やまと心の会 望年会

2014年12月26日 23:00
            

やまと心の会。
毎月一回、楽しいたくらみをしています。

現代の日本に生きる私たち日本人は
なにか、大切なものを忘れかけているのではないか?
日本人が古来から大切にしてきたのものを
敗戦や高度経済成長、金融資本主義などによって
物質的な豊かさを追い求めるあまり、
日本人の精神性をどこかに置き忘れてきたのではないか?

そんな思いから、今一度、「やまとごころ」について
考える機会を作ろうと、来年の7月から、
一年をかけて、講演会や研修会などを開いていこうと
打合せをしています。

現代社会で、様々な問題が起きている根っこにある問題、
それが、日本人としての、自信と誇りを失ってきたことに
寄るのではないか?
日本人として大切にすべき、魂や精神性を
生きていくうえでの軸として確立することが
大切ではないか?
国際化、グローバル化を考える前に、
日本人としてのアイデンティティを取り戻すことが
先ではないか?

そんな問題意識を持っています。
次の世代に残せるもの残すべきもの、
それは、私たちが先祖から受け継いできた、
日本人としてのアイデンティティ。

ちなみに、アイデンティティとは?

自分が誰なのかを知ることを、
自我同一性(アイデンティティ)を確立するといいます。

自分は、他の誰でもない、まぎれもなく
ユニークな自分自身であり、
現在の自分が何者であるか、
将来何でありたいかを自覚すること、
つまり自分を発見することが
アイデンティティの確立です。

自分を発見するといっても、
自分は役立たずのダメな人間だと感じてしまうとしたら、
それはアイデンティティの確立とは呼びません。
アイデンティティとは、社会の関わりの中で身につける
自分の役割、自分の価値についての確信だからです。

人間は誰でも長所と短所がありますが、
たとえどんな欠点があっても、
どれでも自分は価値がある人間だという
自尊感情(セルフ・エスティーム)を持つことが、
アイデンティティの確立だということができるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1541

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2014年12月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所