昨日は、あこがれ先生プロジェクトの第2回実行委員会が

 

大王谷学園校長室で行われました。

 

学校の先生と企業経営者とが一緒になって、動き出しました。

 

みなさん、教育ということに熱い思いを持っています。

 

また、PTAや教育委員会、家庭教育も含め、色々な立場での問題意識を持っています。

 

 

そうした中で、地域全体で、学校を応援し、教育を共に考えていこうと

 

考える方々が集まっています。

 

 

そのなかで、話題となるのが、やらされ感や義務感ではなく、

 

みんなが進んで参加し、感動を持ち帰れるようなプロジェクトにするには、

 

どうすればいいのだろうか? という事です。

 

 

実行委員の思いをどう伝えていくのか、共感者をどう増やしていくのか?

 

これからの課題です。

 

 

あくまでも先生方が主役ですが、教育を先生だけに押し付けるのではなく

 

励まし合い、支え合って、一緒に作っていきたいと思います。

 

以上です。

ひまわり工業会の活動

2011年8月11日 09:00
            

昨日は、ひまわり工業会の例会日でした。

 

 

今回から、例会の前に、安全及び3Sパトロールを行うことになりました。

 

日頃行っている自社だけのパトロールと比べて、数倍の項目が指摘されました。

 

多くの目で見る事の大切さを改めて感じました。

 

 

さて、その後に、例会を行い、今後の行事予定について話し合いました。

 

そこでの決定事項、「ひまわりのモニュメントを作ろう」です。

 

これから、色々な展示会に出展する際に、アピールできるものが欲しい

 

ということから提案されました。

 

 

どんな、ひまわりができるのか、乞うご期待です。

 

以上です。

 

 

 

6次産業化について

2011年8月10日 08:00
            

昨日は、ひむか野菜光房の6次産業化について

 

メンバー3名が集まって話をしました。

 

「野菜工場研究会」改め「ひむか野菜光房」

 

発足当初から、熱い思いを語り合い、活動をしてきましたが、

 

事業としてスタートするには到っておらず、さまざまな課題を目の前に、

 

足踏みをしている状態です。

 

 

その間に、さまざまな情報がはいり、それぞれの思いも幅がひろがり

 

そのつど、思いを語り合う必要性を感じています。

 

今回、6次産業化へのアプローチをきっかけにし、再度原点に帰り

 

顔を合わせ話し合う機会を増やしたいと思いました。

 

以上です。

            

昨日は、日向市の中小企業振興計画に基づいた、

 

日向市中小企業振興 事業推進会議が行われました。

 

 

いろいろな企業・機関・団体の方々が集まって、

 

事業の推進状況について報告をし、意見を出し合いました。

 

 

その中で、「東日本大震災後のモノづくりと私たち」と題して、

 

宮崎産業経営大学の眞嶋先生の講義がありました。

 

 

経営を取り巻く状況の分析があった後に、

 

震災後の私達日本人の気持ちの変化、

 

パラダイムの変化についての話がありました。

 

 

気持ちの変化については、

 

 地縁血縁の崩壊、無縁社会、個衆 → 絆、思いやり、地域社会の構築

 

パラダイムシフトについては、

 

 個人から家族へ、脳から身体へ、理性から感情へ、国内から海外へ

 

 

いずれにしても、地域とともに世界を意識しなくてはいけない事には

 

間違いないようです。

 

 

以上です。

 

 

社員教育研究所

2011年8月 8日 12:00
            

社員教育研究所の講師の方とセミナーの打合せを行いました。

 

10月からの新しい期の始まりと経営方針の策定に合わせて、

 

管理職向けにセミナーを行う予定にしています。

 

 

その内容についての意見や思いを電話で交流しました。

 

講師の方は、大変良く我が社の事について調査をされていました。

 

さすがに多くの会社を見てこられただけあって、会社の抱えている問題点

 

解決すべき課題について、大方想定しているようでした。

 

 

本来は、私に指導力・人間力があれば、独自に解決できる問題が

 

大半かもしれません。

 

会社の問題点の原因の大半はやはり経営者にあると思います。

 

そこが大きなジレンマではありますが、社員とともに学び成長するために!

 

と考えて、お話をして頂くつもりです。

 

 

原理原則を理解し、基本をしっかりまもり、当たり前のことを実行できる会社になるために

 

まず、私から、そして、幹部・管理職が率先して、実行していく社風をつくるために

 

一緒に学んでいきたいと思います。

 

 

以上です。

 

 

 

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年8月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所