先日、NHK宮崎放送局さんが我が社に取材にきました。
 
東日本大震災の後に、企業の災害対策への取り組みの取材しているようです。
電話で“会社で何か対策を取られましたか?” という記者の方の問いに、“サーバーを別棟の2Fに退避させました。” という答えをしたところ、対策を取っている企業はあまりなかったようで、我が社の災害対策に関する取り組みを取材したいとのお申し出がありました。
宮崎県も東北地方と同じように、もし太平洋沿岸で地震が起こったら、大きな津波が来る事は、避けられません。 東日本大震災を教訓にして、企業もなにか対策を取っているはずだから、それをニュースで紹介しようということのようです。 しかし、実際には、なんらかの対策をした企業は非常に少なかったようで、それで、浮かび上がったのが我が社だったわけで・・・。 
災害対策として何をしたのか? これからどうしようとしているのか? という事をいろいろと聞かれました。
 
実は我が社も、それほど多くの事ができているというわけではありません。 これから、対策を考えていこうと準備をしている段階でした。 それをそのままお話をし、災害対策のための行動計画をつくる、キックオフ会議をしているところを取材してもらいました。
 
先日、非電化フォーラムに参加した時に、以前から知っているBCPの専門家とたまたま会うこととなり、BCPの講演についてお願いした事もきっかけとなり、BCPを策定することにしました。 BCPとは、“事業継続計画”と訳され、災害や事故などの予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続、ないし目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画の事です。
 
以前、世界的に新型インフルエンザが流行した時も、従業員の大半が1ヶ月もの間、出社できなくなり、営業が継続できなくなった時にどう対処するのか? ということを考えておかなくてはいけないと思い、BCPの策定を検討しましたが、先送りになっていました。
今回の震災をきっかけに改めて、“事業継続計画”を作る必要性を感じていた時でしたので、良いタイミングでした。
 
本日、6月17日(金)の18:10からのNHK宮崎放送のニュースWAVEという番組で紹介されるとの事です。
以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/697

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年6月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所