓くところから始まったと思います。 途中オオトカゲと事故に合いそうになったという話もあったくらいです。
 
 工事完成から、試運転期間までは、トラブルの連続です。 モーター単独、無負荷試運転、連動運転、負荷運転、保証運転、ステージが進むごとに、想定していなかった事が数々起こります。 そのたびに一つ一つ解決をして、プラント全体がスムーズに流れ、連続して生産がおこなわれるところまで持っていくのですから、並大抵ではありません。
 
 日本から遠く離れた現地での工事ですから、足りない部品を送ってもらうのにも数週間かかる場合もあります。 お客様・コンサルは、外国人ですから、意志の疎通も簡単にはいきません。 様々な問題・課題を抱えプロジェクトは進んで行きます。 しかし、そこに大きな学びと成長の種がある事は間違いないと言えます。

本日はここまで。

幸せの経済学上映会

2011年6月18日 18:00
            

 

 本日は、我が社で「幸せの経済学」という映画の上映会を行いました。
 私がこの映画を見るのは、今回で2回目ですが、とっても考えさせられることや気づきの多く得られる映画です。
 私たちが物質的な豊かさを追い求めて、経済の効率化を進めているうちに、とっても無駄の多い社会を作ってきたのではないか? 地球環境に悪い、持続不可能な仕組を作ってきてしまったのではないか? ということに改めて思いを至らせてくれる映画です。
 
 5月22日、国際生物多様性デーの日に、全国113カ所で自主上映会が開かれました。 福岡で行われた上映会に参加しました。 そして、地産地消の野菜作りをしようと考えて続けている“ひむか野菜光房”の仲間と一緒に見たいと思い、自主上映を申し込みました。 
 
 ここ数十年間、日本人は死生観や生き方について会えて考えずに過ごしてきたような気がします。 とにかく、経済最優先の仕組の中で労働を切り売りしてきたのかもしれません。 一生懸命働く事は悪い事ではありません。 むしろ、“働く事”が人の成長のためには、もっともよい修行の場だと思っています。 
しかし、働く事の意味や働き方、姿勢を重視せずに、金を稼ぐために、どういう働き方をしてもよいというのは違うのではないかと思います。 “時間単価”という事を言い始めてから、おかしくなったような気がします。 いつからか、すべての事をお金に置き換えて考えるようになりました。 仕事の質や中身ではなく、働いた時間と金を等価と考え始めてから、仕事に臨む姿勢が変わってきたような気がします。
 
 今、右肩上がりの経済成長(GDP増加)、グローバル化、大量生産・大量消費の流れの中で、少し立ち止まって、本当の豊かさ、幸せ、成長とは何かについて、考えるべき時に来ていると思います。
 
 Grobalization ではなく、Localization。 中央集権ではなく、地方分散型。 そして、持続可能な社会を築いていく、今大きなチャンスを迎えているのではないでしょうか。
 
以上です。
 

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年6月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所