ホーム > 品質・安全・5S > 安全活動

安全活動

安全推進大会

ひまわり工業会[(株)日向中島鉄工所、(株)アキタ製作所、(株)ヨシミ 3社の共同受注団体]主催の、安全推進大会を、(株)日向中島鉄工所内で、平成29年 6月29日 (木)に開催した。
平成29年度の全国安全週間 (7月1日~7日) に合わせた大会で、毎年の行事として取り組んでいる。

今年は、延岡労働基準監督署の方から、今年宮崎県における、「死亡労働災害多発警報発令中」のお話をお聞きしました。

又、記念講話として、「みずのメンタルクリニック」の水野先生から、「職場のメンタルヘルスについて」のお話をお聞きし、メンタルヘルスの必要性を改めて考えさせられました。

  • 講話中の様子
    講話中の様子
  • 参加者全員での、安全スローガンの指差呼称
    参加者全員での、安全スローガンの指差呼称

安全衛生環境管理委員会

各部門から選任された委員が月に1回集まり、社内の安全・衛生・環境について打合せ、必要な対策を決定・実行します。

毎月の安全上の重点項目を決め、施策を周知、実施しています。

(件/年) 2014年 2015年 2016年
労働災害数 1件 2件 2件

※連続無災害数(2017年1月10日現在):36日

2016年12月3日に労災発生

リスクアセスメント委員会

作業上のリスクを拾い出し、潜む危険性の高いものから順に、「リスクアセスメント」を実施し、必要な対策、設備追加、教育(周知)を行う委員会活動を行っています。

過去に取り上げた事例 対策
ディスクグラインダー取扱い 保護眼鏡、防塵マスクの着用、保護手袋の着用。
プレス作業での危険性 保護具の使用、治具交換時は電源を落とす、大きな物は、作業乗せ台を使用する。
ボール盤での危険性 軍手の使用禁止、バイス押さえ治具の準備、長尺物・大物は補助台を使用する。
シャリング作業 安全靴の着用、材料押さえより短い物は切断しない、皮手袋の使用、軍手の使用禁止。
レーザー班作業 窒素ボンベ転倒防止対策。
クレーン作業 吊り具の作業前点検、吊り荷の角部を古タイヤにて養生する。
溶接作業 感電防止のため、濡れた体での作業の禁止。

リスクアセスメント及び日報

翌日の作業毎に、リスクアセスメントを行ない、作業の内容に潜む危険を列記し、重大性と可能性から、優先度をつけて、対策を検討します。

作業当日は、その対策を実施して作業を行ない、作業後、それが出来たかを日誌に記入します。

その他、日誌には本日の報告事項として、ヒヤリハット・安全上の気付きも含めて記入し、全員への周知事項としています。

朝礼・ツールボックスミーティング・終礼

毎朝の朝礼・ツールボックスミーテイングで作業手順、安全の確認、注意を行い、作業に取り掛かります。

また終礼では、その日の作業を振り返り、問題は無かったかを確認し、翌日の作業について打合せます。

製品の安全性確認

製品の設計、製作、据付、試運転の段階において、使用されるお客様に危険が発生しない事を確認し、お客様に引き渡す体制としています。

食品処理機械の製作の場合、HACCP対応を求められる時は、それに対応した設計・製作・据付けを行い、食品の安全に対応しています。

防災訓練・BCP

毎年1回(4月に)防災訓練を実施する様に予定しています。

平成23年12月6日に、BCP(事業継続計画)を作成しました。
その中で地震・津波発生時の避難計画を作成し、避難訓練を実施する計画にしています。

  1. BCP(事業継続計画書)を、平生26年4月1日に改訂(3版)を作成。
  2. 平成26年4月5日、創立記念行事の一環として、避難訓練及び、救命処置を実施。
    (日向市役所・日向市消防署立会の下)
  3. 訓練後、避難行動チェックシートを配布し、各人の感想を集約して各関連省庁に報告。
  4. 平成26年5月2日 避難用の棒担架を購入。
  5. 平成26年5月16日 AEDをリースにて設置