月一回、土曜日の6時30分から
木鶏クラブを行っています。

致知という人間力を学ぶ月刊誌を読み、感想を述べ合い
お互いの感じ方、考え方に学びあう会です。

同じ雑誌を読んでも、何を感じ、どう解釈をし、
自分の言葉で、何を伝えるのか? 多種多様です。
先輩経営者のご意見がとても勉強になります。

今回は、10月号の記事から、
私は、「百忍千鍛、事遂に全うす」を、
他の方は、「困難は解決策を連れてくる」
「わが5行歌への夢」、「正直・愛情・思いやりが店の表情をつくる」
を選びました。

トヨタ自動車の名誉会長の張富士夫氏と
アサヒグループ相談役の福地茂雄氏が
「夢に挑む」というテーマで、対談をした記事が
「百忍千鍛、事遂に全うす」です。

明治の時代に、トヨタ自動織機を立ち上げた豊田佐吉氏が
言った言葉、「障子をあけてみよ。世界は広いぞ」
とかく、自分の小さな世界にこもり、挑戦をしないことの言い訳を
しがちですが、もっと広い視野で、物事をみて、
大きな志を抱けということをのべているのだと思います。

アサヒビールが、まだシェア10%だったころ、
シェア60%キリンビールをいつか必ず抜けると
言い続けてとうとう夢を達成したことを紹介し、

会社が大きな夢に挑むに当たっては、社員がその
実現を信じて疑わなくなるところまで、リーダーが
夢を語り続けることが大切だとお話をされています。

リーダーが夢や目標と掲げ、
先頭にたって、挑み続けなくてはいけないんだと
いうことを改めて、考えさせられました。

困難から、逃げない。 喜んで挑んでいく。

川勝宣昭氏の「困難は解決先をつれてくる」
リーダーの覚悟の大切さを学びました。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1448

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2014年10月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所