志 ~こころざし~ 日向中島鉄工所 社長ブログ

日曜日は、自分史

2010年9月 5日 06:56
            

 

 日曜日もプライベートネタでいこうと思います。自分の生い立ちとこれまで経験してきた事を中心に書いていきます。いわゆる“自分史”みたいに、自分のこれまでを振り返ってみたいと思います。本当は噂に聞く“内観法”をやってみたいなと思っていますが、いまだ実現していません。自分の過去を振り返ることで自分自身の見方、考え方、感じ方が見直せるかもしれないですね。本来は引っ込み思案で、人見知りのところがありますが、仕事柄自分を変えなくてはと、仕事の上では自分を作っている部分もあります。また、色々な人との出会いから刺激を受けて、自分のありたい姿が少しずつ形作られてもきました。
 
 今年寅年の年男で、自分の生き様や死に様を考えるようになりました。たった一度の人生、この世に生まれてきたからには何か役割を与えられていると考えたい。何か生きた痕跡を残していきたい。と考える今日この頃です。自分に与えられた才能は小さいかもしれない。しかし、稲盛和夫師も言われているように、与えられた才能は自分のためだけのものではない。能力や成果・手柄も人様や社会のために使ったときに本当に生きてくる。微力なりとも人の役に立って、いくらかでも自分の存在がプラスに働いた、と思える人生を送りたいと思っています。
 
 いまは、経営者と言う役割を頂いていますが、会社の発展と同時に、次の世代に何を残せるのか、先祖代々築き上げてきた日本の良さを取り戻すために何ができるのか、という事も考えて、行動していきたいと思っています。
 
以上

土曜日の今日は休みです。

2010年9月 4日 06:54
            

 

 土曜日は、すこし私的な事を書いていこうと思っています。交友関係や出逢った人々、師匠や尊敬する人について、時には、趣味や家族についても・・・・
 
父から後を引き継いで、10年が経過しようとしています。会社に入社してから12年がたとうとしています。最初に父から戻って来いと言われた時は、とても悩みました。小さい時から父の姿を見て育っていましたから、経営者と言うのが如何に大変な仕事なのか、よくわかっていました。父親と遊んだ記憶はほとんどありませんし、学校行事も母が参加していました。上さんとも何度となく話をしました。“地元に戻ったら、プライベートの時間はないと思わないといけないからね”。まさに決死の覚悟(^^)で戻ってきました。すこし大げさですね。そして、その実態は、やはり上さんにかなり苦労をかけています。父の姿を見て育っているからか、家庭の事はまかせっきり、あまり良くない夫であり父親です。上さんには、本当に感謝しています。(愛してる!なんて、直接はなかなか言えませんが・・・)。
 
高校一年の一人息子もたくましく育っています。そろそろ、将来の事を考えながら、進路を決めないといけない時期です。部活動との両立も悩みの種のようです。しかし、やりたい事をすべて精一杯やってほしいと思います。忙しい人ほど時間の使い方がうまくなります。集中力が高まってくれば、逆に色々な事に取り組んだ方が気持ちの切り替えがうまくできます。力のセーブをせずに全力を出し切った方が次のことにもしっかりとり組めます。
がんばれ!息子!!
 
 私もやりたい事は山ほどあります。あの人みたいになりたいという目標の人物はたくさんいます。その話は、また、追々していきます。
以上
 
 ところで、今日は「日向地区溶接コンクールです」
 我が社から8名が参加します。日頃の練習の成果がでますように!
 

社内での取り組みについて

2010年9月 3日 06:15
            

  金曜日は、会社の中で取り組んでいる事を中心に書いていこうと思っています。企業活動報告です。業務日誌のようなものかもしれません。社内業務での気付きも書いていければいいなと思っています。

 社内では、やることが多すぎて大変だと言われています。ISO、改善、安全、5S、どれも必要な事だし、やることが当然のことだと思っていますが、社員さんのなかにはこれらの事は業務外の余計な事だ、という意識がどこかにあるのかも知れません。あるいは、利益にはつながらないという考えもあるのかも知れません。

 
 昨日は、場内パトロールを行いました。1時間ほどの間に山ほどの気付きが出てきました。1人1人が気をつけて行動をしていれば、小さな努力で済むものが、無意識のうちに放置しているとこんなにもなるものなのか・・・というほどです。
 
 会社の総合力は、そこに集まる人1人1人の力の結集です。会社を成長させていくためには、1人1人が気付き成長していくしかありません。1人1人が自分の持てる力を最大限に発揮するしかありません。ないものねだりをしても仕方ありません。
 
 私自身も気付く力をつけていかなくてはいけないと思っています。そして、気付いたら即行動に移すようにしていきたいと思っています。
 会社のなかには、自分を成長させる沢山の学びが落ちていますね。
 
以上
 

社外活動について

2010年9月 2日 07:22
            

 

木曜日は、社外で行っている様々な活動について、現在進行形で書いていきます。現在私が参加している主な活動は、宮崎県工業会、宮崎県中小企業家同友会、倫理法人会、盛和塾などがあります。
どれもそれぞれ定期的な会合があり、地域の活性化や会社経営について、経営者同士が学びを行い、実践を行い、自己研さんを重ねています。
 
どの会も目的は同じです。自社の経営を発展させ、地域の産業振興をすすめ、活性化の力になるという目標があります。経済や経営環境が激変する中、業界の利益だけ考えていていいのか?これまでの延長線上で発想していていいのか? 業界を超えて、行政単位を超えて、情報交換をしていかなくては、時代の変化は見えてこないと思います。連携をしていかなくては、時代に必要とされる事業を生み出す事はできないと思います。
 
 渡邊美樹氏(安岡正篤氏の言葉)が経営思考の3原則と言う事を言っています。 ①目先にとらわれないで、できるだけ長い目で見る事(長期的)、②物事の一面にとらわれないで、できるだけ多面的に、できれば全面的に見る事(多面的)、③何事によらず枝葉末節にとらわれず、根本的に考える事(根本的)
 
 これらの活動で学んだことが、自社の経営戦略を考えるときに、とっても参考になります。
それぞれで学んだ事を皆さんにも毎週お伝えしていきます。
以上
            

本日から、社長ブログを始めます。 我が社のホームページをリニューアルした事に合わせて、社長ブログと社員ブログを始める事にしました。

 社員ブログは、曜日毎に担当を決めて、日替わりで書いていきます。
 
“ブログなんてとても無理!”なんて言っていたみんながどういう風に変わっていくか楽しみです。“そんなに気張らずに、内容はなんでもいいんだから・・・”とはいうものの、やはり構えてしまうようです。ざっくばらんに、思っている事を率直に書いてほしいと言っています。
 
 かく言う私も、毎日書くことに少しプレッシャーを感じています。オリンピックの精神(?)で、毎日参加することに意味があると考えて、継続をしていきたいと考えています。 内容はともかく継続を力に変えて行きたいと思っています。 
 と言いつつ、実は、このブログを社員の皆さんや家族にむけてのメッセージにしたいと考えています。言葉にして伝えるのはなかなか難しく、日頃はうまく伝えられていません。 ゆっくり話をする事もめったにありません。
 
私は父とは十分な時間をとって話をすることがありませんでした。父がどういう人生を送ってきたのか?日頃、何を考えていたのか? 亡くなってしまった今、これらの事をよく考えます。悩んだとき、父ならどう考えるかな?と考えることが良くあります。 もっともっと、話をしておけばよかった、と今更ながら思ったりもします。
 
 ですから、気軽に書けるブログの形をかりて、自分のやっている事や考えている事の一端を伝えたり、これから未来に向けての夢を描く未来日記をつけるつもりで、ブログを書いていきます。
 
 よろしくお願いいたします。

 

プロフィール

島原俊英

名前: 島原 俊英
(しまはら としひで)
年齢: 1962年11月23日生まれ(47歳)
家族: 妻、息子、リーフ(ミニチュアダックス)
趣味: スポーツ全般 & 読書
特技: 少林寺拳法 3段

更新カレンダー

« 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

日向中島鉄工所 社員ブログ ひょっとこかわら版

日向中島鉄工所