製品仕様

野菜・果物の鮮度保持に最適な庫内温湿度環境を実現

「fresco(フレスコ)」は、最適な温湿度環境を実現するため、庫内の温湿度を調整するための循環ポンプおよび循環ファンにインバータ駆動方式を採用。また、庫内温度調整には冷却チラーを併用しています。
内装仕上げ板は、衛生面を考慮し、ステンレス仕様になっています。

その他オプションとして、庫内の温湿度だけでなく、酸素濃度と二酸化炭素濃度を調整する機能を付加することも可能です。その場合は安全装置としての設備機能も同時に付加します。

製品仕様

制御温湿度庫内温度 3~15℃、庫内湿度 80~98%
主要材質外装・内装:SUS304製
制御方式庫内温度・湿度検知、冷却チラー温度設定方式
駆動方式インバータポンプ、インバータファン駆動方式
安全装置UPS(瞬停対策)、緊急停止スイッチ、安全カバー
付属装置温湿度計、冷媒冷却二重管式熱交換器、動力電源盤、制御システム盤、データロガー、換気扇、庫内ガスコントロール設備(オプション)
電源三相 AC200V 及び 単相 AC100V

ラインナップ

取扱貯蔵量により、収納量の選定が可能です。
5㎥、7.5㎥、10㎥、15㎥の4タイプから、お選びいただけます。

なお、その他ご希望の収納容量についてはご相談ください。

お問合せフォームはこちら

型式HT-150HT-100HT-075HT-050
貯蔵能力 15㎥ 10㎥ 7.5㎥ 5㎥
装置寸法 L:8700mm
W:2000mm
H:2800mm
L:7400mm
W:2000mm
H:2800mm
L:6200mm
W:2000mm
H:2800mm
L:5400mm
W:2000mm
H:2800mm
動力 庫内循環 0.2Kw×3台 0.2Kw×2台 0.2Kw×2台 0.2Kw×1台
冷却 4.6Kw×1台 4.6Kw×1台 3.7Kw×1台 1.9Kw×1台

※その他オプション品については、別途相談となります。

カスタマイズ

「CA法」を「fresco(フレスコ)」に追加カスタム可能に!

鮮度保持貯蔵の方法の一つである「CA法」を「fresco(フレスコ)」にカスタマイズすることが可能です。
「CA法」では、貯蔵庫内の酸素濃度と二酸化炭素濃度を調整することで鮮度保持貯蔵を可能にします。庫内の空気を調整することで、貯蔵される野菜や果物等の呼吸を最小限にし、鮮度の低下を抑えます。

庫内の酸素濃度を調整する際には庫内が酸欠状態になるため、安全面の観点から、人が庫内に入れないようドアロック機構などの安全対策設備も同時に設置します。

庫内酸素濃度調整機能窒素ガスボンベ集合装置及び設置小屋、窒素ガス供給ライン、窒素ガス冷却設備、安全対策ドアロック機構
庫内二酸化炭素濃度調整機能二酸化炭素ガスボンベ集合装置及び設置小屋、二酸化炭素ガス供給ライン、二酸化炭素ガス冷却設備、安全対策ドアロック機構

その他、冷蔵車や熟成庫など、お客様の用途・ニーズに合わせた
開発やカスタマイズもお気軽にご相談ください。

お問合せフォームはこちら

スマホ表示