死生観

2011年9月11日 19:39
            

生きるということと、死ぬということ。

 

昔のお侍さんは、いかによく死ぬかということを考えた。

 

いつも死と隣合わせだったからか?

 

それは、いかに良く生きるかということにつながる。

 

 

最近、いかに良く生きるか? という事を意識せざるをえない。

 

 

過ぎ去った時間は、取り戻す事ができない、ということを、

 

取り返しがつかなくなって、初めて気付く。

 

 

もっと一緒にいればよかった、もっと話をすればよかった・・・。

 

 

母がいう、人生なんて一瞬だよ。 気付いたらこの年だよ。

 

 

自分は、生きたあかしとして、何が残せるのか?

 

 

父、母の生き様から、多くの事を教わっている。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/823

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2011年9月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所