新年の挨拶廻り

2013年1月10日 08:00
            

 

昨日から、関東近辺のお客様への新年のご挨拶まわりをしている。

茨城、東京、神奈川など、5社の訪問を予定している。

 

お客様の本社を訪問する事は、年に1~2回しかない機会。

とても楽しく、訪問をさせて頂いている。

 

お客様の業界がどういう状況にあるのか?

今年一年の見通しをどう考えているのか?

そして、どういう戦略を持っているのか?

とても興味深い。

 

そして、さらに仕事を通して達成したい個人的な夢の話もする。

もっとも楽しい時間だ。 

なんの制限もなく、自分の感性や思いのまま、イメージを膨らませる。

大きな夢に向かい、互いの立場を越えて、ともに動く瞬間を想像する事は

ワクワクする瞬間だ。 お客様とこういう時間を持てる事がとても楽しい。

 

今日も楽しんできます。

課題図書、推薦図書

2013年1月 6日 07:49
            

 

昨日は、中小企業家同友会の理事会と信念会でした。

 

理事会で熱い議論を行ったあと、場所を移し、新年会を行いました。

それぞれの近況と抱負を話し合いました。

 

雑談の中で、本を読むことの大切さについての話しがでました。

社員さんや地域の人達に向けて、

私たち企業が本を読む事の楽しさや喜びを伝えていくことの

大切さと改めて考えました。

 

書店の社長さんに推薦図書についての発信をお願いをしました。

 

私たちがつくっている次世代リーダー育成塾「こころざし」の課題図書についても

ここでご紹介をします。

 

平成20年5月 ◆資本開国論 ダイヤモンド社 野口 悠紀雄
平成20年5月 ◆すごい製造業 朝日新書 中沢 孝夫
平成20年6月 ◆インドの衝撃 NHKスペシャル取材班  
平成20年7月 ◆日本のもの造り哲学 日本経済新聞社 藤本 隆宏
平成20年8月 ◆"環境問題のウソ"のウソ 楽工社 山本 弘著
平成20年8月 ◆環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 洋泉社 武田 邦彦
平成20年9月 ◆現場主義の人材育成法 ちくま新書 関 満博
平成20年10月 ◆武士道 岩波文庫 新渡戸 稲造
平成20年11月 ◆創造都市への挑戦 岩波書店 佐々木 雅幸
平成20年11月 ◆日本のモノづくり52の論点 日本プラントメンテナンス協会  
平成20年12月 ◆夕張への手紙 日経BP ナタリア・ロシナ
平成21年1月 ◆強欲資本主義 ウォール街の自爆 文春新書 神谷 秀樹
平成21年2月 ◆新平等社会 文芸春秋 山田 昌宏
平成21年4月 ◆「日本の経営」を創る 日本経済新聞社 三枝匡×伊丹敬之
平成21年5月 ◆ウェブ進化論 ちくま書房 梅田 望夫
平成21年7月 ◆農業が日本を救う PHP研究所 財部 誠一
平成21年8月 ◆中小都市のB級グルメ戦略 新評論 関満博、古川一郎
平成21年9月 ◆ガラパゴス化する日本の製造業 東洋経済新報社 宮崎 智彦
平成21年11月 ◆成功は一日で捨て去れ 新潮社 柳井 正
平成21年12月 ◆医療崩壊か再生か NHK出版 小川 道雄
平成22年2月 ◆始めませんか「弁当の日」 自然食通信社 鎌田實×竹下和男
平成22年5月 ◆世界を知る力 PHP新書 寺島実朗
平成22年7月 ◆グーグル秘録 ~完全なる破壊~ 文芸春秋 ケン・オーレッタ
平成22年8月 ◆生物と無生物のあいだ 講談社現代新書 福岡伸一
平成22年10月 ◆ビジョナリーカンパニー3 衰退の5段階 日経BP社 ジェームズ・Cコリンズ
平成22年12月 ◆坂の上の雲 文芸春秋 司馬 遼太郎
平成23年4月 ◆※自由選定図書    
平成23年5月 ◆図解で身につく!ドラッガーの理論 中経出版 久恒 啓一
平成23年6月 ◆2分以内で仕事は決断しなさい かんき出版 吉越 浩一郎
平成23年7月 ◆先送りできない日本 角川書店 池上 彰
平成23年7月 ◆日本復興計画 文藝春秋 大前 研一
平成23年8月 ◆ダントツ経営 日本経済新聞出版社 坂根 正弘
平成23年10月 ◆平成24年度経済白書 内閣府  
平成24年1月 ◆日本経済今度こそオオカミはやってくる PHP研究所 竹中平蔵×冨山和彦
平成24年2月 ◆日本人が知らない 世界と日本の見方 PHP研究所 中西輝政

 

 

平成25年年頭所感

2013年1月 5日 07:00
            

平成25年が始まりました。

旧年中は、多くの皆様に大変お世話になりました。
社内外通しての様々な取り組みに、ご協力を頂きました。
改めて、深く感謝致します。
本年も、よろしくお願いいたします。

昨年末には、ドリームプランプレゼンテーションを日向市で開催しました。
7名のかたが、半年間をかけてプレゼンテーションをつくり、
皆さんの前で発表しました。

政治とか経済とか、外部環境が良くない事を口にする方が多い中、
自分の与えられた役割、自分だからできる社会への価値の提供、
について、真摯に向き合い、人生の目的を見つけて行きました。

出来る出来ない、儲ける儲けない、ではなく、
やりたいのかどうか、自分の存在価値と照らし合わせてやるべきかどうか、
そういう基準で行動を起こす方々が、ドリプラを通して生まれ始めています。

夢は出来る限り大きい方がいいと思っています。
夢が大きいとどうなるか。
大きな夢には、大きな課題(困難)が与えられます。
大きな課題に直面すると、自分が大きく成長できます。
自分が成長すると、多くの方に何かを提供できる自分になります。
多くの方の役に立つと、自分の役割が増え、さらに大きな課題が与えられます。
大きな困難に直面すると、ワクワクします。
自分が学ぶチャンス、成長するチャンスだから。

福島正伸さんが言っています。
「困難君の後ろには、感動君が隠れている。」
「小さな困難君の後ろには、小さな感動君が、大きな困難君の後ろには、大きな感動君が」

ことしも、大きな困難君が現れる事を楽しみながら、
挑戦し続けたいと思います。

どういう方と出逢えるのか、どういう困難に出会えるのか
とっても楽しみな年明けです。

本年もよろしくお願いいたします。

平成24年の記録

2013年1月 3日 07:00
            

平成24年も多くの皆様のご支援のおかげで、社内外のたくさんの行事を
行うことができました。

以下、活動の記録を残します。

社外・地域活動他
  1月 9日      裸参り
  2月14日      中村典義氏講演会
  2月19日、20日 倫理法人会富士研修
  2月22日      中小企業家同友会経営フォーラム
  2月28日      キーパーソン@産学官連携in宮崎
  3月 3日      五日市剛氏講演会
  3月10日      アニキ速読セミナー
  3月8、9日     同友会全国研究集会in郡山
  4月21日      あこがれ先生プロジェクトin日向
  4月27日~5月1日 東北ビジネス創造バスキャラバン
  5月3日~7日   朝倉千恵子氏営業力強化セミナー
  6月8日       算命学 スキルリーディングセミナー
  6月16日      いのちのまつり(草場一壽氏他)
  7月12、13日   同友会第44回定時総会in岐阜
  8月 4日      しもやんワンデーセミナー
  8月20日      ものづくり人材育成塾(植松努氏基調講演)
  9月19日      メンタリングマネージメント研修(福島正伸氏)
 10月4、5日     同友会青年経営者交流会in島根
 11月15、16日   同友会人を生かす経営全国交流会
 11月21日      岩手同友会研究集会参加
 12月22日      ドリームプランプレゼンテーションin日向 

社内・ネットワーク活動他
 社内木鶏会開始
 ISOサーベイランス(審査合格)
 BCP作成、災害対策
 鹿児島銀行環境格付け認定(S"先進的"判定)
 社用車リースバック契約開始
 山田製作所へ派遣(3S研修)
 新入社員2名入社
 ブラザーシスター制度2年目
 委員会活動再稼働(改善提案、5S、リスクアセスメント、安全環境衛生)
 管理者研修・入社員研修、中堅社員研修(こころの研修)
 職業能力開発体系への取り組み開始
 ビジョンDVD制作
 ビジョナリー経営創造研修への参加
 2014リクルート活動開始
 トップリーダー研修受け入れ(5月25~7月6日)
 社会体験研修受け入れ(8月8日)
 出前授業(平岩小中学校)
 新規案件
  石炭輸送船
  ヘリオスタット製作・据付(8月6日、完成式典)
  ブルーベリー葉風選機製作・据付
 ひまわり工業会安全大会
 溶接コンクール (日向地区大会2連覇)
 地域雇用創造協議会設立
 宮崎県教育委員就任
 ひむか野菜光房設立

以上

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2013年1月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所