県内5信用金庫と中小企業家同友会の業務協力に関する
調印式を行いました。

調印式に立ち会うのは、初めてでしたが、
厳かな雰囲気の中、双方の役員が
コの字に座り、業務協力の覚書を締結しました。

緊張感の中に、双方からの大きな期待を感じることが
できました。

産学官の連携に加えて、金融機関が参加することにより
新規事業に挑戦をするチャンスが増えます。
とっても楽しみな取り組みです。 

そのあとの、懇親会もとても盛り上がりました。

岩手、帯広などの産学官金の連携を見習いながら、
宮崎ならではの取り組みを作っていきたいと思います。

宮崎県総合計画審議会

2014年7月30日 07:00
            

宮崎県の総合計画審議会の専門委員に選出をされて、
参加をしました。

各界各層から大勢の方が集められて、
宮崎県の20年後を展望し、長期的な重要課題に対応していくための
「長期戦略」や「分野別施策」を話し合うものです。

多様な視点が学べる、なかなか面白い場でした。
ただ、限られた時間内で、50名ほどの方々が
意見を述べるので、議論を尽くせないまま、
時間切れ、という感じでした。

次回の専門会議で、さらに議論が活発化しそうです。
宮崎のこれからの「人づくり」について話し合う場に参加をできて
とてもうれしいです。


わくわく。     

スタッフ面談

2014年7月29日 07:30
            


昨日は、ひむか野菜光房のパートさん
5名と面談をしました。

日頃、現場で働いていて、感じていること、思っていること、
困っていること、悩んでいること、・・・

結論を出さず、判断をせず、
聞き役に徹して、対話をしました。

わが社のパートさんは、はたらきものが
そろっています。
様々な業種業態で経験をしてきた
おばさま方ですから、
とてもよくものを知っていて、
さらに、とても機敏に動かれます。


いろいろな知恵を聞かせていただきました。     

黙示伝授

2014年7月28日 06:35
            

昨日、8人の方とともに
黙示伝授というカードゲームを体験しました。

一人一人の勝ち負けではなくて、
4人で、成就させるという
ちょっと変わったゲームです。

広島の教育委員会では、学校での採用が決まったという
話を聞いて、興味を持って、数名の方に声をかけて、
体験してみることにしました。

全員の調和を図りながら、自分の行動を決めるという
ところが、今までになく、新鮮で、、
周りに気を配りながら、ゲームを進めるので、
教育的な要素も含んでいます。

そして、なかなか成就できないので、
最後のステージに近づくにつれて
盛り上がっていきました。

家庭や学校、企業で教育や人材育成に活用できそうです。     

個人主義的な態度が、広がり、日本が古来より大事にしてきた
和の精神が、薄れてきている現代に、
このようなゲームが、日本発として、生まれたことは
うれしいことです。

楽しみながら、学べる仕組みは、すばらしいと思います。
            

昨日は、わくわくライフプロジェクトの主催で行われた、
中村文明さんの映画「何のために」の
上映会に参加をしました。

大阪から帰るその足で、佐土原総合文化センターに
立ち寄って、お手伝いをさせていただきました。

映画は、中村文昭さんとご縁のあった方々の魅力あふれる映画でした。 文昭さんの物語も冒頭で紹介され、そして、文昭さんの生き方に触れて、自分の人生を一所懸命生き、周りの人と本気で関わっている人たちの物語でした。

久しぶりに文昭さんの「何のために」を聞き、
スイッチが入りなおしました。

そのあとに、ワールドカフェを行い、参加者全員で
交流をしました。
映画を見っぱなしよりの深く映画の思いが伝わった気がします。

中村さんの 「何のために」
それは、「ありがとう」と「おかげさま」で世界を満たす、こと。

天命追求型で生きてきて、いつも目の前に起こることを
自分の役目だとありがたくいただいて、人を喜ばせるためにやってきた文昭さんの
今の 「何のために」。

とてもよく伝わってきました。

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2014年7月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所