27日に、20:00にバスで東京を出発して以来、

3日間、被災地を回り、多くの方々と出逢い、

現地の方々のお話を聴き、自分のできる事を考え、

なにか作りだせる仕事はないか、ということを考えてきた。


そもそも、このツアーに参加した理由は二つ。

まずは、被災地の現状をしっかり見て、

今、これから、どういう支援や仕事づくりが必要となるのかを

考える機会にしたい!という事。


もうひとつが、福島さんの考え方にふれ、ドリプラに関わる方々と

交流し、ドリプラのイメージングをより鮮明にする事。


両方とも、とても密度の濃い、活動ができた。

こんなに、刺激的で、濃密な時間の過ごし方ができたことに

感謝している。


昨日は、昨年のドリプラの感動大賞、塩釜市の三浦勝治さんに

拉致(?)され、ツアーの皆さんと離れ、別行動を行った。


三浦さんが計画する、海苔生産工場のラインを見積もるために

工場を視察するためだ。


三浦さんと話をしながら車を走らせること、約1時間。

工場到着、なんと、ゴールデンウイークのため、工場は休み、

カギもなく、中に立ちいる事は出来ず、入口で引き返すことに。


「これは、何のチャンス?」


三浦さんと松島や石巻の被災の状況を見たり、

ドリームプランプレゼンテーションでの体験秘話を

伺ったりした時間、これだけでも十分価値があった。


しかし、それ以上に、驚いたのは・・・、


三浦さんご自身から、「宮崎ドリプラを応援するよ!」

と言って頂いた事。

えっ? 引き寄せてる!


今回、バスツアーの初めに福井の八木さんの隣に座り

ドリプラについて、お話を聴けた事、 水野勇気さんのプレゼンを聴けた事、

三浦さんから応援するよって頂けた事、

すべてのことが、みやざきドリプラの実行に向けて、

かみ合い始めているように感じる。



起業家スクールでの学びも大きい、

ビジネスチャンス創造も、可能性にあふれている。



すごいバスツアーだ。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1057

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2012年4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所