昨日は、金融機関の勉強会で、



致知出版社の藤尾社長のお話を聴く機会があった。



全社員に聴いてほしかった・・・・・。 



 

相撲は、負けても優勝する事があるが、


企業経営は、一敗もできない。


経営が発展する要素には3つあると言われた。


 ① 経営能力  ② 使命感  ③ 人間性


 NO.1とNO.2の呼吸がぴったりと合っていない企業は発展しない。


訓練をしてからでないと、教育は出来ない、ともおっしゃっていた。



また、とても情熱をもって、日本の未来、日本の教育について語られた。



大事にしたい考え方や "ことば" を多く教えて頂いた。


私たちは、もっと、多くの"ことば" を、


子供たちに語っていかなくてはいけないのではないかと


改めて考えさせられた。

 

 

30年間、編集長として多くの人を見続け、発見した


「成功する人の法則」は、たった一つだとおっしゃっていた。


それは、


「与えられた縁に価値を見出す人、


そして、一旦見い出した価値を徹底して守り抜く人 」



日本は、国としては2672年続き、


200年以上続く企業の数でも飛びぬけて世界一、


という素晴らしい国だとおっしゃっていた。


海に囲まれた小さな島国が、さまざまな試練を経ながら、


高い民度と文化を備え、今日まで発展してきたのはなぜだろうか?

 


その理由は次の二つであると言われた。

 

  目に見えないものを畏敬する心を持っている。


   尊崇の念は、自らを律し、慎む心を育む。


  遠き慮りの心を持ち続けた。


   あとから来る者のために


   田畑を耕し 種を用意しておくのだ


   後から続いてくる子供達のために、


   みなそれぞれ自分にできる なにかをしてゆくのだ


                 《坂村真民》

 

人は一生のうち、出会うべき人に必ず出会える。


しかも一瞬遅すぎず、一瞬早すぎず。


内に求める心なくんば、ついにその縁は生じざるべし


                 《森 信三》

 

教育とは、人の心に人つける事。


 しかし、自ら燃える人しか、


  人の心に火をつけられない。

 



どれも魂に響く言葉ばかりだった。

 

 



いまだ、社員の心に届く、言葉を発する事ができない。



人の心に火をつけられる人間になるための修行は続く。





講演会へのお誘い

2012年4月17日 10:00
            

自己啓発の方法は様々だ。

人と会う、本を読む、講演会に参加する、研修を受ける、資格・試験に挑戦をする、などなど。

人の脳は、無限の容量があると言われている。 

だから、学べば学ぶほど、いくらでも吸収できる。


しかし、大事な事は、それを何のために使うか、ということだ。


そして、それも、多くの人と出逢い、多くの価値観や考え方と出逢い、

学ばなければ、そのことにも気付かない事が多い。


昨日は、日向市内の中学校のPTA総会に参加をし、

講演会の告知をしてきた。


いつも話題になることがある。


講演会やPTA総会に足を運ぶ方は、とても意識の高い方が多い。


しかし、どちらかというと、そうでない方々に足を運んで頂いて、

一緒に考え、一緒に動いてほしいのだが・・・。

いつも、このジレンマに陥ってしまう。


参加する人々が楽しい場を作り、興味の無かった人も参加をするうちに

自然と意識が変わっていた、というのが、ベストだろう。


まずは、理由はともあれ、参加をして頂くことだ。


あこがれ先生プロジェクトまで、あと4日、できる限り、呼びかけて行こう。


            

昨日は、熊本出身のメンタルコーチ 増田真一さんの

「非常識にコーチング」出版記念、トークライブに参加をしてきた。

彼は、とても笑顔が素敵で、だれもが心を許してしまうコーチだ。

の経歴も面白い。 



自分の半生を振り返りながら、そこから学んだことを笑いに包みながら伝えていく。

まさにドリームプランプレゼンテーションで、会場を感動と共感に巻き込む

プレゼンテーションと、多くの要素が一致している。

周りの人をやる気にする「歓迎力」や、幸運を引き寄せる


「ラ」の音のなど、とてもわかりやすく、本質を伝える。

 

そして、彼は、1000人のメンターを育てたいと


いう夢も語っている。

 

なぜ、夢を語ることが大事なのか?


彼はこう説明する。


夢を持つとベクトルが自分から家族・仲間・社会に向くようになってくる。


そうすると、潜在意識が働きはじめ、内面からやる気が出てくる。


そして、自然とアンテナが立ち、必要な情報が入ってくる。


 

周りの人をやる気にする人の周りには、人や情報が集まってくる。


同じ志を持った者は、お互いに惹きつけ合う。

 

最近、特に企業や業界の敷居を越えて、


思いや志でつながっていく人が増えて来ているように感じる。 


金融資本主義や大企業中心の仕組みが大きく変わろうとしている今は、


明治維新に匹敵する大きな変化が起ころうとしているとも言われる。 



地域を越えて、もっと大局的に、長期的に、本質的に


ものを見る目を養う必要がありそうだ。



1週間が早い

2012年4月15日 22:00
             あっという間に、1週間が過ぎていく。

毎日ブログの事が気になりつつ、更新できずにいた。

気がつくと、火曜日にブログを更新してから、今日まで更新していない。


いろいろな出来事があり、その時々で思った事を綴っていきたいのだが


いつの間にか、一日が飛ぶように過ぎてしまっている。


朝、出社してから、神棚の水替え、トイレ掃除ほか、

始業時間までに出来る限りの事務処理も済ませる。

社内の打合せや、社外での会議に参加をしていると

あっという間に、夕方がくる。


夜はまた、会議や会合があって、遅く家に帰ると

ブログの事はすっかり忘れている。

てな調子だ。

ま、いいか。 あまり几帳面に考えないことにする。


1週間のトピックだけ振り返ってみる。


11日水曜日は、友人が自転車の旅にでた。

 嵐の中の旅立ちだ。 ネタ満載の予感。

 この日は、宮崎大学や、宮崎県庁で打合せ。

  新しい事業を始めるための種まき。

11日と13日の夜は、ドリプラの説明会。
 
 コーチの古賀さんと参加者に向けて、ドリプラについて熱く語った。


12日は、大王谷学園の入学式

 自分の子供の入学式は参加しないのに、

 学校評議員のお仕事で、初参加。

 午後から、工業会県北地区部会の運営についての会議。

 夜は、同受注グループの交流会を行った。

 日頃は、会員だけの交流だけだが、

 この日は、お互いの会社の社員同士の交流を企画した。


13日は、経営審査事項の面談

 とっても細かい。 すべての数字の裏付けを求められる。

 管理のための管理になっていないか? わが身を振り返る。


14日は、産業医の先生による健康面談

 週に3回、30分の運動をするように言われた。

 う~ん、なんとか生み出さなくては!


以上、今週の動きダイジェスト・・・。
 


思考に気をつけなさい

2012年4月10日 10:00
             情報が氾濫している。

一部のマスメディアでは、偏った情報も発信されているようだ。

それに反して、インターネットの世界では、

有象無象の情報が飛び交っている。


自分の軸をしっかり持ち、アンテナを高く掲げていさえすれば、

多くの有益な情報を手に入れる事ができる素晴らしい時代だと思う。


なかでも、素晴らしい言葉に出逢う確率も高くなった。



先日は、フェイスブックでマザーテレサの言葉をシェアした。

とても大事で、大切にしたい言葉なので、この場でも共有したい。


思考に気をつけなさい、 それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

<マザーテレサ>


思考は現実化する、という事は、こういうことなんだろうと思う。

私自身も、私の囲の方々にも、よりよい考え方に触れる環境を作っていきたい。



プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2012年4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所