昨日は、金融機関の勉強会で、



致知出版社の藤尾社長のお話を聴く機会があった。



全社員に聴いてほしかった・・・・・。 



 

相撲は、負けても優勝する事があるが、


企業経営は、一敗もできない。


経営が発展する要素には3つあると言われた。


 ① 経営能力  ② 使命感  ③ 人間性


 NO.1とNO.2の呼吸がぴったりと合っていない企業は発展しない。


訓練をしてからでないと、教育は出来ない、ともおっしゃっていた。



また、とても情熱をもって、日本の未来、日本の教育について語られた。



大事にしたい考え方や "ことば" を多く教えて頂いた。


私たちは、もっと、多くの"ことば" を、


子供たちに語っていかなくてはいけないのではないかと


改めて考えさせられた。

 

 

30年間、編集長として多くの人を見続け、発見した


「成功する人の法則」は、たった一つだとおっしゃっていた。


それは、


「与えられた縁に価値を見出す人、


そして、一旦見い出した価値を徹底して守り抜く人 」



日本は、国としては2672年続き、


200年以上続く企業の数でも飛びぬけて世界一、


という素晴らしい国だとおっしゃっていた。


海に囲まれた小さな島国が、さまざまな試練を経ながら、


高い民度と文化を備え、今日まで発展してきたのはなぜだろうか?

 


その理由は次の二つであると言われた。

 

  目に見えないものを畏敬する心を持っている。


   尊崇の念は、自らを律し、慎む心を育む。


  遠き慮りの心を持ち続けた。


   あとから来る者のために


   田畑を耕し 種を用意しておくのだ


   後から続いてくる子供達のために、


   みなそれぞれ自分にできる なにかをしてゆくのだ


                 《坂村真民》

 

人は一生のうち、出会うべき人に必ず出会える。


しかも一瞬遅すぎず、一瞬早すぎず。


内に求める心なくんば、ついにその縁は生じざるべし


                 《森 信三》

 

教育とは、人の心に人つける事。


 しかし、自ら燃える人しか、


  人の心に火をつけられない。

 



どれも魂に響く言葉ばかりだった。

 

 



いまだ、社員の心に届く、言葉を発する事ができない。



人の心に火をつけられる人間になるための修行は続く。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1037

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2012年4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所