今日は、なにかと用事が多い一日でした。

マネージメントレビューから始まり
金曜会(省エネ説明会)
霧島酒造さんの取材
工業会県北地区部会の2月度例会
そして、最後に鹿児島銀行経友会例会
8時から、23時まで、しっかり詰まっていました。

さて、その中から、
鹿児島銀行経友会の例会について書きます。

「ホンダイズムとホンダの成長の秘密」というテーマで
ブランドデザイナーの繁浩太郎さんの講演が
ありました。

講演会から、懇親会、そして、2次会まで
ご一緒させていただきました。
ホンダという会社の魅力と可能性を感じるお話を
たくさん伺いました。

とくに、「新たな価値を生み出す」
ホンダの企業風土、哲学、そして、仕組みの話は
とても興味深く聞かせて頂きました。

「企業は人なり」
「社員が社長」
「社員が自発・自主性で仕事する」
自由闊達・人間尊重・平等
人のモチベーションは、
 自発性・自立性・主体性=生きる喜び、から。

ホンダの「ワイガヤ」 によって、
本質を追求し、ブレークスルーをする。
普段使っていない人の能力を
200%引き出す、背景・環境・雰囲気作りが大切。

高い目標をつsくり、追い込む
 2階にあげて、ハシゴをはずす。

経営者の仕事は、
「ブランドの方向性」「ありたき姿」を描くこと
夢を語れ。

そして、2次会の最後に聞いたホンダのフレーズ
The Power of Dreams
本気で夢を追いかけた本田宗一郎氏と
それを支えた藤沢武夫氏。
まさにこの言葉通りの生き方をした、本田宗一郎氏の
遺伝子が受け継がれているホンダという会社の
魅力が伝わってきます。

わが社も50周年を機に、
夢を描き、追い求める社風を作っていこうと思います。

ところで、わいがやについて書いている、
日本経済新聞の記事「ホンダイノベーション魂」は深い。
ぜひ、ご一読を、
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1802M_Y2A710C1000000/

そして、繁さんのブログ、「言いたい放題」は、こちら、
http://autoprove.net/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hn-t.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1605

コメントする

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2015年2月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所